新年会に

  • 2018年01月08日

新年会に出席しました。
いつものメンバーで、いつもの友人の家で、持ち寄りスタイルの新年会です。
ところが、その場に友人A子の姿がありませんでした。
A子はどちらかというとそうした集まりには積極的なタイプで、パートの仕事を休んででも出席するぐらいのガッツを見せて来た人物。
そのA子がいないので、どうしたのかと他のメンバーに聞いてみると・・・娘さんの大学受験を控えているそうで。
自分が風邪をひいて、それを娘にうつしたりしないよう、12月から外出しないようにしているとのこと。
警戒心200%で受験と向き合っているようです。
11月には家族全員でインフルエンザの予防接種をしたそうです。
確かワクチンが足りないと聞いた記憶があるのですが、そうしたことも一丸となって乗り越えたのでしょう。

ところがご主人がインフルエンザになってしまった。
A子はどうしたか。
自宅への立ち入り禁止令を夫に発令。
夫は病院からビジネスホテルを予約し、そちらへGO。
A子は自分が夫からうつってしまってはいけないので、看病にホテルに行くことはできない。
というか、したくない。
A子はLINEで夫の病状を把握しつつも、頑張れと声援を送るのみ。
結局年末から年始にかけて、A子の夫は一人ビジネスホテルで過ごしたそうです。
受験生のいる家庭は大変ですね。

私が受験をしたのは小学六年生の時。
私の身近でもやはりいくつものドラマがありました。
塾で成績優秀者だけが入れるAクラスにいた子が、受験前に風邪をひいてしまい、一校も合格できなかったなんてドラマが。

受験に向けて頑張ってきたのでしょうから、万全の体調で臨んで欲しいと思います。
その思いが、夫が高熱を出していてもビジネスホテルへ行けと命令させるのでしょう。

受験生頑張れ。
父ちゃんも母ちゃんも頑張れ。


Copyright© 2011-2018 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.