大晦日を

  • 2018年12月31日

大晦日はどんな風に過ごしますか?
大掃除ですか?
でも12月31日に大掃除をしてしまうと、そこで出たゴミをどうする問題が。
すでに年内のゴミ収集は終わっているので、ゴミは年を越さなくてはなりません。
そうなのです。
気持ちすっきりで新年を迎えたいならば、ゴミ収集があるうちに掃除を終えておくべきなのです。
ということを、毎年大晦日に気付く。
時すでに遅し。
これを理由にして大晦日に掃除をしなくなって幾年月。
大晦日は大体フツーに執筆しています。

辞書で「千葉笑い」という言葉と出合いました。
千葉市中央区の千葉寺で江戸時代に行われた習俗のことだそうです。
毎年大晦日の夜に人々が集まって、顔を隠し頭を包み声を変えて、所の奉行・頭人・庄屋・年寄たちの善悪を言いたて、また行状の悪い人に対して大いに笑い、褒貶した。
とありました。

なんか、これいい。
会社でやったらどうでしょう。
社員たちが頭巾を被って会議室に集まり、課長や部長、社長たちを褒めたり、貶したりする。
私的覆面裁判。
社員たちのストレス発散になるんじゃないでしょうか。

ネットなどではその匿名性を活かして自分の身は守りながら、悪質な中傷などで相手を攻撃する人たちがいますが、そういった陰湿なものと、千葉笑いはちょっと違う気がします。
辞書によれば千葉笑いは寺に集まるようですから、たとえ頭巾を被っていても、多分誰かってわかるでしょ、やっぱりといった状況。
わかってるけど、わからないことにしましょうというルールが、そもそも大人。
そして貶すだけじゃなさそう。
褒めることもある。
そこも大人。
ただの悪口大会じゃないというのがいいですよね。
来年の大晦日は、千葉笑いのようなイベントでも企画してみようかと思いました。

2018年が終わろうとしています。
あっという間の1年でした。
1日1日をもっと大切にして、来年は充実した1年にしたいなぁと思う次第です。
皆さんの来年が更に素晴らしい年になりますように。

髪型

  • 2018年12月27日

友人A子とは数年に一度のペースで会います。
そうして会う度にA子の雰囲気が違う。
前回会った時とはヘアスタイルが違っているし、メイクも違うし、ファッションも違っている。
話し出せば性格が全然変わっていないとわかるのですが、見た目は大いに変わっている。
A子からはいつも今流行っていること、オススメのメイク方法などを教わってきました。

私の様々な点が気になるようで、毎度ダメ出しを受けるのですが、それは前回A子が言っていたことと矛盾するようなアドバイスだったりするので、若干混乱します。

先日およそ35年ぶりに友人B子と会いました。
「変わらないねぇ」と私はB子に言いました。
本当に変わっていなかったのです。
B子は聖子ちゃんカットのヘアスタイルでした。

B子と会っていなかった35年間、ずっと聖子ちゃんカットだったのでしょうか。
美容室でなんと言ってオーダーしているのかが気にかかります。
若い美容師さんでは伝わらない心配がありますよね。

B子は決して自分の見た目に関心がないといったタイプではありません。
その証拠にしっかりメイクをしている。
恐らく下地から始まって口紅までのフルコース。
私のようにファンデーションはパスといった手抜きなんてしていない。
そしてその日、B子は薄いピンクのパンツを穿いていました。
オシャレさんではないと、なかなか手を出せないアイテムの色です。

35年間ずっとその髪型なのか、それとも色々試してきて、一周回ってその髪型に落ち着いたのと、B子に聞きたくて聞きたくて、会っている間中口がムズムズしていました。
しかし結局聞けずに終わりました。

変えるには勇気がいりますが、変えないでいることにも勇気がいります。
A子もB子も共に勇気のある人なのです。
本人が満足していて心地良ければ、それでいいんですよね。

で、あんたはどうなのよ? とのツッコミがあろうかと思うのですが、私の場合は髪型についていえば、しょっちゅう円形脱毛症になるので、そのハゲをどうやったら隠せるかといった点が大事になります。
これまで数年ごとに髪型を変えてきました。
それはハゲる場所が変わっていくので、それに対応した工夫が変わるから。
そんな理由の変遷もあるのでした。

2018年は

  • 2018年12月24日

今年もあと少しで終わりますね。
皆さんにとって2018年はどんな年でしたか?

