食事会

  • 2017年10月12日

友人の家での食事会に参加しました。
なにか料理を一品持参するのがルール。
手作りの品を持って行くこともあるのですが、苦労をする割に評判がいい訳でもないので、手まり寿司を買いました。

こういった集まりでは持ち寄る料理がぶつからないよう、事前にすり合わせをするケースが多いのでは。
あなたはお肉系のものを、あなたはデザートを・・・なんて具合に。

が、私たちはそうした段取りに重きをおかない性格の者たちの集まり。
だから事前にそうしたすり合わせはせず、思い付いたものを持ち寄る。
これまでそれで大変なことにはならなかったから。

ところが。
その日は主食系ばかりになってしまいました。
私の手まり寿司の他に、稲荷寿司と太巻きが集合してしまいました。
そして主催者が用意してくれていたのも、デパートで買ったというちらし寿司。
一人だけ大福を持参した友人がいて、こうなると、全員が主食系だった方が面白かったねーなどと笑うしかない。
そして今日は炭水化物祭りだと、急遽食事会にタイトルが付く。

「冷蔵庫になにかないの?」と誰かが言い出して、皆でキッチンへ移動。
が、大したものはない。
「いつもはあるのよ、いつもはあるの」と必死で訴える友人をシカトし、冷凍庫にずらっと並ぶ冷凍食品を皆で眺める。
夫のお弁当用にと冷凍食品を買い溜めていた模様。

そこでその冷凍食品を使って、いつくかのオカズを作ることに。
作るといっても冷凍食品なので、パッケージの裏に書かれている時間、レンジに入れるだけなのですが。

ブロッコリーのサラダと、ハンバーグ、春巻き、ブリの照り焼きが10分もしないで出来上がりました。
冷凍食品って便利。

それから喋って、食べて、飲んで・・・楽しい時間を過ごしました。
「こんなに食べ切れる?」なんて心配していた友人もいましたが、見事に食べ切りました。

今回の教訓。
冷凍食品はたっぷり買い置きしておこう。


Copyright© 2011-2017 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.