• 2018年07月30日

小学生の頃の悩みは唇の皮が剝けることでした。
捲れかかってくると気になるので、この皮を剥がそうとする。
しかし上手には剥がせず、そんな時には血が出ました。
いつも唇から血を出している小学生・・・それが私でした。

中学生になるとリップクリームを塗りまくる毎日。
それでも油断をすると皮が剝けました。
しかし剥がす技術は向上せず、そんな時には血が出ました。
いつも唇から血を出している中学生・・・それが私でした。

この頃からリップ探しの旅が始まりました。
新商品が出たと知れば試す。
ですが、これといったモノとは出合えません。
やがてリップクリームに期待をしなくなっていきました。

それでもまぁ、これならいいかなという妥協点を見つけられたグロスがあって、ここ3年ほどはそれを使っていました。
ところがそれが廃番となってしまいました。
メーカーの公式HPに販売終了の文字を見た時の衝撃は物凄く、悲鳴を上げてしまいそうになりました。

それから何度も失敗を重ねた後、たまたま知った敏感唇用美容液なるものを購入。
するとこれがすンばらしい。
感動の余り3個追加注文。
それがこちらです。

1度塗ると長時間もつので、苛々しながら塗り足さなくていいのが嬉しい。
皮が剝けそうな気配なし。
これと出合えた縁にサンキュー。

と、それじゃこれは完璧なのかというと・・・たった1つ問題が。
容器が薄いピンク色をしているのです。
この容器のボディを押すことで上部の穴から美容液を出し、それを唇に押し付けて直接塗るというスタイル。
美容液の色は透明。
薄いピンク色の容器の先から透明の美容液が出るというのが、老眼の私には見難い。
美容液が出てるのか、出てないのかわからない。
なので、唇に押し当ててみて初めて「あ、出し過ぎた」とか「出てなかったか」といったことがわかる。

老眼になってからわかったのは、人は割と勘だけで生きているということでした。
見えないのだけれど、その都度眼鏡やルーペを取り出すのはメンドー臭いといった場面は、日常生活の中にしばしばあって、そういった時は勘でなんとかクリアできるもんなんです。

なのでこの唇用美容液が出ているか出てないのか見えないのだけれど、勘で使い続けることはできます。
美容液自体には満足しているので、勘で使い続けていくことでしょう。
が、できましたなら、透明な美容液がはっきりと見えるような色の容器へのチェンジを、検討していただけると有り難い。

全国の老眼のために勘で生きている人たちを代表して、私見を述べさせていただきました。


Copyright© 2011-2018 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.