• 2019年08月29日

電車に乗っていたら雷が。
ぴかっと光った後で、ドドーンと低い音が聞こえてきました。
すると「キャー」と女性が悲鳴を上げました。
その瞬間、昔の記憶が蘇りました。

昔々のある日、河原でバーベキューをしていました。
十人ほどいたでしょうか。
その時、雷が鳴ったのです。
するとA子が「キャー」と悲鳴を上げて、怯えた様子を見せました。

友人が連れて来たA子とはその日が初対面。
バーベキューの準備に女性たちが取り組んでいる間、A子は男性たちとだるまさんが転んだをしていたので、同性から嫌われることをなんとも思っておらず、狙った獲物を確実に手に入れるタイプの人なのだろうとは思っていましたが、雷が苦手なのといったキャラも演じると知り、最強だなと思いました。

間を置かず、また雷が。
A子は再び「キャー」と叫び、その場にいる男性陣の中で一番のイケメンの腕を摑みました。
熟練の技に達している。

雨が降って来る前に撤収しようと皆が急いで片付けをする中、A子は「こわーい」とイケメンの腕に縋るだけ。
ふと、作業の手を止めて顔を上げると、女性たちと目が合う。
その一瞬で全員が同じ気持ちであることを理解。
A子を連れて来たB子が「ごめん」と謝ると、「B子のせいじゃない」と女性たちは口々に言いました。

記憶がはっきりしているのはここまで。
帰りの車に、誰と誰が同乗するかで少し揉めたような気がします。
女性たちは皆、A子と同じ車に乗るのが嫌だったんでしょう。
A子とイケメンはどうなったのかについては、ちゃんと覚えています。
帰京後もA子はイケメンに積極的にアプローチしたのですが、彼は付き合ってる子がいるんでと言って断りました。
しかしこれで終わらなかった。
A子はターゲットをあっさり変更。
バーベキューの場にいたC男に狙いを変えて、見事ゲット。
自分の目の前で、あんなにあからさまに他の男に媚びていた女と、付き合うことにしたC男ってなに? と、しばし女性陣で話題になっていました。
ぼんくらか、懐が深いか、どっちかだねと言い合っていました。

その後、人の噂で聞いた話では、A子とC男はそれぞれ別の人と結婚したそうです。

女性の悲鳴を聞きそんなことを思い出しました。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.