乾燥で

  • 2023年01月19日

乾燥してますねぇ。
加湿器を使っていますが、なかなか40%の大台に載りません。
室内は40~60%がいいとどこかで聞いたので、加湿器の設定を40%にしているのですが、何故か湿度計は30%台。

加湿器は加湿器なりに頑張ってはいるけれど、追いつかないほど、乾燥しているということなのでしょうか。
それとも湿度計が感知している水分量と、加湿器のでは差があるのでしょうか。

昨日、何気なく湿度計を見たら、画面に測定不能のマークが。
はっとして加湿器をチェックしたら、給水しろというランプが点灯していました。
給水時期を知らせるアラーム音を聞き逃したようで、数時間に亘り加湿器は止まっていた模様。
加湿器がストップすると、測定不能なほど乾いてしまうということは、やはり加湿器は加湿器なりに仕事をしているのでしょう。
40%台にはなれなくても。

部屋の乾燥は肌の水分をもっていく。
この時期には乾燥に強いクリームにするなどの対策を、取っている友人は多いです。
どっちかというとオイリー肌の私は、顔の乾燥はあまり気になりません。
気になるのは鼻。

大学生の頃、朝起きると枕に結構な量の鼻血の跡が。
これが1週間ほど続きました。
バイト先で「なんか鼻血が1週間続いているんですよねぇ」と軽く話したら、それはマズい病気かもしれないと心配した先輩たちから、今すぐ病院へ行って来なさいとのお達し。
脳を診て貰える科がある総合病院の方がいいだろうと、先輩たちが調べてくれたクリニックへ。

事情を説明すると医者は真剣な表情に。
なんか、マズい病気なのだろうかと心配になってくる。
MRIを撮ったり、血を抜かれたり、いろんな検査をさせられ、不安はどんどん大きくなっていく。
様々な科に回され、様々なドクターの診察を受ける。
が、誰も私の病名を突き止められない。

最後に回された耳鼻咽喉科で、私の鼻の中を覗いた医者が言う。
「あなたの鼻の中、傷だらけ。乾燥で切れて鼻血が出たのでしょう」と。
ええええええ?
驚く私に医者は「鼻から血が出たらまずは耳鼻咽喉科に来て」と、ややキレ気味で言う。
仰る通り。
でもでも、それを言うなら、最初に診察をした内科のドクターが、私の鼻の穴を覗けば良かったんじゃなくて? と訴えたい。
何人もの医師の診断を受けさせられましたが、誰か1人でも鼻の中が原因ではと思ってくれれば、もっと早く原因を突き止められたんじゃなくて?
私のせい?
いやいや、違う。
なんだったんだよ、今日の診察てんこ盛りはと思いながら病院を後に。

バイト先に戻ると、先輩たちが集まってきました。
あまりに私が病院から戻って来ないので、そのまま緊急手術に、なんて事態になっているのではと心配してくれていたようなのです。
経緯を説明して鼻の中が傷だらけでしたと言うと、大爆笑。

鼻血が出たらまずは耳鼻咽喉科へ。
鼻の乾燥には気を付けろ。
この2つを心に刻んだ一件でした。

マスクと眼鏡

  • 2023年01月16日

マスクをして、眼鏡を掛けて、いざ外へ。
くもる。
くもりまくって前が見えない。
シートタイプのくもり止めで眼鏡を磨いても、このあり様です。
どうしたらいいんでしょうか、この状態を。

電車の車内で、眼鏡とマスクをしている人の様子をチェックすると・・・くもってない。
ということは、私の鼻息が荒いのでしょうか?
それはちょっと恥ずかしい。

マスクの上端部分をぎゅっと顔に押し当てて、隙間をなくすようにしてみると、くもりは多少解消します。
付け方の問題なのでしょうか?

私が使っているマスクは上端部分に、ワイヤーが入っています。
このワイヤーを曲げて、更にびったーとマスクを顔に押し当てて、隙間を限りなくゼロにしてみると・・・くもりはまた少し改善します。
マスクからの息漏れがくもりの原因っぽいですね。
そこでもっとびったーと、マスクを顔に押し当ててみましたが変化なし。
もう限界のようです。

そこで考えつくのは、マスクの変更というアイデア。
が、残念ながら私は、どんなマスクでもいいという訳にいかない。
肌が弱くて繊維の刺激に耐えられず、痒くなってしまいます。
以前、痒くならないマスク探しの旅をして、やっと1つのマスクに辿り着いたという過去が。
それが現在使用中のマスク。
息漏れしないマスクを見つけたとしても、肌の弱い私に合うとは限らない。
もう自分がメンドーです。
マスク探しの旅をもう一度始める気力はなく、ワイヤーを曲げて、顔に押し付けるようにしています。

先日、取材で某オフィスへ。
話をした後で私の顔写真を撮るというので、マスクを外して鏡を見たら・・・鼻が真っ赤。
トナカイさんになってました。
マスクを押し付け過ぎて、顔を摩擦していた模様。
メイク道具なんて持参していなかったので、直すことも出来ない。
カメラマンさんに「データを修正して貰えますか?」と尋ねると、「鼻だけでいいですか?」と確認されました。
言葉に詰まる。

以前プロフィール用の写真を撮って貰った時に「どこを直しますか?」と、直す前提で尋ねられました。
だったら、ここと、そこと・・・などと、あれこれ注文。
スタッフが画像処理をしていくのを、横で見ているうちに欲が出てきて、「そこも」「こっちも」とどんどん修正依頼。
画面の中の私は、実物の私からどんどん遠ざかっていく。
どこでストップしたらいいのかが、わからない。
そうして仕上がった画像を見た際には「これ、詐欺にならないですかね?」と確認したぐらいのモリモリ状態になっていました。
同じ轍を踏まないよう「鼻の赤みだけ修正していただければ結構です」と答えました。
そう言えた自分を褒めたいです。

