ショッピングカート

  • 2021年11月18日

以前住んでいた部屋からはスーパーが遠かった。
このためネットスーパーを利用していました。
引越してみたら歩いて5分の所にスーパーが。
リアルな、そのスーパーに行くようになりました。

が、荷物が重い。
これは大問題です。
そこでショッピングカートを買おうとネットで検索。
色々あり過ぎて選ぶのに難儀していました。

そんな時、よく知っているブランドで、ショッピングカートを売っているのを発見。
他では花柄などが多い中、そこでは黒の無地になっている。
またぺったんこに折り畳み出来るタイプ。
バッグの中に入れてスーパーに行き、レジを済ませたら、そのショッピングカートを開けばいいので、買い物中に邪魔にならないという優れもの。
しかも他が3980円から1万円を超えるぐらいの価格帯のところ、この品は1980円。
他の最低価格より2千円も安い。
決めた。

購入し早速使ってみると・・・やけに車輪の回転音が大きい。
ショッピングカートって、こんなに煩いもんでしたっけと聞きたい感じ。
ガラガラと大きな音をさせながらショッピングカートを引っ張っていると、他のショッピングカートを使っている人とすれ違う。
こっちはガラガラと音をさせているのに、向こうはほとんど無音。
ってことは、歩道のせいじゃない。

マンションに入り、エントランスホールを歩き出したら、ショッピングカートの音がそれまで以上に大きく響く。
天井や壁に囲まれているため音が反響し、またこもるせいでしょう。
どうしようと思うほどの大音量。
エレベーターに乗り部屋のあるフロアへ。
エレベーターを降りて共有廊下を歩き出したら・・・やっぱり物凄い大きな音が。
私の部屋は共有廊下の突き当り。
たくさんの部屋の前を歩き続けなくてはならないのに、こんなに大きな音をさせたら、大顰蹙間違いなし。
仕方がないのでショッピングカートを両手で持ち上げて、よろよろと歩く。
ショッピングカートに任せたい、たった一つの仕事であるはずの、重い荷物を持ち運ぶという作業を自らするはめに。
買った物だけでなく、車輪の重さの分が増えてるし。
なんだかなぁと思いながらも、こんな風にマンションの敷地内では、車輪を動かさずに自分で持ち運んで使っていたのですが、やっぱりこれはおかしいと判断し、買ったばかりではありましたが、別の物を購入し直すことに。

ネットの検索窓に、静音という単語を加えて調べてみました。
走行時の音のデシベルが書かれているようなショップはなかったので、あくまでも販売店が商品説明のページで、静音という言葉を使っているかどうかだけの、判断基準ではありますが。
また選ぶ基準に、スーパーのカートに引っ掛けられるかどうかを加えました。
そしてスーパーのカートに、引っ掛けられるフックが付いているものを選びました。
買い物をしている時に、スーパーのカートと自分のショッピングカートの2台持ちは、結構大変だろうと考えたためです。

そして購入。
届いたショッピングカートを引っ張ってみたら・・・静か。
そうよ、そうでしょ、フツーはこれぐらいの音よね、と大満足。
でも私のことだから、スーパーのカートに引っ掛けようと思ったら、引っ掛からなかったってオチがあるんじゃないかと、ドキドキしながらスーパーへ。
引っ掛かりました。
よし。
心の中でガッツポーズ。

結局、最初に買った品は、無用の長物となりまして、安物買いの銭失いの典型的なパターンとなりました。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.