花を

  • 2018年03月26日

今年から生花の定期便を頼んでいます。
色々なコースがあり一番安いのは500円のもので、250円の送料を加えた750円で、生花が郵便受けに届きます。

私が頼んでいるのは1200円のコースで、500円の宅配便料金を加えた1700円で、受け取り日時を指定できるもの。
週に1回届けて貰っています。
それがこちら。

運営会社の提携先の中からランダムで選ばれた店が、花を送付してきます。
つまり毎週違うお店から届く。
これがミソ。
毎回違ったセンスで選ばれた花が届くので、箱を開ける度にワクワク感があり、飾った印象の違いも楽しめます。

センスだけでなく、量にも違いがあります。
「えー、これっぽっち?」と思う週もあれば、「あらま、こんなに?」と驚く週も。

週によってセンスと量にデコボコがあるのも、まぁ、楽しむことに致しましょう。

そして最近気付きました。
花は開くのは上手だけれど、閉じるのは結構下手だということに。
上の写真は午前中で花が開いている時のもの。
同じ日の夕方になると花は閉じます。
それがこちら。

きゅっと綺麗に花びらを閉じることは苦手みたいで、ちょっと雑な感じ。
こんな風にラフな感じて閉じるというのを、私はこの歳になって初めて知りました。
今までどうして気付かなかったのか・・・不思議です。

翌朝になると、またぱあっと花びらは綺麗に開きました。
そして夕方になればまた雑に閉じる。
開く時の真摯な感じと、閉じる時のどうでもいい感じの落差に、なんだか心惹かれます。

毎朝水を入れ替えたり、茎の先端を水切りしたりするのはメンドーではあるのですが、ふと目が留まった時、一生懸命咲いている姿に力を貰って、私も頑張らねばと思えるので、有り難い存在となっています。
閉じ方は雑だけど。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.