風邪を

  • 2015年12月21日

風邪をひいていませんか?
私は今のところ大丈夫なのですが、周りには風邪をひき、ダウンしてしまう人が続出しています。

芝居を観に劇場へ行ったら、咳をしている人の多いこと。
この季節は勿論、劇場には1年を通して咳をしている人が多いと感じています。
平日の昼間に観劇に行くせいか、演目のせいか、お客さんの平均年齢は結構高め。
これが理由の1つかもしれませんね。
seki
以前劇場に行った時のこと。
隣席の友人と開演前にお喋りをしていると・・・背後から女性の咳が聞こえてきました。
女性の咳にしては結構な大きさ。
が、こっちも喋っているし、開演前で客席はざわざわしているしで、気に留めませんでした。
やがでブザーが鳴り、客席が暗くなって幕が上がって・・・そこで咳が。
で、これで終わらなかった。
3分に1度大きな咳をする。
計った訳ではありませんが、その間隔は一定に思えます。
休憩タイムになって振り返り、咳をしている人を探してみました。
最後列にいる女3人組の1」人でした。
言いたいことは山のようにあります。
まず、その咳はただ事じゃないので、こんなところに来ている場合じゃなく、病院へ行った方がいいということ。
すでに診察を受け治療中だというのであっても、周囲への迷惑を考えて、チケットは誰かに譲り、自宅で休んでいようとは考えなかったのかということ。
連れは「その咳じゃ、あなたちょっと無理よ」と引き留めることはできなかったのかということ。

その咳をしている当人も連れの人たちも、恐縮している気配を醸し出してはいません。
出ちゃうんだからしょうがないじゃないという開き直りなのか、日常的に咳をしていて、それが与える影響に鈍感になっているのか・・・わかりません。

OLをしていた頃、突然軽い咳が出て、それが半年ほど続いたことがありました。
市販の風邪薬を飲みましたが、咳は止まりません。
咳止めの薬を飲むと止まるのですが、とてつもなく眠くなる副作用があって、できれば飲みたくない。
そこで近所の病院へ行き風邪薬を貰いましたが、それを飲んでいる時には咳が止まるものの、薬がなくなるとまた咳が再発。
良くない病気じゃないかと同僚らが心配し出して、病院を変えた方がいいと言います。
当時はネット環境が未整備でしたので、キーボードを叩いて検索なんてことができず、知人に電話を掛けて情報を収集して病院を調べてくれました。
そんななかの1つの病院で、埃とダニへのアレルギーと診断され、処方された漢方薬を飲んだら、翌日には咳がぴたっと止まりました。
漢方薬を飲むのを止めても咳は再発せず、1年間に亘った苦しい咳とようやくオサラバできました。
当時はまだそうしたアレルギーは広く知られていなかったので、自分がそうした原因で咳をしていたことにびっくりでした。

こうした経験をした私だからこそ、その咳は大丈夫なのか? との思いもツッコミも、人より強いのかも。
咳が続くようなら、風邪以外の原因も探ってみてはいかがでしょう。
今は病気や病院や治療について調べやすくなっているのですから。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.