不思議な店

  • 2020年08月24日

とある街を歩いていたら・・・行列を発見。
10人ほどの男性たちが一列に並んでいる。
えっと、そこ、なんでしたっけ?

何度かその前を通ったことがありましたが、そこになにがあったのかは覚えていませんでした。

行列の先頭はドアらしきものの前にいる。
そのドアの横には小さな表札が1つだけ。
こじゃれた民家の玄関ドアっぽい雰囲気。
つまり店名を表すような看板の類が、見当たらないのです。

丁度私がその前を通り過ぎようとした時、ドアが開いて中から人が出てきました。
途端にラーメンの匂いが。
ラーメン店?
ドアが閉まるまでの短い時間、中を覗くと・・・真っ暗。
その真っ暗な中で男性たちがカウンターに着き、ラーメンを食べていました。
なんだこれ。

五感を研ぎ澄ませた状態で食べるってやつですかね。
行列が出来るぐらいなので、美味しいんでしょう。
それにしてもその店の情報を、どうやって入手したんでしょうか。
店名表示の仕方を見れば、店主は積極的に宣伝していこうとするタイプではなさそうだし。
SNSで拡散したってことなんでしょうかね。

それから半年後、その店の前を通る機会が。
いました。
番を待つ客たちが。
その日は30人ほど。
全員が男性。

そこはオフィス街にあるので、美味しければ女性たちが並んでいたって全然おかしくないと思うのですが、何故か男性だけ。

それからまた半年後。
その街での用事が終わったのが昼時で、知人A子と近くでランチでもという話に。
そこで思い出しました。
あのラーメン店を。

私が説明すると、A子はすぐに乗り気になり「そこに行きましょう」即決。
いよいよ暗闇の中でのラーメンに挑戦かと思ったら・・・行列がない。
嫌な予感。

ドアはそのままでしたが、小さな表札がなくなっている。
ドアを開けてみようと手を掛けましたが、びくともしない。

残念なことにお店に入れませんでした。
表札がなくなっているということは、定休日だからやっていないのではなく、店を止めてしまったっぽい。

あんなに人気店だったのに。
期間限定のお店だったのでしょうか。
こだわりアリアリの店主のようでしたから「もう俺のラーメンは食わさない」と思う、なにかがあったのでしょうか。

A子と2人、肩を落として別の店へ。
そのうちになんて思っちゃダメなんですよね。
興味をもったらまずはトライしておかないと。

ブログ内検索

  • アーカイブ


  • Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.