張り紙が

  • 2018年05月24日

近所のレストランの外壁に1枚の張り紙が。
『亀を返してください』と書いてあります。
はっとして水槽に目を向けると、いつもそこにいた亀がいません。
その亀は大抵首を思いっきり上に伸ばしていて、必死で水面に顔を出そうとしているように見えました。
その姿を見る度水の量は適切なのかと考えたものでした。
もう少し水量を少なくしてあげれば、そこまで首を伸ばして空気を求めることもなかろうにと思っていました。
また、亀は肩が凝ったりしないのだろうかとの疑問を抱いたりもしました。

その亀がどうやら盗まれた様子。
張り紙には今は亡きお祖母さんがプレゼントしてくれた大切な亀で、家族の一員だった云々と書いてあります。
それは盗人へのメッセージでした。
盗人にこの事情を汲み取れるほどの良心があればいいのですが。

このレストランは性善説を取っているようだというのはわかっていました。
店の前に大量の植木鉢を置いているのです。
それらの植木鉢はどれも見事に咲いていて、ベストな状態であり、またその種類は日々変わりました。
勝手な推測をすれば、裏庭で育て花が開くと店の前に移してお披露目をし、花の時期が終わると引っ込めて、開花時期になった別の鉢植えを出すといったルールにしていたのでは。
そしてそれらの立派な花々は、お披露目期間中はずっと外に出しっ放しでした。
中に仕舞って店の扉を閉めるといったことはせず、外に置いたまま。
盗まれないもんだなぁと、ある意味感心していたぐらいでした。
亀のいる水槽も同様に外に出しっ放しでした。

こっちが予想もしていないものが、盗まれてびっくりといった経験があります。
自動車に付けていた初心者マークは4枚盗まれました。
自宅から徒歩で1分ほどの住宅街の中にあった駐車場に行くと・・・「あっ。またやられた」といったことが4回。
初心者マークを盗んでどうすんの? と思いましたね。
盗人も初心者だったのか?
だったら1枚で充分じゃないのって話です。
それとも盗人は4人いたのか?
真実は今でも謎のままです。
小学生の頃は自転車にチリンチリンを付けた日に、盗まれたことがありました。
自転車を公園の端に置いて遊んでいる間に、付けたばかりのチリンチリンが盗まれたのです。
ショックを受けた記憶があります。
当時はなんだってチリンチリンを盗んだんだろうと不思議に思っていましたが、今考えるとどうして自転車は盗まれなかったのだろうと、そっちを不思議に思います。

そして亀だけ盗まれたというのも哀しい話ですし、不思議でもあります。
水槽は残して亀だけ盗んで、それからどうするのでしょう。
どこかで売るんでしょうか。
盗まれたのではなく、自ら逃亡したということはないのでしょうか。
海を見たくて冒険の旅に出たとか。
そっちだったらどんなにいいか。
亀が無事か、元気でいるかが気がかりです。

割烹着

  • 2018年05月21日

多くの時間身に着けているのは割烹着。
以前はエプロンだったのですが、ここしばらくは割烹着を愛用しています。
自宅内は勿論近所にあるポストに投函しに行ったり、ゴミを捨てに行ったりする時にも割烹着姿です。

秋冬に着ていたのは遠赤外線効果がある裏地が付いた割烹着でした。
春夏用のは麻素材のものを使っていましたが、劣化が激しくなってきたため、この春に新調しました。
やはり麻素材のものです。

で、これにはちと問題が。
着用してすぐ歯を磨いていた時のこと。
苦しい。
なんだ、この息苦しさは。
と思ったら、割烹着の襟元の布が私の首を圧迫してきていたのです。
おいおい。
その割烹着は丸襟タイプで、その襟の最上部が首に当たって来る。
着方が悪かったんだなと反省し、肩のあたりの布を前に引っ張るようにして、前身頃の布を前方へたるませる。
息苦しさはなくなり無事に歯磨きを終了。
が、これだけで終わらなかった。
割烹着が私の首を圧迫してくる事態が、しばしば起こるのです。
その度に肩のあたりの布を前に引っ張るようにして、前身頃の布を前方へずらす必要が。
私の身体のつくりが変なんでしょうかね。
だから割烹着の布が後ろへ後ろへと、行きたがってしまうのでしょうか。

更に座る時にも工夫が必要。
そのまますとんと座ってしまうと、割烹着の後ろ身頃にお尻が載ってしまい、布が後ろへ引っ張られるせいで、私の首を圧迫してくる。
なので、座る時には割烹着の裾を持ち上げて、お尻の下に敷かないようにしなくてはいけない。
なんだろう、このメンドー臭さ。

新調したばかりなので、目立つ場所に穴が開いたといった状態になるまでは、使い続けるであろう割烹着が、予想外に手間のかかるヤツで、これから先のことを考えると、少しブルーになります。

またこの割烹着を着るようになってから、屈むという行動が日常生活の中にしばしばあることを知りました。
それまで意識していなかったのですが、屈む度に割烹着が私の首を圧迫してくるので、その苦しさによって「あ、屈んだからか」と気付くのです。
例えば・・・
ゴミ袋の口を結ぼうと屈んだ時、ぐっと苦しくなる。
風呂場の掃除をしようと屈んだ時、ぐっと苦しくなる。
洗濯物を洗濯機に入れようと屈んだ時、ぐっと苦しくなる。

