占いで

  • 2020年11月16日

友人A子はタロット占いが趣味でした。
いっそのこと商売にしてしまおうと、数年前から占いの専用サイトに占い師として登録。
有料でお客さんを占っていました。
新型コロナウイルスが猛威をふるい出してからは、お客さんが増加して結構忙しいんだとか。
不安を抱えている人が増えているんでしょうかね。

A子によればお客さんは99%が女性。
10代から70代までと、幅広い世代を占っているそうです。
内容は圧倒的に恋愛に関する相談が多く、友人関係、家族関係、仕事関係の相談もあるそうです。
また「それ、占ってる場合じゃない」といった相談も時折持ち込まれるそうで、そんな時には専門の相談先を紹介していると言っていました。

十年ほど前のこと。
B子が長く付き合っていた彼から、プロポーズされたといった話が伝わってきました。
めでたい、めでたい。
ということで、皆で集まっての食事会が開かれました。
この時点で全員が、B子がこのプロポーズを受けると信じて疑わなかったんです。
全員のグラスにビールが注がれて、幹事が言います。
「B子、おめでとー」と。
そして全員がグラスを掲げて「おめでとー」と声を上げました。
そこでB子が笑顔で「ありがとう」と言うもんだと思っていたら・・・困ったような顔をしている。
あれ?
レストランの個室は静まり返り、皆は互いの顔を見回すばかり。

それからB子が話し出しました。
確かにプロポーズを受けたのだけど、占って貰ったら相性が悪いので、長続きしないと言われた。
それでプロポーズは断ったの。
と、言うではありませんか。
はぁ?
出席者たちは言葉を尽くして、B子を説得しにかかりました。
「自分の人生を他人の判断に任せてしまうの?」
「相性が悪かったなら、そんなに長いこと付き合ってなかったでしょ」
「まだ間に合うから、彼に謝って遣り直そうと言うべきよ」
などと、B子の気持ちを変えさせようとしました。

B子は言いました。
「プロポーズにすぐにはいと言えない自分がいて、答えを出せなくって占って貰おうと考えた時点で、すでに私が聞きたい答えは決まっていたみたい。だから相性が悪いと言われた時はほっとしたの。断る理由を教えて貰えたように思ったから」と。
出席者全員、ため息。
その後は「B子のこれからにかんぱーい」と唱和。
夜遅くまで食事会が続きました。

占いって、そういうところがありますよね。
すでに聞きたい答えは決まっていて、それを言って欲しくて、占いというツールを使っているだけだったりする。
だから迷っている体ではあっても、占い師を知らず知らずのうちに自ら誘導していく。
それがわかった上で、占いと付き合っていくのが良さそうですね。
私は占いをまったく利用しないんですが。

住まいを

  • 2020年11月12日

小説の中で登場人物がどんな家に住んでいるかを、しっかり書くようにしています。
それによって年収や生活レベルを、想像し易くなるであろうと考えるからです。

小説「諦めない女」に登場する京子は、タワーマンションに住んでいました。
その後京子はこのタワーマンション近くの、古いマンションに移り住みます。
住まいの変化は、京子の人生に変化があったから。
執筆していながら、それまでの暮らしぶりとの違いが、なんとも切なくなりました。

広さ、場所、どう暮らしているか・・・住まいには、その人の価値観や好みが反映されます。
駅から近いのがいい人。
家賃が安いのがいい人。
ペットと暮らしたい人。
こうした好みは、その人なりの一面を見せてくれます。

私はどうかというと・・・打ち合わせが出来る部屋という視点で、今の部屋を探しました。
以前住んでいた部屋がとても狭くて友人は呼べるけれど、打ち合わせなんて、とんでもなかったのです。
また交通の便が決して良いとはいえない場所にあり、自宅近くの喫茶店まで、編集者を越させるのも忍びなかった。
そこで編集者も来易いターミナル駅近くの、ホテルのラウンジで打ち合わせをするように。
そのラウンジまで、私は電車を2本乗らなくてはいけませんでした。
メンドー臭い。

そこで引っ越しを検討した際、今度は自宅で打ち合わせが出来る部屋がいいと考えました。
この視点で部屋を選びました。
そして部屋全体の半分ほどを来客スペースに充て、2人掛けのソファを1つに、1人掛けのソファを2つと、ローテーブルを用意。
これで、打ち合わせの度に靴を履いたり、バッグを持ったり、電車を2本乗ったりしなくても済むぞと喜んだものでした。

ところが。
物がどんどん増えていき、置き場所がなくなっていく。
そんな時ソファやローテーブルが目に入る。
ひとまず置いておくか、となる。
この「ひとまず」という単語は、時として「永遠に」という単語と同意語になったりします。
気が付けばソファとローテーブルには物が置かれ、それらが積み重なる状態に。
で、来客予定の30分ほど前になって、慌ててソファの上の物を片そうとするも、それらを置ける場所があるのなら、そもそもそこに置いていない訳で、そんなスペースは見つからない。
部屋の中をぐるぐる探し回った挙句、バスタブに隠すことになる。
来客の度に物をバスタブに隠し、ゲストが帰ると、またソファに戻すというのを繰り返しているうちに、当然ながらメンドー臭いという着地点に落ち着きます。

