変化

  • 2019年04月08日

A子との待ち合わせは駅の改札口。
見当たらないので私の方が先に到着したみたい。
目立つけれども通行人の邪魔にならない場所はどこだろうと、キョロキョロしていると・・・「久しぶり」と声を掛けられる。
え?
なんとさっきから視界に入っていた女性が、当のA子でした。

ドギマギする私にA子は「太ったから、わからなかったでしょう」と言う。
「うん。わからなかった」と答えてしまう私。

聞けば、20キロ太ったという。
その数字は重い。
実際重くなっているというだけでなく、それの意味するインパクトも。

昔のA子はとてもよく食べる人でした。
気持ちいいほどの見事な食べっぷり。
1食に食べる量も多いし間食もしっかり摂っちゃう。
それなのに体型はスリム。
「理不尽じゃ」と騒ぐ友人たちは多かった。
「運動なんて嫌いだからしない」と豪語し、「出産後もなにもしなくても、元に戻った」としれっと言い、周囲の人間に「理不尽じゃ」と叫ばせまくりだった。

ところが。
50歳を過ぎてから、突然体質が変わってしまったという。
誰かがどこかのスイッチを押したのか、それまでと同じ生活をしているだけなのに、徐々に、そして確実に体重が増えていくように。

当然ながらA子は生まれてから一度も、ダイエットをした経験がない。
だから、どうしたらいいのかわからない。
ネットで調べてみようと思ったら、あまりにたくさんの情報があって、なにを信じたらいいのかラビリンス。
そうこうしているうちにも体重は増えていく。
着られる服はなくなり、買い揃えていくのも結構大変。
そこでジムに通い始めたそうですが、体重は減るどころか、現状維持にも四苦八苦だとか。

「どうしたらいい?」と聞かれたので、「健康状態に問題がないのなら、ライフワークだと思って、ゆっくり取り組んだら?」とコメントしました。

痩せたいと言いながら全然痩せない人たちを、不思議に思っていたというA子。
いざ自分がその身になってみて、初めて皆の気持ちがわかったとも語っていました。

我が身に降りかかるまでは、その困難を想像するのは難しいとは、よく聞く話。
そして50代で体質が突然変わったという話も、よく聞きます。
体調の変化を感じ取れるよう、常に耳を澄ましていようと思いました。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.