手帳

  • 2020年09月21日

もうそんな時期になりました。
なんのって?
来年の手帳を買う時期になったんです。

ここ数年愛用しているのは「ほぼ日手帳」。
2021年のラインナップから悩んだ末に選んだのは、こちらです。

えらく悩みました。
ちびまる子ちゃんのイラスト付きのカバーのものにするか、それとも無地なものにするのかで。

去年もとっても悩みました。
なにせ1年間持ち続けるものですからね。
去年はウルトラマンのカバーのものにするか、無地のものにするかで1週間悩み続けました。

ウルトラマンに登場する、たくさんのキャラクターたちのイラストが、とても小さく縦に何列も並んでいるデザインに、心を鷲掴みされました。
ウルトラマンを好きでもないのに。

なかなか決断が出来なかったため、手帳を人前で開くシチュエーションについて考えてみました。

まず浮かんだのは、スケジュールの話になったため、編集者の前で手帳を開く・・・という場面。
「ウルトラマン、好きなんですか?」と編集者はきっと質問してくるでしょう。
「いや、全然」と答える自分が想像出来ます。
まぁ、これはオッケーでしょう。

次に浮かんだシーンは病院。
次の予約を取る時に、受付スタッフの前で私は手帳を開くことでしょう。
その時「ウルトラマン、好きなんですか?」とは聞いてくれない。
絶対に目に入っているのに、なにも言わないと思う。
そして心の中で「いい年して」と呟くはず。

あー、ダメだ。
ウルトラマンのデザインの手帳は諦めなくては。
病院の受付スタッフからどう思われるかによって、物事を決断する日が来るとは、全く予想していませんでした。

結局、水色の無地の手帳を購入しました。

そして今回、ちびまる子ちゃんのイラスト付きのものにするかどうか悩み始めた時、一足飛びに病院の受付スタッフに、どう思われるかという点に考えがいき、すぐに結論を下すことが出来ました。
そうです。
それで無地のに決めたのです。
ピンク色は年齢に関係なく、持っていても許される色ではないかと思いましたし。

来年のこの手帳にどんなことを書くのでしょうか。
楽しい予定をたくさん書き込めるといいのですが。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.