風邪を

  • 2018年10月04日

朝起きたら「ん?」と喉に違和感。
声を出してみたら鼻声。
喉は腫れているとまではいかないのですが、このまま放置するとこの先大変なことになるヤツです。
と、これまでの経験で風邪を引いたと判断。
朝食後に風邪薬を飲みました。

風邪薬はとってもたくさんの種類があります。
皆さんはどうやってその中からひとつを選んでいるのでしょうか。
ドラッグストアではかなりのスペースを割いて、風邪薬を並べています。
パッケージにあるコピーはどれも似ていて、どれも効きそう。

錠剤が苦手なので、こうしたなにを選んだらいいか困った時には、その選択肢の中から錠剤を排除することができました。以前なら。
ですが、服薬ゼリーという救世主の存在が、これを変えました。
ゼリー状のオブラートにくるむことで、喉をするりと通過してくれるので、ほんの少しも嫌な感じを覚えずに飲めるようになりました。
この服薬ゼリーによって錠剤でもOKとなった私は、選択肢を広げてしまうことに。
さぁ、どうする。

風邪薬で困ることをまず考えてみました。
私の場合はむくみと眠気。
これまで風邪薬を飲むと、お腹がぴたっと動きを止めたようになり、トイレに行きたいと思わなくなっていました。
身体の水分を溜め込んでしまうのか、全身がむくんでしまいます。
それと眠気もやっかいでした。
夜、これから寝るぞというタイミングで風邪薬を飲む時にはいいのですが、朝、風邪を引いたなと思った場合には、やってくるであろう眠気を思い、飲むことを躊躇してしまいます。
眠気が嫌なのでもう少し様子を見て、もっと悪くなったらにしようかと薬を飲むのを先送りしてしまうことも。
結局体調が悪くなり、それから風邪薬を飲むので、治るまでの日数が掛かってしまった、なんて経験が度々。

今日飲んだ風邪薬は「眠くなったり、むくんだりする抗ヒスタミン薬が入っていない」とあり、更に「糖尿病、高血圧に影響を与えるエフェドリンが入っていない」と謳っているものにしました。
糖尿病でも高血圧でもないのですが、その文言によって、身体への負荷が少ない印象をもったので選んでみました。

すでにインフルエンザが流行っているようです。
皆さんもどうかお身体をご自愛くださいね。


Copyright© 2011-2018 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.