確定申告

  • 2023年01月12日

年が明けると、取り掛からねばならない仕事が待っています。
それは確定申告の準備。

私は個人事業主なので、3月に確定申告をしなくてはいけないのです。
前年の1月1日から12月31日までの、1年間分の金銭のあれこれをまとめる必要があります。

数字に滅茶苦茶弱いので、税理士さんに任せていますが、その基となる領収書や資料は私が集めなくてはいけません。
長いフリーランス生活で、とにかく領収書を貰うという習慣は身に付いています。
だから貰い忘れはないと思う。
多分。

こうした領収書は、ひとまずクリアファイルに入れておきます。
そして確定申告前に仕事で使ったものと、そうではないものに仕分けをします。
これが結構面倒臭い。
が、やらねばならない。

仕分け以外にも、いくつかある預金口座の通帳のコピーを取ったりと、地味な事務仕事がたんまりある。
しかも確定申告には締め切りがあり、これは絶対に守らなくてはいけない。
遅れたら罰金を払わされるのです。
ということで、現在必死でやっています。

フリーライターになったばかりの頃、税理士さんに依頼せず、自分で確定申告をしていました。
その時は今の1万倍ぐらい大変でした。

これはどの項目に入るのだろうといった一歩目で躓くし、各社で支払明細書のフォーマットが違っていたので、必要な数字を見つけるのにも時間が掛かりました。
何度も心が折れそうに。
中には源泉徴収票というとても大事な書類を、何度催促しても送って来ない会社があったりして、舌打ちのしっ放し状態でした。

その後税理士さんにお願いするようになり、ストレスは激減。
今では、自分で確定申告をしているという人に出くわすと「あら~、大変ね~」と余裕をかます女になりました。
悪いことは言わないから、税理士さんに頼みなさいとアドバイスしています。

正月太り

  • 2023年01月09日

正月が過ぎた頃から目にするようになるのが、スポーツクラブの広告。
広告を出すタイミングとしては、1年の中でベストな時期だからでしょうね。
正月太りをした人にはささりますから。

やっぱり餅がいけない。
美味しいんですよ。
それでつい食べ過ぎてしまう。
でも餅は高カロリー。

それに「お正月だから」というこの悪魔のフレーズが、理性を吹き飛ばしてしまう。
いつもは気を付けていても「お正月だから」、ま、いっか、となる。
正月のせいにすれば、なんでも許されることにしてしまう傾向がありますね。
で、寒いし運動する気持ちは起きず、食っちゃ寝を繰り返す。
この結果どうなるか、わかっているのに、毎年同じような過ごし方をしてしまう。
それで体重計に乗って悲鳴を上げることに。

私は正月もフツーに執筆をしていたので、いつもと同じサイクルで生活していたのですが、それでもやはり「お正月だから」というマインドがある。
つい食べ過ぎてしまいました。

寿司の出前ではいつもは10貫のメニューを選ぶのに「お正月だから」と12貫のを注文。
友人の家に和菓子を持参。
お持たせで出されたその和菓子が美味しくて、帰りにまたその店に寄り、自分用に大量に買ってしまった時も「お正月だから」と心の中で唱えていましたっけ。

その結果、太りました。
そんな時に新聞の折込の中に、スポーツクラブのチラシが。
思わず真剣に読み始めました。
スポーツクラブの戦略にまんまとハマります。

そのチラシは自宅から徒歩で10分ほどのところにある、スポーツクラブの広告でした。
この期に及んでも「10分も掛かるのかぁ」と思ってしまう私でも、通い続けることが出来るでしょうか。

スポーツクラブの戦略は巧みです。
2ヵ月分の会費が、無料になるキャンペーンをしていると謳います。
そしてそれには期限があるという。
迷っていないで、ほら、早くと急かされる。
どうしよう。

ひとまずそこのWEBをチェックしてみることに。
するとあなたは運動する必要ないんじゃない? というスタイルのモデルさんたちが、笑顔でトレーニングをしている写真が、多数掲載されている。
当たり前ではありますが、辛そうな顔をしている人は1人もいない。

思わず施設見学申し込みの欄をクリックしそうに。
が、そこで気が付く。
ウエアを用意しなくてはと。
WEBに掲載されているモデルさんたちは皆、運動し易そうで、尚且つお洒落なウエアを着ています。
私はもっていない。
そもそも運動しないから。
まずはウエアを一式揃えなくては。
と、ウエアを売っているネットショップを探し始めました。
割と格好から入るタイプなんです。
ゴルフを始めようとした時も、クラブより先にウエアを買いに行った私です。

で、どうなったかというと、運動用のウエアを買い慣れていない私は、どういう基準で選べばいいかわからず、ネット上で迷子に。
未だウエアを購入出来ていません。
ということで、スポーツクラブの見学もまだ。

キャンペーン期間が終わってしまいそうだというのに、すでにモチベーションは下降中。
結局入会しなかったという着地点に、近付きつつあります。
これでキャンペーン期間が終わってしまったら、一巻の終わり。
来年のお正月まで、なにもしないことになるでしょう。
そしてこれを繰り返すことに。
いかん、いかん。
と、自分を奮い立たせて、今日もウエア探しをしています。

ブログ内検索

  • アーカイブ


  • Copyright© 2011-2023 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.

    error: Content is protected !!
    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.