新刊「僕は金(きん)になる」

  • 2018年09月10日

北海道の皆さんは地震で大変でしたね。
ドローン映像をテレビで見ました。
山肌がざっくりと削り取られた様に言葉を失くしました。
自然の恐ろしさをまた改めて感じました。
大変な目に遭われた皆さんに、心からお見舞いを申し上げます。

今日はお知らせがあるので、この地震とは別の話をここに書かせていただきますね。

9月12日発売予定の新刊「僕は金(きん)になる」の見本が届きました。

見本を手にした時。
すごく幸せな気持ちになります。

ここに辿り着くまでには、とてもたくさんの人たちからサポートを頂戴しました。
それを思うと胸がいっぱいになります。
そして感謝の気持ちが胸に溢れます。
ご協力くださった皆さん、どうも有り難うございました。

この装丁どうですか?
「ん? なに?」と興味をもって貰えるような、強さとコクのある装丁ではないかと思っています。
そしてちょっと懐かしい感じも漂っていますよね。
初めてこのラフ案を見た時「そういえば、昔はポットに花柄が描かれているのが主流だったなぁ」としみじみしました。
あれはなんでだったんですかね?
無地が主流というならわかりますが、何故か花柄が描かれているポットや炊飯ジャーの方が多数派でした。
何故花柄が家庭に普及したのかという謎と共に、一体いつから家電品からその花柄が消えたのかという疑問が。

この難問の答えはいつか手に入れるとして、小説の内容について少しお話をすると・・・ちょっと個性的な家族の40年に亘る物語です。
フツー過ぎる自分が悩みの守。
明るいろくでなしの父ちゃん。
常識とは無縁の自分の世界に住む姉ちゃん。
ご立派な母ちゃん。
年月を重ねるうち家族同士の関係性に変化が生まれます。
また成長する人、成長しない人がいます。
腹を立てたり、頼ったり、いろんなことが起こります。
家族ってメンドー臭いのです。

昭和から平成の40年に亘る時間の中で、家族がどんな風に形を変えていくのかを、味わっていただけたらと思います。

9月12日頃から一部の書店さんに並び始める予定ですが、地域によっては数日ずれることがあります。


Copyright© 2011-2018 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.