全長5センチほどの

  • 2018年06月18日

自宅マンションを出ようと1階の自動ドアの前に立つ。
いつものようにすうっとドアが右にスライドして開く。
一歩足を出そうと自分の足元に目を落とした時、白いモノを発見。
それはイモリかヤモリか、そんな感じの動物。
全長5センチほどのそれは、体をS字S字と動かして慌てて歩いている。
凍り付く私。
そのイモリかヤモリか、そんな感じの動物は、急いで隠れようとしている様子で、やがて宅配BOXの下の隙間に入り込んだ。
なんちゅうこと。
私はこの手の動物が苦手。
それは多分小さい頃から、自然とは縁遠い生活環境だったせいだと思っています。

そんな私はよろしくないと考えた親に、小学生の夏休みに、自然教室的なイベントに送り込まれたことがあります。
初対面の子どもたちだけで1泊か2泊自然を堪能するという企画。
そこでは様々な催しが用意されていたように思うのですが、昔のことなので、記憶はすでにそのほとんどが消えかかっています。
ただそのイベント中、私は心の中で悲鳴を上げ続けていたということだけは、未だにはっきりと覚えています。
「さぁ、お待ちかねの昆虫採集ですよー」と大人のスタッフから楽しげに言われ、人生を憂いた記憶はしっかりと残っています。

その後も自然や小動物とほとんど接触することなく成長し、現在に至っています。
なので苦手も克服できていない。
そんな私がマンションの1階で、イモリかヤモリか、そんな感じの動物を見かけてしまったわけですから、もう大変。
1階の自動ドアの前に立つ度、またいるんじゃないかとビビりまくる。

彼が宅配BOXの下の隙間に姿を隠したというのも、私の恐怖心を煽る。
それまでそこに隙間があったことなど、全然気が付きませんでした。
それぐらいの薄さ。
そこを潜り抜けられるということは、人間が隙間なんかないと思っている場所でも、彼は隙間を見つけて通過するかもしれない。
ということは、密閉されているように見える宅配BOXの庫内に入り込むかも。
と、妄想はどんどん広がっていき、結果、宅配BOXを開錠する時はかなり腰が引けるように。
暗証番号を入力すると「ピロリン」と開錠音がする。
私はすぐさま一歩後退し、距離を取っておきながらの彼の存在チェック。
それから恐る恐る手を伸ばして、段ボール箱をトントンと叩く。
段ボール箱の裏側や下に隠れていた場合、離れてちょうだいという私からのメッセージ。
「ビー、ビー」と早く荷物を出して扉を閉めろやという、宅配BOXからの催促音を聞きながら、ゆっくり10数える。
それからやっと段ボール箱を取り出します。
それでも裏に張り付いているかもしれないという不安が完全に払拭されてはいないので、段ボール箱と手の接地面をなるべく小さくするべく、対角線上にある角の部分に指の腹をあてて、決して自分の身体に密着させないように注意。
そして段ボール箱を矯めつ眇めつ眺めてから、ほっと息を吐く。
宅配BOXから荷物を取り出す度に、こんなことをしています。
いつまでこれをすればいいのでしょうか。

パラグアイ戦

  • 2018年06月14日

サッカー日本代表のパラグアイ戦をご覧になりましたか?
ワールドカップ前の最後の親善試合。
ピッチに香川選手、岡崎選手、武藤選手がいるのを見た時、とても嬉しくなりました。
コンディションについては素人の私にはわかりません。
ただ3人の動きは良いように私の目には映りました。
他の選手も頑張っていて、歯ぎしりすることなく試合を観られたのは、久しぶりの気がしました。

ボールを持ってはいるもののなかなか前に運べない。
この時感じる時間のなんと長いことか。
それに比べて敵チームが点を取る時の、なんという呆気なさ。
そして感じる守りの脆さ。

と愚痴っている場合ではありませんね。
もう19日には大事なコロンビア戦に臨まなくてはいけないのですから、ファンとしてはあーだこーだ言わず祈り、奇跡を待つ頃合いでしょう。

選手たちがサッカーに集中できる環境であればいいなと思います。
今はどこにいても世界と繋がってしまう。
それは欲しくない情報が入ってきてしまうということでもあります。
自分たちに対する否定的な意見や過度な期待が、目や耳に入ってきてしまうのでは。
世間と敢えて距離を取るには、今の時代強い意志が必要です。

女優ケイト・ウィンスレットは、自らの名前を検索しないと決めているそうです。
それには相当な強い意志が必要だと語っている記事を読みました。
演じた役や、出演した映画についてや、自身の容姿や、はたまたプライベートなことまで、ネットは勿論、様々なメディアで好き勝手に書かれてしまうけれど、それをすべて止めることはできない。
好意的なものだけを選び取って読むということができないのなら、悪意的な意見を読んで傷ついたりする時間が勿体ないという考えのようです。
それは徹底していて、デンタルクリニックの待合室に置いてある雑誌にさえ、手を触れないと語っていました。
この記事を読んだのは結構前なので、その後彼女の考えは変わったかもしれませんが、日本代表の選手たちに今必要なのは、それぐらいの強い気持ちで外部と遮断することかもしれませんよね。

