隙間時間に

  • 2021年07月15日

ちょっとした空き時間ってありますね。
お湯が沸くまでの間、なんて隙間時間です。
この空き時間に動画を見るようになりました。

そんな時によく見るのは囲碁の動画。
囲碁教室の主催者らしき男性がやっている動画が、お気に入り。
ほぼ毎日更新されます。
1日に1つのシチュエーションが提示され、それにどう対応するかを解説してくれます。

昨日も最新の動画を見ていたら・・・なんだか難しい。
いつも難しいのですが、昨日は特に難しかった。
理屈を理解しようとすると混乱するので、もう丸暗記するしかないのかなってぐらいの、難易度の高い対応策が披露されていました。
覚えなきゃと思うそばから、覚えられないわと諦めていく。
そんな時主催者の男性の声が、動画から聞こえてきました。
「どうでしたか? 起きてますか?」と。
思わず笑ってしまいました。
この人について囲碁を学んでいこうと、心に決めました。

次によく見るのが猫の動画。
こちらもほぼ毎日更新されます。
一人暮らしらしき男性が飼っている猫の動画です。
そこに映し出されるのは、飼い主と猫のラブラブな生活。
イチャイチャしているのを見せ付けられているだけなのに、不思議と腹が立たない。
そして猫がこんなにたくさんの表情を、浮かべることを知りました。

田舎で暮らしていた幼い頃、家には猫がいました。
ネズミが出るので、退治して貰おうと親が飼ったそうです。
ところがネズミを見ると、逃げ出してしまうという猫だった。
外では喧嘩ばっかりしている猫で、ひっかき傷だらけでご帰還していたそうですが、ネズミとだけは喧嘩をしなかったんだとか。

あまりに小さい頃なので、この猫についての記憶はほとんどありません。
黒い猫だったので「クロ」という名前だったことと、何故か私の布団の上が、お気に入りだったことを覚えています。
寝ていると「重い」という感覚が生まれます。
目を開けると、私が掛けている布団の上でクロが寝ています。
幼い私はクロを引っ張り下ろして、畳に移します。
しかし眠りに戻った私に再び「重い」という感覚が襲来します。
目を開けると私の布団の上にまたクロがいます。
どちらかの心が折れるまで、これが延々と繰り返されました。

この2つの記憶だけが今でも残っています。
私とクロの関係は、決してラブラブではなかったような気がします。
本当はイチャイチャしたかったのかも。
そのせいで飼い主と猫のラブラブな動画に、心魅かれるのかもしれません。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.