まさか割烹着に、日常の中の身体の動きを意識させられるとは思ってもいませんでした。
皆さんも割烹着の襟首にはどうぞお気を付けください。

ディスコ

  • 2018年05月17日

友人A君の奥さん、B子は慎み深い女性。
夫婦主催のホームパーティーでのB子は、全員に気を配り黒子に徹する。
優秀な中居さんといった感じ。
こうした集まりでB子はほとんど自分の意見を言わない。
聞き役に徹し、その瞳は常にテーブルのグラスや皿に向けられている。
空になっていないか、料理は足りているかといったことに注視している模様。
誰かがB子に質問しても「さぁ、どうなのかしら?」と自分では答えず、A君に問いをそのまま投げることで、回答権を譲る。
常に夫をたてて一歩下がった位置にいる女性。
絶滅したと思っていましたが、まだ生き残っていたのです。

先日行われた食事会にA君が参加していました。
その日B子さんはいませんでした。
昔話が出た時に「そういえば久しぶりにディスコに行ったんだよ」とA君が言い出しました。
行ったのはクラブではなくて、昔のディスコを復活させたようなお店だったそうです。

若い頃行っていたディスコで流れていた曲ばかりがかかり、お客さんたちもおじさんとおばさんばかりだったとか。
懐かしくて楽しかったそうですが、数曲踊ると身体が悲鳴を上げるので、しばしば休憩しなくてはならず、現実を感じたと語っていました。

「ほら、その時の写真」と、見たいと言ってもいないのに、A君がスマホの写真を見せてきました。
しょうがないので写真を覗くと・・・A君の隣に派手な感じの女性が。
水色のアイシャドーを瞼にべったり塗ったその女性を、どこかで見たような気がする。
A君が指で画面を撫でると次の写真に。
そちらには二人の全身姿が。
A君の隣にいる女性は前の写真と同じ人で、ボディコンのコスプレをしている。
下着が見えるんじゃないかぐらいのミニスカートで、身体のラインがはっきりと出ている。
次の写真では、そのコスプレの女性が一人でお立ち台で踊っている姿が。
三十秒ぐらい見つめてから「これって、もしかしてB子さん?」と私は尋ねました。
「そうだよ」と当たり前だといった顔でA君が頷きます。
思わずスマホを奪い取り、改めてB子のコスプレを観察しました。
「B子さんには双子の妹がいるとかってオチじゃないの?」と聞くと、「なんだ、それ」とA君は笑いました。

いつものB子さんっぽくないと私が指摘すると、この日は特別で昔を懐かしがろうという企画に合わせてくれただけだと、A君はなんでもないことかのように言ってのけました。
果たしてそうでしょうか?

その写真の中のB子はとびっきりの笑顔でした。
そしてそれは、それまで見たことがないものでした。
心から楽しんでいるといった風に見えたのです。
もしかするとこっちがB子のホントーの姿なのではないかと、勘繰りたくなろうってもんです。
だとするなら普段のB子は演じている?
それとも両方の面をもっている?
私はB子のごく一部分だけしか見ていなかったということでしょうかね。
いずれにしても、人は奥深く謎に満ちていると改めて思ったのでした。

連載小説

  • 2018年05月14日

祥伝社さんのwebサイト「コフレ」で連載中の小説「僕は金になる」をお読みいただいているでしょうか?
この小説では少年が年を重ねていき、大人になり、そして親になっていく過程を描いています。
物語の中では家族との関係性に光を当てています。
その中で将棋が大事なモチーフとなっています。
「将棋は全然わからない」という方にも楽しんで読んでいただけるようにしてありますので、ルールを知らないとか、やったことがないといった方もご安心を。

最近は将棋のルールを知らないし、自分ではやらないけれど、対局を観戦するといった女性が増えているとか。
対局中の棋士を眺めたり、その緊迫感を味わったりするのが楽しいようです。

こうした女性たちが将棋を観戦しようと思うきっかけになったのは、藤井聡太プロの活躍でしょうか。
時々現れる規格外の天才。
すげぇなぁと思います。
殺到する取材にうんざりした顔を見せることなく、丁寧に対応している様は「大人」。
人としても別格なんでしょうね。

以前藤井聡太プロの日常を追うテレビ番組を観たことがあります。
対局後一人椅子に座っているのを、やや離れた位置からカメラが捉えるシーンがありました。
その藤井プロは疲労困憊していて、立ち上がれないといった様子に見えました。
彼がいる世界の過酷さを垣間見た瞬間でした。
淡々と質問に答える姿を見ていたせいで、素人の私はちゃんと想像できていませんでしたが、彼は大変な世界に身を置いているのですよね。
勝つか負けるか。
それだけの世界。
厳しいですよね。

駒を1つ動かしただけで勝負の流れが大きく変わる。
だから1手に集中し戦う。
さらに大変なのは、勝負がつくまで何時間もかかる長期戦だということ。
プロ棋士は集中力を長時間持続しなければいけないんですよね。
凄い世界だなとつくづく思います。


Copyright© 2011-2018 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.