やがてマンションのすぐ近くにある、ホテルのラウンジを利用するように。
靴を履きバッグも持たなくてはなりませんが、電車には乗らずに済みます。
それになんといっても、物をバスタブに移動しなくても済みます。
ここ数年はもっぱら、打ち合わせにはこのホテルのラウンジを利用しています。

となると、そもそも打ち合わせをするために選んだ部屋というのは、なんだったのかって話になります。
今更自分が、整理整頓が出来る女になれるとは思えません。
己の性格を考慮に入れた上で、住まいを選ぶべきでした。

部屋選びに成功するにせよ、失敗するにせよ、どんな部屋で、どんな暮らし方をするのかは、その人の一面を窺わせます。
こんな視点で小説を読んでみるというのはいかがでしょうか。

プレゼン

  • 2020年11月09日

ここ最近目につくのは高額商品の広告。
へ? と驚くような高額なハイジュエリーや、誤植でしょ? と疑うような金額の時計の広告を目にします。
クリスマス用でしょうね。
あなたのボーナス、狙われてますよ。

会社員からフリーライターになった当初は、ボーナスという単語を聞くと「いいなー」と羨ましくなったものですが、これだけ長いことフリーランスをしてくると「けっ」のひと言で済ませられるようになります。

コロナの影響で友人の中には、ボーナスが例年より減額される人が続出。
貰えるだけで有り難いと思えと、説教を垂れておきました。

友人A子の家ではボーナスの使い道について、毎回家族全員がプレゼンをするそうです。
家族の賛同を得られれば、ボーナスでの購入が許されるんだとか。
息子さんと娘さんがまだ小さい頃のプレゼンは、かなり可愛いものだったらしい。
息子さんが何故このゲーム機を買うべきなのかを、家族の前で必死にプレゼン・・・想像しただけで笑顔になってしまいますよね。

2人の子どもはすでに独立し、プレゼンは夫婦間だけで行われるように。
そして今年A子の夫、B男がプレゼンしたのは・・・自身のエステ通いだっとか。
男も見た目が大事であり、そのためにはプロの手によって、きちんと手入れをして貰う必要があり、これによって自信がつき仕事は勿論プライベートも充実する・・・云々かんぬん。
一方のA子は投資にトライすることを提案。
この提案にB男は「今?」と言い、A子は「今だからこそ」と答えたんだとか。

先の見えない今だからこそ、攻めないとというA子。
プロだって利益を上げるのが難しい混沌としている今、素人が始めるにはリスクが高いと心配するB男。

A子が熱心にプレゼンを進めていると・・・B男が自身の耳を手でふさぎ、目を閉じてしまったそう。
なにそれ? とA子が尋ねると、「言いくるめられていくー」と嘆き、押し切られていく自分が哀しいとぼやいたんだとか。

A子のプレゼンには力があったんでしょうね。
普段の力関係で、すでに勝負は付いていたんだろうとも思いますが。

結局、A子のプレゼンだけが通過し、ただしどういったものに投資するかは、二人で勉強してから決めるということになったそうです。
B男のエステ通いは却下されましたが、その代わりに、セルフで出来る手入れグッズの購入は許されたということです。

お金をどう使うかというのは、どう生きていきたいかにも繋がっていくものなので、とても大切ですよね。
あっ。
なんか小説が書けそうですね。

キッチンカー

  • 2020年11月05日

キッチンカーが住宅街に進出しているそうです。
オフィス街で商売をしていたキッチンカーが、働く人の減少に直面し、商いの場を住宅街に移しているんだとか。
それ、いい。
私が住むマンション前にも来て欲しい。

昔、会社員として働いていたオフィスは商業街にありました。
昼食をオフィスの周辺で摂ろうとすると・・・買い物客向けのレストランが多くて、値段が高く安月給の身には無理でした。
当時はコンビニもなく、しょうがないので自作の弁当を持参していました。

自作弁当の問題点は、中になにが入っているかが、わかっちゃっているということ。
だから蓋を開けた時「ワー、今日はハンバーグだ」とか「鮭かよ」といった、サプライズも感動も起こらない。
強いて挙げるなら「冷凍食品最高」の思いしか湧かないのです。

これはコンビニなどで弁当を買う時も一緒です。
透明の蓋越しに中身を見た上で購入しているので、メニューはわかり切っています。
サプライズは起き得ない。
「鯖の味噌煮は渋いな」とか「ここにナポリタンを詰める必要はあったのか」といった感想をもつ程度。

何年も前から昼食用の弁当を取り寄せています。
週に1度7食分の弁当が冷凍便で届きます。
メニューは日替わり。
届いた弁当は冷凍庫へ重ねて入れておきます。
そしてお昼になるとメニューで選ばず、一番上に積んである弁当を取り出します。
そうして取り出した弁当の蓋に書かれたメニューを読む時、サプライズが。
「麻婆豆腐ときたか」とか「今日は唐揚げだ、よしっ」などと思うのです。
これは誰かが作った弁当の蓋を開けた時の、心の動きと一緒。

どんなメニューだって結局は美味しく頂くのですが、今日はなにを食べることになるのかが、わからないといった、ちょっとしたサスペンス感は、生活に潤いを与えてくれます。

だからね、友人A子よ。
毎日旦那に「今晩なに食べたい?」と聞くのは止めて、サスペンス感を味合わせてあげてみてはどう?
あなたの旦那から「毎日聞かれる度に離婚を考える」と愚痴られているんだよ。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.