腕の力

  • 2019年03月18日

腕の力がべらぼうに弱いです。
これによって体育の授業は哀しい時間となります。
体育の授業で行われる運動には、腕力が必要なものがほどんど。
その中でも鉄棒や跳び箱は、腕力あってこその運動です。
当然ながら私は鉄棒は前方一回転さえできず、跳び箱は膝より上の高さでは跳べない。

先生は鉄棒をしっかり摑んで回転しろと言うのですが、自分がしっかり摑めないだろうことは、誰よりも知っているもんで、回ろうとする気持ちにならない。
回転の力に負けると思うのです。
跳び箱もそう。
自分の体重に走り込むスピードが加わった力を、一瞬両腕で堪えて、身体を前方へ送るようにするなんて力が、私にあろうはずがないと思うのです。

腕力だけでなく握力もない。
毎回真剣に臨む握力測定では「ふざけてる?」と言われるぐらいの数値になる。

こんな私が体育の授業を楽しめるわけがない。
ほとんどの運動、スポーツがダメなのですが、なんとか人並みと呼べるぐらいにできるのは、卓球とビリヤードぐらい。
どちらも腕力と握力を必要としないスポーツです。
ビリヤードがスポーツなのか? といったツッコミはあろうかと思いますが、ここは大目に見ていただきたい。

こんな風に誰にも得意、不得意というのがありますね。
また得意と不得意の分かれ方に、筋が通ってないといったケースもありますね。

元クラスメイトのA子が、体育の授業で苦手にしていたのが球技全般でした。
私のようにほぼすべてダメというのはでなく、球技だけが不得意。
鉄棒も跳び箱もマット運動もなんでも出来る。
スキーなんて凄く上手。
だけど球技はダメ。
何故球技だけ不得意なのか・・・謎です。
この得意と不得意の差が生じる理由がよくわからない。

小説「オーディションから逃げられない」の主人公、展子にも得意なこと、不得意なことがあります。
そして展子の夫にも。
展子は夫の不得意なことを知ってがっかりするし、将来のことを見据えて不安になります。
自分にだって不得意なことがあるのに、夫の不得意なことに不満を覚えたりもします。
やがて夫の得意なことを発見。
展子はほっとします。
夫の得意なことと、不得意なことの差は、比較的筋が通っていてわかり易い。
だからといって展子が満足するというのでもないのですが。

夫だけでなく、周囲の人たちが不得意である故にしでかすことを、展子は許せません。
だから様々な衝突が起こります。
そんな展子がどんな風に変わっていくのか・・・それを味わっていただきたいと思っています。

潤滑油

  • 2019年03月14日

潤滑油的な存在がいるのと、いないのとでは、場の雰囲気は全然変わりますね。

友人A子は会社を経営しています。
どうもここ最近、職場の雰囲気が良くない。
何故だろうと考えるA子。
でも答えは見つからない。
わからない中で、あるスタッフが1週間の休暇から戻って来た。
インフルエンザに罹患したためでした。
すると、職場の雰囲気が一気に変わったと感じるように。
どうやらそのスタッフがいなかったために、職場の雰囲気が悪くなっていた模様。

そのスタッフは特段仕事が出来る訳じゃない。
びっくりするような個性の持ち主でも、オリジナルなファッションセンスがある訳でもない。
だけど皆の意見を肯定的に聞ける人物で、たまに出す天然ぶりがご愛敬。
彼がいると場が和む。
彼がそうした潤滑油的存在で、なくてはならない人だったのだと、初めてA子は認識したそうです。

その話を聞いた友人B子は「それ、わかる」と言いました。
友人B子には子どもが3人。
三男坊がその潤滑油的存在になっているそう。
お茶ら気た性格で、関西出身ではないのに「笑わしてなんぼ」と思っている節がある。
その三男が病気で寝込んだ日など、太陽が消えてしまったかのように、家全体が静まり返るのだとか。
普段は三男のことを煩いと言ってばかりの長男と次男。
その二人が何度も三男の寝室を覗くぐらい心配し、寂しそうにする。
そしていつもと同じ会話をしているつもりなのに、長男と次男の反応は今一つで、些細なことで親子喧嘩になったりしてしまう。
「三男は周囲を騒がしくするだけではなく、潤滑油的な役割を担っていたのね」とB子は思ったそうです。

小説の中にも、こうした潤滑油的な存在というのは必要です。
息詰まるような展開が続く作品であればなおのこと、潤滑油的な存在のキャラクターが、ひと息入れる役割を担ってくれます。
「オーディションから逃げられない」の場合は、主人公である展子の夫、太一がその役割を担当。
いい人なんです。
でも、絶対に出世しないだろうなと思わせるような人でもある。
なんとかなるよというのが口癖のこの太一がいるお陰で、猪突猛進の展子が色々なことと衝突した際に、クッションとなってくれる。
そして職場でも自宅でも太一が潤滑油となって、雰囲気を柔らかいものにしてくれるのです。
この太一の潤滑油っぷりは作品でご堪能ください。

