マラソンと競歩が

  • 2019年10月28日

ラグビーのワールドカップで日本戦をもう見られないというのが、とても寂しい。
でも選手たちはよく頑張りました。
今はラグビーの面白さを教えてくれて有り難うと、言いたい気持ちでいっぱいです。

来年の東京オリンピックへと、気持ちを切り替えようではありませんか。
と思ったら、マラソンと競歩は札幌に変更になる見通しだというニュースが。
かなり驚きました。
そうなるともう、東京オリンピックとは言えなくない?
ま、すでに競技によっては、埼玉や千葉などでも行われると決まっているので、こうなったら日本オリンピックと、名称変更した方がいいのではないかとさえ思います。

札幌であれば、選手たちにとってはいい環境なんでしょうか。
30度を超えることもあるというので、札幌でも過酷な試合になるのでは。

そもそもマラソンと競歩は夏のオリンピックでいいのかと、以前から思っていました。
冬のオリンピックに変更することは出来ないのでしょうか。

マラソンと競歩だけでなく、冬の方がいいんじゃないかと思う競技は色々あります。
サッカーとかラグビーとか。
暑さのせいで本領を発揮出来ないというのは、選手たちが可哀想過ぎる。
屋外でする競技については、本当に夏のオリンピックでいいのか、冬のオリンピックへ変更した方がいいのか検討してみては。

選手たちが最高のパフォーマンスが出来る環境を、整えやすいのはどっちなのか、よくよく考えて、オリンピックの夏と冬の競技のすみ分けを、再検討してみたらどうでしょう。

東京オリンピックまで1年を切った今、選手たちはどんな思いで練習をしているのでしょうか。
すでにオリンピック行きのチケットを手に入れた選手、そのチケットを目指している選手・・・それぞれが、目標に向かって頑張っていることと思います。
大切な試合で自分の力を最大限発揮できますように。

きっと様々な競技で、熱いドラマがいくつも生まれていくのでしょう。
今から東京オリンピックがとっても楽しみなのですが、閉会式を終えた時、いったいどれだけ心の中が空っぽになってしまうのかと、想像しただけで身震いが。
祭りの翌日のような、文化祭の翌日のような「終わっちゃった・・・」感の、何万倍もの寂しさが胸に溢れるはずで、その時、自分は耐えられるのだろうかといった心配までしてしまいます。
ちょっと心配し過ぎ?


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.