仕事始め

  • 2020年01月06日

今日から仕事始めといった人が多いようですね。
どんなお正月でしたか?
楽しいお正月? エキサイティングなお正月? それとものんびりほっこりのお正月?

私は元旦だけお休みとして、仕事はしませんでした。
DVDを観て、本を読んで、囲碁でソフトに負けて・・・なんて元旦でした。
そして2日からは通常に戻りました。
もう二十年以上、元旦だけ休んで2日からはいつも通りといったスタイルです。

私が住む街の年末年始はとても静かです。
住宅街とオフィス街と商店が渾然一体となっている街でして、年末年始の時期は人の姿を見掛けなくなります。
会社が休みになり、そこで働く人たちが街に来なくなります。
そうなるとその人たちが目当ての商店は、シャッターを下ろしてしまいます。
住民たちは家の中にいるのか、海外旅行にでも行っているのか、街には出てきません。
それで街は静まり返るのです。

人がまったく歩いていないような状態なのに、コンビニは開いていました。
私の家の周囲にはたくさんのコンビニがあるのですが、どこもちゃんと営業していました。
店舗ごとに営業時間を決めるようになったら、私の街のコンビニはどこも土日祝と、年末年始はクローズになってしまいそうです。
深夜や早朝の営業もしなくなるかも。
近い将来、そのようになりそうなんですよね。
慣れるまでに時間が掛かりそうです。

そうそう。
元旦にしたことがありました。
お祓いをしてくれる場所をネット検索しました。
去年はたくさんの病院に行くことになったり、洗濯乾燥機が壊れ、エアコンが2台とも故障するといった災難に見舞われたりもしたため、お祓いをしようと決意したのです。
そう決心したのはいいものの、どこでお祓いをして貰えるのかがわかりません。
大きな神社でしょうか?
そこでネット検索。

神社ではお祓いや祈願といったものをしてくれるようだと判明。
大体が予約制で、またその料金には結構な幅がありました。
1つの要件につき5千円と書いてあり、2つお願いしたいことがあれば、1万円と増えていくと、結構細かい料金設定がある神社もありましたし、金額はお気持ちでとしか書いていない神社も。
「お気持ち」って難しい。
むしろはっきりと決めて欲しい。
なら、やります、やめますという判断もし易くなるから。
そして思う。
なぜこれほど料金に幅があるのかと。
1つの願いを叶えて貰うのに、5千円の神社と1万円の神社があるのはなぜなのか。
売れっ子の神様と、そうじゃない神様がいるのでしょうか。
神様の世界も大変だなと思ったお正月でした。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.