3月11日に思うこと

  • 2019年03月11日

あの日から8年ですね。

この8年でなにが変わっただろうかと考えると・・・水や日持ちする食料品などを備蓄するようになりました。
プリザーブドフラワーを入れている花瓶は、ジェル状の固定剤で床にくっつけておくようになりました。
生花を活けている花瓶はテーブルの端に置いているのですが、それを中央の位置にずらしてから外出するようになりました。
外出中に地震が起きた時に花瓶が倒れて、近くにあるコンセントに、中の水が掛からないようにとの思いです。
いつもパソコンのキーボードの横に置いているマグカップを、外出前にキッチンに移すのも、同じ考えによるものです。

いつ地震がくるかわからない。
もしかしたら、これから外出中に起こるかも。
だから一応やっておこう。
といった考えになったのは、やはりあの日に刻まれた恐怖が発端です。
あの日より前には、そうした考えはもっていませんでしたから。

「復興」という言葉をたくさん見聞きしてきましたが、そのゴール地点はどこなのでしょうか。
「以前のようになる」というところにゴールテープがあるのでしょうか。
でも以前とまったく同じようにはなりませんよね。
失ったものは戻って来てはくれませんから。
それでも前に向かって歩いて行かなくてはいけないのは、しんどいことだと思います。
それにさっきまで隣にいたと思っていた人が、ふと気が付いたらずっと先の方まで歩き進んでいた、なんて思いを抱くこともあるのでは。
そんな時には置いてきぼりをくらったような気分になりますよね。
でも前に向かって進むスピードは人それぞれ。
焦る必要はないと思います。
あなたのペースで構わない。
ジリジリする必要はなく、あなたのペースで、あなたなりのやり方で、前に進んで行けばいい。
疲れたら、時には足を止めて休んでも構わないんですよ。
と、そんな風に声を掛けたいと今私は思っています。
「頑張れ」という言葉が溢れるこの時期、「それはあなたなりのペースでね」と付け加えたい気持ちになるのです。

散歩中に

  • 2019年03月07日

友人A子の夫、B男が犬の散歩中にアキレス腱を切ったという。
「相当ドラマチックに転んだの?」と尋ねると、「いや、ただ単に無様にコケたらしい」とA子は答えました。

なんでも日曜日にB男は犬の散歩に出かけたそう。
天気が良かったので、いつものコースよりも足を伸ばしたらしい。
その散歩途中で愛好家らしき人たちが野球をしているのを見かけたので、ちょいと見学。
どちらのチームも国際色豊かだったとか。
人数が足りなかったらしく、B男は突然参加を促された。
微妙に言葉が通じていない部分もあったそうなのですが、中高と野球部だったB男は腕に自信があったため、参加することに。
そしてバッターボックスに。
なんと、シングルヒットを放つ。
俄かチームメイトたちから拍手を送られ、調子に乗ったB男。
次のバッターの打球がレフト方向へ飛んだので、B男は全速力で二塁へ走った。
つっかけサンダルで。
散歩中だったからね。
で、足が縺れてバチンと大きな音がしたなと思ったら、倒れていたという。

連絡を貰ったA子が病院に駆けつけると、B男は手術中。
なにがあったのかを、俄かチームメイトたちから聞いたA子は、やっかいな病気がらみではなかったことでほっとしたのも束の間、ダサい夫にうんざりする気持ちになったとか。
「50歳を過ぎてるのにつっかけサンダルで全速力で走って、無事で済むと思うなよ」とA子は言っていました。

で、B男はへこんでるかと思いきや、入院生活をエンジョイしているそう。
俄かチームメイトたちが、入れ代わり立ち代わり毎日のように見舞いに来てくれて、すっかり友達になったようで、回復したら正式にチームメイトになる約束をしたんだとか。

「なんか結局、俺ってついてるよな」と宣ったスーパーポジティブシンキング男の夫に、「あの感覚についていけないとつくづく思った」とA子。

どんな悲劇もそれをどう捉えるかによって、生き方って変わってきますよね。
B男ほどではなくても、なるべくならばポジティブ思考に転換したいものです。

でもそれは簡単じゃありません。
小説「オーディションから逃げられない」の主人公、展子は自分はついてないと思っている女性です。
一生懸命頑張っているのに自分は評価されなくて、他の人が評価される。
私はついてない。
そんな風に思うのは展子だけではないのでは。
皆さんが身近な存在として、或いは自分の分身として、この展子を感じていただき、彼女の人生を読み進んでいただけたら嬉しいです。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.