選手たちの多くは小さい頃からサッカーをやっていて、それが楽しくて面白くて、たくさん笑っていたのでは。
成長するにつれ苦しんで、悩んで、迷うようになったのでは。
そうして日本代表のユニフォームを着るまでになった。
W杯ではサッカーが楽しくてしょうがなかった子どもの頃のように、無我夢中でピッチを駆け回って欲しいものです。

  • 2018年06月11日

メイクや髪型、ファッションを工夫することで、年齢不詳となった女性が増えています。
インタビューなどで初めてお会いする方の年齢を当てるのが、年々難しくなっていると感じています。
そんな時には手を見ます。
手にはその人の暮らしぶりが表れているように思っていて、その手からあれこれ想像するのが好きなのです。

久しぶりにあった友人の手を見たら・・・節々が太くしっかりとした肉厚の手をしていました。
家事や育児に奮闘してきた彼女の頑張りが現れている手だと思いました。
昔のように華奢なリングは似合わなくなってしまったけれど、生き様が刻まれたその手は格好いい。
その迫力が出た手に負けないような、大ぶりのリングをすればいいってだけのこと。

それじゃ自分の手はどうかというと・・・昔は苦労してない手だねとよく言われました。
当時から自炊し家の中のことを自分でやっていましたが、何故か私の手には苦労が出ない。
なんにもしてない手だと言われる度、そんなことないのにと、ちと口惜しかった。
そんな私も年を重ねた今では、手にしっかりと時が刻まれています。

年齢と共にごつくなってしまうのは仕方がない。
せめてかっさかさな状態は避けようと、水回りにハンドクリームを配置してあります。
手を洗ったらすぐにクリームを塗れるようにとの思いから。
10年近く愛用しているのはジェルタイプのもの。
潤い成分が手にすぐに浸透して、べたつかないのが気に入っています。

浮気心を起こしたこともありました。
買い物をしたらオマケとしてサンプルが入っていたとか、溜まったポイントを交換する時に、そこでお勧めされていたハンドクリームを選んだ、なんてことで試す機会が訪れるのです。
しかし残念ながら固すぎて伸びが悪いとか、べたつきが強過ぎるといった点が気になる。
そして結局それまで使っていたものが、やっぱり一番いいと再確認するのでした。

先日ある方のお宅にお邪魔した時のこと。
主である70代の女性が緑茶を淹れてくれました。
脂肪がすっかりそぎ落ちたといった手をしていました。
色はややくすんでいます。
短くカットされた爪にはなにも塗られていません。
触れたなら、少し痛みを感じるのではないかと思うほど筋張っています。
その手は、凛とした雰囲気の女性の手として相応しいものだと感じました。
そうして出された緑茶はとてもまろやかな味で、その落差もまたいいなと思いました。
自分には厳しく、他人には優しい、そんな人なのではないかとその手から想像しました。
1時間ほどの対面では、その女性のごくほんの一部分を覗き見させていただくだけで精一杯。
なので、私の想像がご本人と近いのか遠いのかはわかりませんでした。
いずれにせよこれから自分の手に、どんな時が、どんな暮らしぶりが刻まれていくのかを楽しみにしたいと思いました。

肌の調子が

  • 2018年06月07日

最近肌の調子が優れない。
使用中の化粧品メーカーがポイント制を止めてしまい、定期購入しないと定価で買わなくてはいけなくなったこともあり、別のメーカーの化粧品を探す旅をスタート。

が、化粧品はとてもたくさんあり、どれを選んだらいいのかわからない。
人気ランキングのようなものも覗いてみましたが、その信憑性はわからない。
そこに記載されたアドレスからHPに飛べば、そのランキングをしているところにお金が入るのかも。
仮にそれが本当だったとしても、多くの人の肌には合う化粧品でも、私に合うかどうかはわからない。

取り敢えずなんらかのルールを決めなくては選べないので、成分すべてを記述していて、返品制度があって、電話勧誘しないと宣言しているところで、聞いたことがある会社名のところで絞り込みました。
そしてとある化粧品メーカーのトライアルセットを申し込みました。

1日目、とってもいい感じ。
2日目、こんなに肌の状態がいいのは久しぶりで、思わず鼻歌が出てしまう。そしてフルラインで購入することに。
化粧品は4日目に到着。
そして5日目の朝を迎えました。
寝惚けまなこで鏡を見たら・・・顔中に湿疹が。
げっ。
一気に眠気はすっ飛びました。
顔のいたるところに赤いボツボツが出来ています。
記憶を辿り前日食べたものを書き出してみましたが、思い当たる節はない。
新しくした化粧品のせいだとしか思えません。
4日目までは絶好調だったのに、5日目で肌が拒絶するなんてことがあるでしょうか?
以前使用していた化粧品に戻しましたが、湿疹は治まらない。
病院へ行き処方された塗り薬をつけたところ、日に日にボツボツは治まっていきました。
1週間で元の状態に。

いやぁ、びっくりしました。
化粧品が合うかどうかの判断は、もう少し長く様子を見てからでないとダメなんですね。
使い始めがあまりに良く、またトライルアルセットが3日分しかなかったので、即決してしまいましたが、それは危険な行為だったと今回学習しました。

湿疹はなくなったとはいえ、その状態は「調子が優れない」に戻っただけ。
化粧品探しの旅はこれからも続きます。
長く険しい旅にならないことを祈るばかりです。


Copyright© 2011-2018 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.