2016年は

  • 2016年12月29日

今年はどんな年でしたか?
私はお陰様でいくつかの作品を発表することができました。
単行本「総選挙ホテル」を上梓し、文庫では「我慢ならない女」と「手の中の天秤」が発売になりました。
また小説「嫌な女」がテレビドラマ化と、映画化になりました。
こうして作品を発表でき、またその作品が違う形で皆さんに味わっていただける機会を得るというのは、とても幸せなことです。
たくさんの方にお世話になり、応援していただきました。
どうも有り難うございます。
soba
齢を重ねると、時間が経つのがとても速く感じられます。
今年もあっという間の1年でした。
あれをしなきゃ、これもしなきゃと思っていたのに、結局手つかずのまま年を越そうとしています。
来年こそは計画通りに物事を進められる女になりたいです。

今年はたくさん本を読んで、映画を観て、舞台鑑賞をして、美術館へ行こうと思っていました。
本と映画はそこそこ堪能できたような気がしているのですが、舞台鑑賞は僅か数回しか実現しませんでした。
美術館も10回ぐらいしか行けず、興味があったのに見逃してしまった展覧会がいくつもありました。
来年は仕事の時間割を工夫し、時間を遣り繰りして舞台鑑賞や美術館へもっと行くようにするのが目標です。

例年通り買い物でたくさんの失敗をし、何度も道に迷いました。
これには付ける薬はないと思うので、失敗や迷子になるのを前提として、なるべく損害が小さくなるよう高額なものは買わず、また早目に家を出るなどの工夫で対処しようと思います。

来年もコツコツとこのブログを更新していくつもりです。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
皆さんにとりまして、来年もよい年でありますように。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.