計画と実行

  • 2019年11月25日

11月もあとちょっとで終わり。
そしてなにかと慌ただしい師走に突入。
部屋を見回してみれば散らかり放題で、年々空白のスペースが狭くなっていっている。
何故私はこのような取っ散らかった状態になってしまうのか。
どうも私には放置してしまう癖がある模様。
昨夜、ほうれん草にゴマでも掛けようかと冷蔵庫から取り出して、ふと賞味期限を見てみたら・・・6年前の日付が。
これも放置してしまう癖ということにして、OKでしょうか?

こんな私でも一応目標は立てるのです。
「今年は1週間に1度、お片付けの日を設けて15分間部屋の整理をする」と計画を立てました。
それはやがて10日に1度、30分に変更され、1ヵ月に1回へと修正し、うやむやの内に11月になって呆然とする・・・この繰り返し。

先日、実家で私の子ども時代のノートを捲りました。
小学生の頃のものです。
様々なノートに書き散らかしていました。
小説らしきものや、脚本らしきものもありました。
脚本らしきものは何故か役名がメアリーとスザンヌになっていて、日本の設定じゃないのかよと、幼かった己にツッコミました。
なんの影響を受けていたのでしょう。

そして日記帳もたくさんありました。
どの日記帳にも1月1日のページには、毎日書くとの宣言が。
ところが2月まで続かない。
どれも1月の下旬ぐらいにぷつりと終わっている。

目標を立てるもののその通りには出来ず放置する癖に、翌年になるとまた同じ目標を立てる・・・そんな子どもは、大人になっても同じなんですね。

こんな私ですが、小説の執筆だけは完成させるまで頑張れる。
ゴールテープを切るまで続けられるのは、執筆だけかもしれません。
今年も単行本「オーディションから逃げられない」「たそがれダンサーズ」の2冊と、文庫「総選挙ホテル」を刊行することが出来ました。
支えてくださる方たちのお蔭です。
有り難うございます。

我が子が飽きっぽくて困ると嘆く親の皆さま。
成長していく中で夢中になれて続けられるというものを、きっと1つは見つけられるから。
だから心配しないで。
見つける時期は人によって違います。
これを私が見つけたのは30代の時。
いつ見つかるのかはわからない。
他の人よりずっと遅いかも。
でも必ずありますから。
だから安心してください。
大人の皆さんの中にも、私はまだ見つけていないという方がいらっしゃるかも。
大丈夫。
いくつになっても見つける可能性はありますから。
見つける時期はいつだっていいんですから。

本当に? と疑った方は、是非「オーディションから逃げられない」「たそがれダンサーズ」「総選挙ホテル」を読んでみてください。
どれも人生って悪くないと思える小説です。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.