パニック

  • 2019年01月31日

あるWEBメディアの記事を読んでいたら、突然画面が変わりました。
あなたのパソコンが壊れていないかチェックするという。
そのページにはマイクロソフトのロゴが入っている。
そして「へ?」と思っているうちに、画面は私のPC内部を検索しているぞといったものに。
そして数十秒後、100以上のファイルが壊れているとの検索結果が。
すぐにソフトをダウンロードして、修復してくださいとのメッセージ。
「破壊されるまでの時間〇〇秒」と出て来て、そのカウンターの数字がどんどん減っていく。
どうしよう。
PCがらみのことを相談している人に連絡したいけれど、カウンターの数字はどんどん減っていて、残り時間はあと僅か。
相談している時間はなさそう。

そこでダウンロードボタンをクリック。
完了まで1分ほど。
ダウンロードが終了すると画面が変わり、これであなたのファイルは守られた。もっとセキュリティを高めるには、このソフトの導入をお勧めするとあり、それは有料だという。
もし気に入らなければすぐに返金できるとも書いてある。

ここにきてようやく怪しいと気付く。
どうする?
ネットで検索してみると・・・私が経験したようなメッセージが出たら、絶対にダウンロードしちゃダメと注意喚起をしているページがたくさん。
やってもうた。

とにかくダウンロードしたものをPCから出そうと考え、アンインストールを実行。
それからPCがらみのことを相談している人に連絡を取り、事の次第を話すと・・・「あー」と残念そうな声が。
その声音に、私がしでかしたことの大きさが反映されていた気がしました。
へこむ私に「詳しい人でも騙されますから」と優しい言葉。
結局PCに入れているウイルス対策ソフトで、妙なものが残っていないかをチェックしたところ、無事だった模様。

それまで毎日のように「振り込め詐欺」に騙されないようにとのメッセージを耳にする度、至る所でこれだけ手口や対処法などが告知されているのに、どうして未だに騙されてしまう人がいるのだろうと、不思議に思っていました。
しかし今回のことでわかりました。
焦るんですね。
残り時間がないと言われると、誰かに相談することもできず、その場で自分だけで判断するしかなくなりパニックに。
そして冷静に考えることができなくなり、指示通りにすればいいんじゃないかといった気持ちになってしまう。
こうしたところを向こうは狙って来ているんですね。
学習しましたのでこれからは充分気を付けたいと思います。
皆さんもくれぐれもご注意ください。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.