競馬

  • 2017年11月23日

友人A子の夫、B男は競馬が好き。
初めて紹介された時、B男は私たち友人の前で、結婚を機に競馬はすっぱりと止めますと宣言しました。

A子が子どもを産んだので、祝いの品を持って遊びに行きました。
B男は子どもができたのを機に、競馬はすっぱり止めますと再び宣言しました。
これによって止めてはいなかったと知りました。

その後B男は30歳を機に、40歳を機に、50歳を機に競馬はすっぱり止めると宣言し続け、一向に止めませんでした。
こうなるとすっぱりという言葉が虚しく響くばかりです。

意外にもA子はB男に競馬を止めてくれと言ったことは一度もないとか。
だとすればどうして自ら宣言ばかりするのかとA子に問うと、「罪悪感があるのかしらねぇ」と首を捻りながら答えました。

久しぶりに友人たちの集まりがあり、そこにB男も参加しました。
これまでいくらぐらいドブに捨てたのか教えてくれとC子が尋ねました。
「月に2万円として1年間で24万円。25年以上やっているので600万円ぐらいですね」とB男は言いました。

かなり控えめに見積もっているはずなので、本当は倍ぐらいいっているのではないかと私は見ました。

600万円でも1200万円でも結構な金額です。
夫婦の資産に影響がある金額です。
女性陣たちから「おいおい」という声が上がるや否や、B男は語り出しました。
「皆さん、こう考えてください。自分は馬を飼っているのだと。その馬を一時的にJRAに預けている。餌代は支払わなくてはいけない。この餌代を毎週JRAに渡している。そう考えましょう。そうするとですね、馬を見る度、俺の馬をちゃんと育ててくれて有り難うという気持ちになります。俺は動物が好きなんです。馬を愛しているんです。そういう優しい男なんです」と。

出来損ないの屁理屈を聞かされた女性陣たちから「離婚しちゃえー」との声がA子に向けられました。
それに対してA子はなにも言わず、笑みを浮かべるだけ。
ただその瞳は笑っていなかったのが、ちょっとばっかり気に掛かります。
二人に幸あれ。

快挙

  • 2017年11月20日

日本の選手が頑張っています。
えっ?
なんの競技かって?
トランポリンです。

先日の第32回世界トランポリン競技選手権大会で、日本選手が頑張りました。
岸選手が日本女子初の銀メダルを獲得し、女子シンクロナイズド競技でも二人の女子選手が、日本初の銀メダルをゲット。
男子団体でも銅メダルを獲得しました
素晴らしい。
選手のオカンのような気持ちで応援していますので、この快挙はホントーに嬉しい。

ご縁があってトランポリン競技に興味をもち、選手、その親、コーチ、審判といった人たちが登場する「頼むから、ほっといてくれ」という小説を書きました。

スポーツには残念ながら格差がありまして、恵まれた環境が用意されている競技と、環境に恵まれていない競技が存在します。
恵まれた環境が整っている競技では、金銭的なものも含めたサポート体制が充実しています。
練習に打ち込める環境が整っているのです。
でもそうした競技はごく一部で、多くの競技では、選手は大変な苦労をしながら練習をしています。
トランポリンも選手を続けていくには苦労の多い競技環境です。
そうしたなかで選手たちがよく頑張ってくれました。
選手たちにたくさんの拍手を送りたい。

トランポリン競技は10回の連続跳躍をして、その得点を争います。
完全な1回転宙返りだと0.5ポイント。
縦軸回転の捻りだと1/2回転につき0.1ポイント。
といった具合に技の一つひとつに得点が決められていて、それらを積み重ねていきます。
点数は小数点第3位まで計算します。
それほど細かい差によって、勝敗が分かれる競技でもあるのです。
体操やフィギュアスケートの採点方法に似ています。
ただトランポリン競技の場合、ベッドから出てしまったり、跳び上がれなかったりしたら、その時点で終わり。
失敗したら、その続きから再チャレンジというのはできないのです。
一発勝負の緊迫感いっぱいの試合は一見の価値あり。
ぜひ皆さんに試合を観ていただきたいです。

これを機にトランポリン競技とその選手たちに光が当たり、彼らの競技環境が少しでも改善されますように。

間取り図

  • 2017年11月16日

間取り図を眺めるのが好きです。
私なら・・・と勝手にそこに住むことにして、あれこれ妄想するのが好きなのです。

だから新聞の折り込み広告には結構目を通します。
光沢と厚みのある紙にカラー印刷されているのは、大体新築マンションの広告。
コピー用紙ほどの薄さの紙に1色印刷されている場合は、中古マンションの広告が多い。
私はこちらの中古物件の間取り図の方が好きで、すぐ捨てずに溜めておきます。

