花の価格

  • 2017年06月26日

以前住んでいた部屋の近くに花屋がありました。
駅前にあり50平米ほどの店。
ここの花はとにかく安かった。
200円で10本ぐらい買える。

フツーの花屋だと、多くの花は温度調節したガラスケースの中に鎮座している。
そのガラス越しに眺め「赤いガーベラを〇本ください」とか「友人へのプレゼントで予算が〇円なんです」と店員に要望を出しますね。
すると店員がガラスケースを開けて、花束を作ってくれたりする。

近所にあったこの花屋は違っていました。
殺風景な店にガラスケースはありません。
たくさんバケツが並んでいて、そこに花がバサッと入っている。
1本単位で売っているものはなく、3~5本で1束になっていました。
仕入れの仕方が特殊なのか、日によって花の品揃えにはバラつきがありました。
例えばフツーの花屋であれば、赤いバラや白いユリは必ず用意してあるでしょうが、この店では今日はバラはないとか、オレンジ色のユリが大量にあるといった、偏りのある品揃えのことが多々ありました。

客は並んでいる花の中から欲しいものを選び、バケツから引っ張り上げると、自らレジまで運ぶ。
何種類か買った時はそれをひとまとめにしてくれますが、そうでなければラッピングはなし。
プレゼントにしたければ、自分でアレンジメントをしなくてはいけません。
ではあっても潔いまでのコスト削減のお蔭で、安く花を買えるので、客は喜んでこのシステムを受け入れていました。

引っ越しをして今の部屋に移った時、まず探したのは花屋。
全然見つけられず、しばらくしてようやく発見したのは、自宅から徒歩15分のところにある、スーパーの中に店を出している花屋でした。
ガラスケースの中に花が並んでいるのを見た時、嫌な予感でいっぱいに。
プライスカードを見てみると・・・1本で? と大声で聞きたくなるような価格が書かれていました。
1本300円ぐらいするのです。
これまで通りのボリュームを求めて10本買ったら3千円。
高いぞ、この3千円のハードルは。
3千円あったら単行本なら2冊買えるし、美術館だったら2回行けるし、映画も2回見られる。
大好きな外郎だってたくさん買える。
花は空間と心を潤してはくれますが2、3日しかもたない。
私の下した結論は・・・そっとガラスケースから離れることでした。

その後この花屋とは別方向にもう1軒見つけたのですが、こちらも同じくらいの価格でした。
いろんなタイプの花屋があったらいいのにと思わずにいられません。
えっ? 今どうしてるかって?
プリザーブドフラワーを飾っています。

キラキラ

  • 2017年06月22日

キラキラ光るモノが好きです。
バブルの頃はメイクしっかり濃いめでした。
そこに更にキラキラしたモノで飾り立てていました。
お小遣いで買える範囲のモノでしたから、安いアクセサリーでしたが、ジャラジャラと表現してもいいほどの盛り様でした。
この風習はバブルが弾けた後も20代はそのまま続けました。
恐ろしいことです。

30歳を過ぎた頃金属アレルギーになりました。
無駄遣いを戒める神様が、私に金属アレルギーをお与えになったのだろうと思いました。
金属アレルギーが判明した日から、キラキラしたモノは私の元から去りました。

しかし世の中は、そんな私をそっとしておいてはくれませんでした。
5年ほど経ったある日、ネットで見つけてしまったのです。
金属アレルギーの人でも身に付けられるように、特殊加工された品が売られていることを。

あっという間にキラキラ好きの魂が復活してしまいました。
ではあっても昔のようにジャラジャラと身に付けるのではなく、節度ある程度に収めるようにしています。

しばしば購入しているアクセサリーのネットショップで、セールをしていました。
セールというのは心を乱しますね。
普段だったら絶対に買わないような品でも、正価が×で消され、その下に赤字でセール価格が表示されていると「お得」と思ってしまうのですから。

それはネックレスでゴージャスなものでした。
透明のクリスタルと、真っ赤なクリスタルがたくさん付いています。
「素敵」と一目惚れしたそれは、セール中のため半額になっています。
こういうの1つぐらい持っていてもいいのじゃないかと思ってしまい、お得なんだしと、買う理由ならいくらでも考え付く。
そして購入。
それから5年。
1度も身に付けることなくクローゼットに置かれたまま。
時折引っ張り出して眺めます。
それ自体はとても素敵なネックレス。
それは間違いない。
ただそれと合う服がない。
またそれを身に付けて出かける場所が思い浮かばない。
やっちまいました。
使う機会がないのに、安くなっていたから買ってしまうという無駄遣いの典型的失敗例。
無駄遣いを戒める神様がもっと強引だったら・・・と神様に八つ当たりする今日この頃でございます。

編み物

  • 2017年06月19日


30年ぐらい前の話です。
いつも素敵なニットを着ている友人がいました。
私が褒めたところ、友人のお母さんが自宅で編み物教室を開いていると教えてくれました。
昔は自宅で編み物教室を開くお母さんが結構いたもんです。
記憶を辿ってみると・・・我が家にも編み機がありました。

