その質問

  • 2017年05月18日

ばったりと昔の知り合いに出くわし、ちょっとお茶をすることに。
仮にA男としましょう。
昔話や近況を語っているうちは良かったのですが、突然A男が言い出した。
「年収はいくらなの?」と。
はぁ?
「少ないんですよぉ」と笑顔でかわすも、「いいじゃないのよ。教えてよ」としつこい。
「なに言ってるんですか」「いくら?」「教えません」「なんで?」
と、食らいついてくる。
私が口を閉ざすと、「〇ぐらい?」と一桁の数字を出して探りを入れてくる。

こういう人、初めてじゃない。
そしてこのように年収をやたら聞いてくるのは、決まって男性。
聞いてどうするのだ?
女性からこんな質問を受けたことはありません。
女性は身に着けているものや会話から推し量っているかもしれませんが、それを口にはしない。

別の席で私が語っているとしましょう。
ある人がこうして、ああして、こうなったのよ・・・と話す。
女性の場合はふんふんと聞く。
そしてその話にコメントしたり、似たような経験談を披露したりする。
ところが男性の場合は「それは誰ですか?」と聞いてくる。
「僕の知ってる人ですか?」と。
名前を出したら差し障りがあるので、私は敢えて「ある人が」として話をしている。
女性の場合はそれを察して、「ある人」を受け入れてくれる。
ところが男性は、その「ある人」は誰なのかを知ろうとする。
聞いてどうするのだ?

不思議ですね。
この男女の違い。

それで年収を喋ったのかって?
とんでもない。
「△ぐらい? それとも□ぐらい?」と一桁の数字を出し続けるA男にうんざりした私は、腕時計に目を落とし「もうこんな時間」とわざとらしく驚いて、早く帰らなくてはいけないという演技を実行。
A男をその店に残して一人立ち去りました。


Copyright© 2011-2017 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.