耳の調子が

  • 2021年10月28日

右耳の調子が悪くなりました。
音がこもって聞こえるのです。
少しエコーが掛かっているような時も。
同じような症状で2回、病院に行った経験があります。
2回とも耳に異常はなく、鼻の奥が炎症しているからだろうと医師から言われました。
鼻の炎症を抑える飲み薬を処方して貰い、1週間ほどで治りました。

そして今度で3回目。
学習した私は、鼻の奥の炎症を抑える市販薬を飲みました。
ちょうど引っ越し前のバタバタの時期だったので、自力で直す方法を選択したのです。
元々慢性副鼻腔炎の私は、鼻の奥の炎症を抑える市販薬は常備薬として用意していたので、これを飲み始めました。
ところが2週間飲み続けても、一向に右耳の違和感は消えてくれません。
その間に引っ越しを実施。
新居の近くの耳鼻咽喉科を探すことに。

情報はネットを頼らざるを得ません。
クリニックのHPを見ます。
すると慢性副鼻腔炎の治療として、手術について書かれたページがやけに詳細。
手術する気アリアリ。
それがちょっと怖い。

初めて行った耳鼻咽喉科で慢性副鼻腔炎を指摘されてしまい、手術を受けるよう勧められてしまったら、どうしたらいいのでしょう。
あなたのことを信用出来ませんなどと言える勇気はなし。
心の準備が出来ていませんと言えば、許して貰えるでしょうか。

手術する気が薄そうな病院を必死で探す。
検索するエリアを徐々に広げていったところ・・・やっと1つのクリニックを発見。
ネットで予約するシステムのようなので、早速予約。
それから自宅からその耳鼻咽喉科までの行き方をチェック。
この順番が間違っている。
先に行き方や掛かる時間を調べてから、予約するかどうかを検討すべき。
それが賢いやり方。
でも賢くない私は、予約した後で行き方を調べました。

地図アプリで徒歩で18分と出ました。
バスを使うと17分とある。
微妙。
18分歩くのはちょっと大変だけれど、バスは時間が読めないので徒歩で行くことを選択。
引越してきたばかりで周囲のことを知らないので、ちょうどいい機会だから、散歩&探索がてら歩こうと思ってしまったのです。
なんて浅はかな考えでしょう。
己の体力を過信していました。

18分歩きヘロヘロの状態で耳鼻咽喉科に到着。
色々調べて貰った結果、耳に異常はないとのこと。
ビタミンB12の薬と、耳の周辺の血管の動きをよくする薬を貰う。
鼻の炎症じゃなくて? と思いましたが、医者の数だけ治療法はあるのかもしれないと、自分を納得させて帰宅。

半信半疑ながら薬を飲み続けること3日。
右耳の違和感が、小さくなっていることに気付きました。
ん?
もしかしてあの女医さんは名医なのかもと思い始める。
そして薬を飲み続けて1週間で、右耳の違和感は消えました。

同じ症状ではあったけれど、前の2回と、今回では違う原因だったのでしょうか?
なんだかよくわかりませんが、18分歩いたのが無駄にはならなかったのが良かったです。
それにビタミンB12への興味が芽生えました。


Copyright© 2011-2022 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.

error: Content is protected !!