若い方は編み機といっても、ピンとこないかもしれませんね。
我が家にあったのは幅が1メートルぐらいのものでした。
小さいかぎ針がびっしり並んでいて、そこをアイロンぐらいの大きさの機械が右に左に動く度、毛糸がそのかぎ針に引っかかって編んでいきます。
アイロンぐらいの大きさの機械は自動では動いてくれないので、自ら取っ手を摑んで右に左に動かさなくてはいけない。
どこから出る音なのか、ガーガーという作業音がしていました。
繊細で緻密な作業が必要なのか、それを母が動かしている時話し掛けてはいけないというルールが我が家にはありました。

何故我が家に編み機があったのか。
恐らく当時それは珍しいものではなく、家庭に普及していたのではないでしょうか。
そういえばミシンもありました。

買うよりも作る方が安かったり、丈夫だったりしたのかもしれませんね。
着るものを自分で作っていた時代・・・不器用な女の人にとってはさぞかし生き辛い時代だったでしょう。
この時代に大人じゃなくて良かった。
あの家の人はいつも変な服を着ている・・・と家族全員が後ろ指を指されるような目に、私なら遭わせていたことでしょう。

あの編み機は今どこに?
我が家から編み機が消えたのがいつだったのか、なにがきっかけだったのかまったく記憶にありません。
私が知らない間に物凄い進化を遂げ、3D的な編み方になっていたりするのでしょうか。

パソコンレスキュー隊を呼んで、トラブルを解消して貰った時のこと。
その隊員はあっという間に問題を解決。
時間が余ってしまったためでしょう。
「なにか聞きたいことはありませんか?」と言いました。
突然の申し出になにも思いつかず、しばし無言。
やっとのことで浮かんだ質問は「プリンターを新しくしようと考えているのですが、お勧めはありますか?」というものでした。
すると隊員が口にしたのは予想外のメーカー名。
それは編み機で有名だったメーカーでした。
編み機では知っていましたが、プリンターを作っているとは初耳。
「編み機の?」と私が聞き返すと、「そうです」と隊員は言う。
編み機の機能とプリンターの機能は近い部分があると隊員は言うのですが、私の頭には「?」マークがたくさん浮かぶのみ。
隊員は色々と説明してくれましたが、私には理解できませんでした。

それから2年後。
ようやくプリンターを新しくすることになり、数ある候補の中から選んだのは、編み機のメーカーのものでした。
それまでのと比べて印刷速度がメッチャ速いのと、インクが全然減らないことにびっくりしています。
未だに編み機の機能とプリンターの機能の近さについては、皆目わからないままですが。

緑茶と最中

  • 2017年06月15日

以前いただいた手土産です。

緑茶と最中をセットでいただきました。
翌日のオヤツタイムが普段より格段にリッチになりました。

手土産を頂戴することが多いです。
また手土産を買うことも多いです。
悩みますよね、なにを手土産にするかっていうの。
皆さんはどうやって選んでますか?

私の場合は雑誌などで手土産特集的なものを見かけた時、ちょっと真剣に読みます。
素敵なデザインのパッケージのものがあったら、そこに記載されているWEBページへアクセス。
通販しているかを調べた後、どれくらいの価格なのかをチェック。
そして手土産の基本である常温保存のものか、個別包装かといった条件をクリアしていれば、次の段階に。
賞味期限がどれくらいかを見ます。
2~3日なんて書いてあると断念せざるを得ない。
必要な日に宅配便を受け取るのではなにかあると危険なので、受け取りは前日にしたい。
翌日先方に渡すとすると「本日中にお召し上がりください」ということになってしまう。
それが午後4時だとしたら、受け取った方は今日中ってどうするよって話になる。
こんな失礼な話はないので、賞味期限が1週間以上はあるものがいいですね。
さらに店からこちらに届くまでの日数も大事。
注文日と到着日が1週間以上開いてしまっているのは厳しい。
訪問予定が1週間以上前に決まっているケースもありますが、大抵は直前に決まるもの。
注文してすぐに受け取りたい。

これだけの条件をすべてクリアしたWEBページを「お気に入り」にマークしておき、必要になった時そこから選ぶようにしています。

えっ?
味はどうでもいいのかって?
いえ、味は大事です。
お試しセット的なものがある場合は、まずは自分で味見をしていました。
が、フードアレルギーがあると判明してからは、そうしたことはできなくなりました。
スイーツには大抵入っている原料が、私のアレルギーの元だからです。
ということは?
そう。味見せずに選んでいます。
勘です。
いいんでしょうか?
ま、味見できないんでしょうがないんですが。
感想を聞いて味がどうだったかを推測できればいいのですが、大抵の方は「美味しかったです」と言うので、本当のところはわからない。

たまに以前私が差し上げた品を、その人が別の人に手土産にしたと知った時「あ、美味しかったんだ」と思って、ほっとすることがあります。


Copyright© 2011-2017 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.