私は小説を書かせて貰える環境にいることに、感謝の1年でした。
本として発表するためには、とてもたくさんの人たちのお世話になります。
そうした人たちのサポートがあり、新作を発表させて貰えるのです。
有り難いなぁとつくづく思う1年でした。

世の中へ目を向けると・・・今年はスポーツ界での日本人選手の活躍に、たくさんの感動を貰いました。
若い選手たちのしっかりしていることといったら。
ひたむきに頑張っている姿、世界と戦っている姿は、惚れ惚れするほどでした。
格好いいですよね。
私なんかこの年になってもしっかりしていなっていうのに。

以前大勢の人の前で挨拶をする機会がありました。
慣れてないし、得意じゃないし、断れるものならば断わりたかったのですが、人生にはそうはいかないといった時があり、その時がそうでした。
私なりに精いっぱい話をしましたが、それは情けないぐらいの出来でした。
その日は他の人たちもマイクを握って挨拶を。
大人たちに交じり、7、8歳ぐらいの女の子がいました。
子役さんでした。
自分の番になるとすっくと立ち上がった子役さんは、はきはきと挨拶を始めました。
自分の言葉でどう感じたか、どうしたいと思っているかを語りました。
そしてきちんと笑いも取り、最後には「よろしくお願いします」と頭を下げて着席。
完璧。
しっかりしています。
憧れます。
7、8歳の子に憧れてないで、お前も頑張れよといった声が聞こえてきた気がしましたが・・・。

そして今年驚いたのは経営者の報酬額。
世間を騒がせている経営者が貰ったのか、貰うことになっていたのかの報酬額を聞いた時、金額が大き過ぎて今一つピンときませんでした。
徐々にその金額を頭で理解できるようになっていった頃に感じたのは「そんなにいる?」というものでした。
もし私が一連の報道で耳にした金額を手にしたら・・・と考えてみました。
お金の使い道をまったく思いつかない。
なにをしたらいいんだろうと途方に暮れてしまいました。
なんか買う?
買うかな。買うしかないよ。なにを? えっと、なんか高そうな物。
といった具合で妄想が全然広がらない。
庶民の空想力の限界を感じました。

歯科医に

  • 2018年12月20日

デンタルクリニックへ検診に。
担当の女医から1回の歯磨き時間はどれくらいですかと問われる。
わからない。

私は時間を感覚で捉えることができず、どれくらいの時間が経過したのかといったことを推し量れない。
OL時代にはあとどれくらいで昼休みが終わるのか、会議が始まってどれくらい経ったのかが感覚的にわからず、腕時計で確認していました。

と、そんなことを女医に告白したところで、向こうも迷惑だろうなと思い、テキトーに「10分」と答える。
すると女医は「凄いですねぇ」と言った。
盛り過ぎたか?
「凄いですねぇ」と言った声の中に、驚きと感心と、それにしてはといったニュアンスを聞き取る。

その日の晩、歯磨き前に時計に目を向けてみる。
時刻を記憶しいざ歯磨き開始。
終わった時に再び時計を見る。
と、なんと2分しか経っていない。
5倍も盛り過ぎていました。

しち面倒臭いことをしているとの思いから、実際よりも長い時間を歯磨きに割いているような感覚でいたのかも。

世の中はどんどん進化しているはずなので、もう少し待てば歯磨きも自動化されるでしょうか。
電動歯ブラシとは違います。
今ある電動歯ブラシは、上下左右に小刻みに動かすという部分だけ機械がやってくれますが、ブラシを握っていたり、毛先を歯に当てたりするのは自分ですから、面倒臭さはあまり軽減していない。
歯磨きに割かなくてはいけない時間も、手動の場合とあまり変わらない。

希望としては飴ぐらいの大きさのものを口に入れて、それを舐めているうちに、歯と歯間の汚れが取れていき、舐め終わった時には、口の中がすっかり綺麗になっている・・・といったもの。
これ、どこかが実現してくれないでしょうか。
これだったら歯磨きの上手い下手に関係なく手入れできるので、いいと思うのですが・・・。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.