ルート検索

  • 2019年03月28日

美術館への行き方をスマホで調べました。
利用したのはルート検索ができる有料のアプリ。
自宅から美術館まで電車は何線を利用するのか、何両目に乗ったらいいのか、また駅からどう歩けばいいのかを教えてくれます。

検索した翌日、その美術館へ。
絵を堪能して帰路に。
自宅に戻り着替えをして、PCのメールをチェック。
そしてふとスマホに目を向けると・・・今行って来た展覧会の感想を書きませんかと言ってきた。
なにこれ。
明らかに私が展覧会に行ったのがバレている。
誰に?
アプリに?
どこと繋がっているのでしょう。
自分の行動を見られているようで気持ち悪い。

行き方を検索したという情報と、その検索結果通りに移動したとの位置情報データを結び付けて、美術館で展覧会を見たと判断し、そのことを口コミとして広めて欲しいと思っている誰かに、渡したということでしょうか?
怖い怖い。

これが美術館だからまだいいですが、ちょっと恥ずかしい場所だったらどうするんだって話です。
行きたいな、でも恥ずかしいな、どうしようかなと迷った挙句に行き方を検索して、やっとの思いで行ったら、自宅に戻った途端、感想を聞かせてくださいなんて言われたら。
そっとしておいてくれと私は思うはず。
そんな恥ずかしい場所ってどこよってツッコミは、ここではしないで。

これを避けるには・・・行き方検索をスマホではせずに、PCでするとか?
位置情報機能をオフにするという手もあるんでしょうかね。
スマホを使いこなせていない私の場合、この位置情報機能をオフにする場所を探し当てるのに苦労して、そのうちうんざりして諦めてしまいそう。
そしてこうやって挫折させるために、わざとわかり難くしてるんだろうと、通信会社にぶつぶつ言う自分の姿が想像できる。
と、トライする前から諦めてしまう。
これも通信会社の陰謀でしょうか。

この位置情報機能のせいだと思うのですが、自宅にいる時に、電車の遅延情報がどんどん入って来る。
住んでいる場所の近くには駅が3つあります。
つまり電車が3種類。
で、それぞれの電車が、そこそこ遅延する。
その度に電車が遅れていますよと、親切に教えてくれる。
頼んでいないのに。
今日は出掛ける予定はないので、教えていただかなくて結構と思っていてもお構いなし。
でも出掛ける日には、この情報で助かったりすることもある。
出掛ける日には位置情報機能をオンにして、出掛けない日にはオフにすればいいんでしょうか。
私のことだからうっかり逆にしてしまいそう。
駅に着いたら、電車が動いてなかったなんて目に遭いそう。
だから結局、位置情報機能をオンにしたままにする。

多分世の中は便利になっている。
でもそのために、なにか大事なものを、誰かに渡しているのかもしれない。
そんな風に思うのは私だけでしょうか。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.