ロボットが

  • 2019年08月22日

ロボットがルームサービスを担当する。
そんなホテルが東京に誕生するそうです。

ビールとおつまみを頼んだらドアにノックが。
ドアを開けたらロボットがいた――このサービスの詳細を知らないお客さんなら、びっくりするでしょうね。

人間のスタッフがロビーで商品をロボットに積む。
そしてルームナンバーを入力すると、ロボットが自動で客室に運ぶんだとか。
その時、宿泊客と同じエレベーターを使って運ぶそう。
これも知らないお客さんが同乗したら、ガン見でしょうね。

この情報を得たサイトには、そのロボットの写真も掲載されていました。
いかにも機械といった姿かたち。
そこになんのヒネリもない。

どうせならバニーガールの姿にするとか、外国人客のために、相撲取りやアニメのキャラクターの格好をさせたらいいのに。

こうなると、エレベーターに同乗したお客さんたちはガン見だけじゃ済まずに、一緒に写真を撮って欲しいと言いそうですね。

写真撮影に応じているうちに、注文の品を届けるのが遅くなってしまうケースが増えて、お客さんからクレームが・・・なんて妄想もしてしまいます。

「商品はさっさと届けろよ」と人間のスタッフから注意されて、アニメキャラのロボットが「写真撮ってくれって言われちゃうんで」と反論。
「今急いでいますのでって断れよ」
「……はい」と不満顔ながらも頭を下げるアニメキャラのロボット。
スタッフ用の休憩室で「やってらんねぇよ」と呟くロボットは、転職を考える。
なんてどんどん膨らむ妄想。
つい、ロボットを擬人化させたくなってしまいます。

これ、電車の機内販売でもいけそうな気がしますよね。
各座席にメニューが置かれていて、そこに書かれているなにかをスマホで読み取ると、注文したことになってロボットが運んで来てくれる、みたいな。
ここではどんな格好をさせますかね。
旅情を盛り上げるために、その沿線の観光地を連想させるような姿でしょうか。
海女さんとか、工女さんとか、舞妓さん・・・なんてどうでしょう。
しかしご当地キャラが黙っていない気もします。
やがて推しのキャラを採用させるための争いが勃発したりして。

と、想像はどんどん広がっていきます。

今回、気付いたこと。
妄想って・・・楽しい。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.