セール

  • 2021年06月24日

1日に何通ものDMを受け取ります。
購入したことがあるネットショップから、新商品が入荷しましたといった案内です。
しかし断捨離中の私はスルー。

ところが。
最近になってDMの内容が変わってきました。
あなたにだけ特別価格で販売しますというのです。
「通常のセール前だけど、あなたにだけは特別にセール価格で売っちゃうわ」と誘ってくる。
この誘惑をスルーするのはちと難しい。

見るだけ。
見るだけなら断捨離に違反しないでしょ。
と、誰も聞いていないのに言い訳をして、メールに記載されていたアドレスにアクセス。
すると確かに安くなっていました。

ふと思い付いて、そのブランドの名前を検索窓に入力し、それで出て来た公式サイトにアクセスしてみると・・・これまで通りのページで、値段は定価になっています。
裏では値段を下げて売ろうとしていることなど、おくびにも出さず、しれっと定価販売をしている。

この時期に定価で服を買ったことは何度もありました。
同じ品を、他の人はセール価格で買っているかもしれないなんて思わずに。
胸に溢れるのは、なんか勿体ないことしたなという思い。

靴店で働いていた時には売る側として、セールに関わりました。
今よりは遅く、確か7月下旬ぐらいからのスタートでした。
小さな店は普段1日の来店客は数えるぐらい。
それがセールの時期になると、どこからやって来ましたか? というぐらい大勢の人がやって来る。

客層は明らかに普段とは違っています。
でも中には定価で買ってくれるお得意様も。
ある年のセール売り場に私が立っていると、そうしたお得意様から言われました。
「これ、先週定価で買ったわ。口惜しい」と。
す、すみません。
あなたが買ってくれた時、あと1週間待てば30%オフになるのにと思い、胸が痛みましたと告解したいところですが、申し訳なさそうな顔をするだけに留めました。

その時思ったのはセールをすると、失うものもあるということでした。
まず信頼を失う恐れがあるし、やがてはセールを待って買うようになってしまう危険性も、生まれますよね。
値引きはせず、定価で売り続けるのは難しいんでしょうかね。
私が売っていたそのフランスの高級ブランドは、その後なくなりました。
倒産したのです。

あなたにだけ特別価格でというDMを貰った私は、これからはもう6月になったら、定価で服は買わなくなるでしょう。
どうせもうすぐあのDMが届くわと、特別セールを待つようになるだろうから。
それでもメーカーとしては、やらざるを得ないんでしょうかね。

今のところ誘惑には乗らず服の購入はしていません。
断捨離を続行出来ている自分を、褒めてあげたいです。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.