新作を執筆する前の準備段階の時、この溜めておいたチラシを引っ張り出します。
そして登場人物たちが住むのに良さそうな物件を探します。
チラシに書いてある間取り図のまま採用することはほとんどなくて、大抵いじります。
リビングの位置はこっちじゃなくて、こっちの方がいいとか、トイレはもっと小さくして・・・なんて具合に。

そうして決めた住まいのそれぞれの部屋のインテリアも考えます。
ベッドをここに置いて、枕はここ。
ここには棚があって、そこには随分前に貰った処方薬の残りが入った袋が置いてある・・・なんて細かいところまで頭の中に描きます。

そうしたことを小説の中で描写するかはさておき、頭の中にその人物がどういう暮らしをしているかというのを作り上げておくのは、結構大事だと思っています。

「僕とおじさんの朝ごはん」の登場人物、水島はケータリング業をしています。
フリーランスで働いている水島が、自宅とは別の場所に厨房だけを借りているというのはちょっと変なので、自宅の1階を仕事場にしている設定にしました。
残念ながら溜めておいたチラシの中には、参考にしたいような物件情報はありませんでした。
それで最初っから妄想することに。
前の住人が自宅で料理教室をしていたため広い厨房があり、使い勝手が良く、玄関のすぐ脇には打ち合わせができる小部屋もあるとしました。
料理教室だったため生徒たちが作るための大きな作業台が4つあり、それぞれにシンクやクッキングヒーターが設置されています。
ケータリング業の水島にとっては、そうした4つの作業台は不用なのですが、賃貸しているため撤去はできずそのままになっています。
作った料理を置いておくテーブルとして使っています。
そして時には、訪ねてきた息子が食事をするダイニングテーブルにもなります。

私の頭の中にある登場人物たちの住まいと、読者の方が頭に描く住まいはきっと違うでしょう。
それが文字だけで表現する小説の面白さですし、楽しい点だと思います。

ストール

  • 2017年11月13日

昼間に三時間ほどの外出予定。
天気予報によれば気温は20度。
さて、なにを着るか。
コートを着るほどではない。
悩んだ末ニットのセーターを選択。
首元にはマフラーを。
で、寒かった。
失敗したと1万回心の中で呟きました。

そうだ。ストールを買おうと決意。
合わせやすいだろうとベージュを購入しました。
それがこちら。

一緒に映っている白いのはストールクリップです。
ネットショップでストールを買い物かごに入れたところ、こちらも一緒にいかがですかと、フライドポテトのように勧められたのが、ストールクリップでした。

販売をしていた頃靴を買うと決めたお客さんには、お揃いのバッグを勧めて客単価を上げるようにと、店長から言われていたのを思い出します。

ネットショップも商売上手。
当然このような接客のいろはのいの字のことはやってきます。

ストールクリップには左右に布を挟むかませがあり、ストールを肩に羽織った時、それを胸のあたりで留めることで、ズレ落ちを防いでくれます。
あー、あると便利かも。
と、ネットショップの術中に嵌り買う気になっていく。
値段を見ると・・・5000円を超えている。
ちと高い。
なにか別のもので代用できないだろうかと考えてみる。
ブローチなんていいかも。
買ったはいいが全然しないブローチがいくつもある。
が、ひとつ心配が。
ブローチで留めるのはいいが、お店や打ち合わせ場所で、さぁストールを脱ごうと思った時、外すのに結構手間取るのではないかという点。
視力が落ちてネックレスの留め具を付けるのに、四苦八苦するようになったお年頃。
ささっとブローチを外せるとは思えない。
またブローチで留めるには、ストールにぶすっと穴を開けるということでもあり、抵抗感もある。

ちと高いという気持ちを脇に追いやって、買っておいた方がいいような気がしてくる。
ストールをして出かけてみたら、ずり落ちてきてしょっちゅう首に巻き直す羽目に陥りそう。

私はなで肩のためショルダーバッグを持っていません。
ショルダーバッグだと肩で留まってくれないため、それを止めようとすると、ショルダー部分を手で持ち上げていなくてはいけない。
凄く不便なので、ショルダーバッグは生涯持たないと三十歳の時に決めました。

ショルダーバッグを諦めたほどの私のなで肩に、ストールが無事に巻き付いてくれるとは思えない。
それに後でやっぱり買おうと思った時には、売り切れていたりすることが、これまでの人生に幾度もあったことが思い出される。
ここはやはり買っておいた方がいいのでは。

こうして散々迷った挙句買うことにしたのです。
フライドポテトもいかがですか作戦に、まんまとしてやられた訳ですが、実際ストールをして外出してみたところ、やはりこのクリップがなければ、ズリ落ちまくりでしたので、今回の買い物は成功でした。


Copyright© 2011-2017 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.