胡椒

  • 2022年03月31日

珍しくレシピ通りに料理を作ってみることに。
料理といっても大層なものではなく、豚しゃぶサラダに掛けるタレです。
味噌と砂糖と醤油とごま油と・・・書かれている通りの分量を小皿に入れていきます。
レシピの最後に胡椒と書いてあるのを見つけて、ニヤリ。
私は胡椒を使えるんだもんねと、喜んで小皿に胡椒を振り入れました。

実は長年胡椒をもっていたにも関わらず、使っていませんでした。
何年も前に胡椒を購入。
蓋を捻って開けようとしましたが、固くて開かない。
キャップに輪ゴムを掛けて捻ってもダメ。
全身全霊で「んぎゃあ」と叫びながら捻ったら、開きました。
が、内蓋も取れちゃった。
外の蓋の中に内蓋が嵌り込んでいる状態で、ほじくり出そうとしましたが、びくともしない。
こんなことになってしまったので、胡椒を使う時には、昔の耳かきのような細長いスプーンを瓶に差し込み、ほんのちょっとを取り出していました。
これは物凄くメンドー。
やがて「胡椒っている?」との疑問が。

塩とセットで料理に入れることが、多いのではないかと思うのですが、胡椒を入れずに塩だけにしてみたら・・・それまでの味と変わった感じはしない。

こうなると胡椒の出番は減っていき、やがてゼロに。
調味料置き場にはあるものの、その存在をすっかり忘れるようになっていました。

そんな私が先日、大型スーパーで甘栗を探していた時のことです。
調味料売り場に迷い込みました。
そしてそこに並ぶ調味料の多さに、びっくりしました。
通路の両側にずらっと調味料が並んでいます。
その中でも特に胡椒の種類の多さが目立ちます。
各社がこれだけ胡椒胡椒胡椒というからには、胡椒は料理の中の重要な要素なのかもしれない・・・と、今更思いました。

そこで1つ購入。
が、あまりに長い期間、胡椒なしの生活をしてきたので、つい入れるのを忘れがち。
そんな折も折、珍しくレシピ通りにタレを作ろうとした私が、そこに胡椒の文字を見つけたのですから、ニヤリとした訳です。

ちょっと嬉しくなって小皿に胡椒を入れます。
嬉し過ぎて、入れ過ぎたかもと思うぐらい振り入れました。
そして食べたみたら・・・美味しかった。
これに気を良くして、塩を使う時に一緒に胡椒も入れる習慣がつくように。
胡椒を入れると味がはっきりするような・・・そんな気になっているだけかもしれませんが。
まぁ、気持ちって大事ですからね。

ベランダを

  • 2022年03月28日

現在住んでいる部屋にはベランダがあります。
そこそこの広さです。
そこでなにする?
と、考えた時に浮かんだのが「そうだ、野菜を育ててみたらいいんじゃない?」とのアイデアでした。

昔住んでいた部屋にはベランダがありませんでした。
間取り図にはベランダと書かれていた場所が、あるにはありましたが、そこにはエアコンの室外機があり、それだけでもういっぱいの状態でした。
そんな部屋に住んでいた私が、何故か突然野菜を作りたいと思ってしまいました。
ベランダがそんな状態でしたから、育てるのは室内です。
窓越しの陽でも、いけるんちゃう? と考える私の浅はかさよ。

ミニトマトとバジルの種を買い、鉢やら土やら栄養剤やらを買って育ててみました。
ミニトマトの実がなった時には、テンションがマックス。
バジルの芽が出た時も嬉しかったです。
もいだばかりのミニトマトとバジルを使ってパスタを作り、自己満足に浸りました。

が、それは数回だけ。
ミニトマトはつるばかりがどんどん伸びて、実を作らなくなりました。
バジルは葉の色がどんどん薄くなり、明らかに元気がなさそうに。
こうなると私の野菜作りへの情熱はだだ下がり。
バジルを使った料理を、パスタ以外では思い付かないという私の料理力の低さも、情熱が下がっていく要因に。
結局、数回ミニトマトとバジルを使った、パスタを食べただけで放置。
枯れるに任せて捨てました。

こんな経験をした癖に、今、またムクムクと栽培欲が大きくなっている私。
毎日燦々と陽が射すベランダを目にし、なにもしないのは勿体ないと思うのです。

折も折土を触るのが今一つ好きになれなかった私が、水耕栽培という単語と出合いました。
これかもしれない。

まずはざっくり勉強しようとネット検索。
するとベランダのような外でも育てられるようなのですが、室内でも楽しめるグッズが色々と出てきます。
室内で育てるために、プランターの上部にLEDライトが付いていて、成長を早めるようなものや、水遣りや栄養剤を自動でやってくれるものなど。
水遣りや栄養剤をやるタイミングは、素人にはわかり難いですからね。
自動でやってくれるというのは有り難い。

そうやって色々見ていたら・・・はっとしました。
違う。
私はベランダを有効活用したいのだったと、出発点を思い出す。
室内で使うグッズを調べ出してどうする。
また間違った買い物をするところでした。
狭い室内に栽培用のグッズを置いて、更に狭くしちゃいかん。

私はこんな風に色々調べているうちに、元々なにがしたかったかということを、忘れてしまいがち。
そして買ってしまい、後悔するというパターンが多いのです。
今回は珍しく衝動買いする前に気付けて良かったです。

ベランダを有効活用するという方法は、もう少し時間を掛けて考えようと思います。

花粉症

  • 2022年03月24日

大分過ごし易くなってきましたね。
いい季節です。
でも花粉症の人にとっては大変な季節。
あなたは大丈夫ですか?

私は3月に入ると、軽い咳が出るようになります。
軽度の花粉症なのです。
身体が入ってきた花粉を出したいのか、軽い咳の症状が現れます。
そして同時期から軽い頭痛が続くように。
持病の慢性副鼻腔炎は悪化します。

そこで1日2回使用している家庭用の吸入器を、3回に増やします。
すると咳は治まり頭痛はしなくなります。
慢性副鼻腔炎も小康状態に。
万事解決。

とはいかない。
面倒臭がりの私には吸入器の取り扱いが大変。
生理食塩水をセットするのは比較的簡単。
5分間、喉と鼻にミストを送り続けている間、じっとしているのも、そこそこ気持ちがいいので耐えられる。
が、これを片付けるのが面倒くさくてうんざりするのです。
毎回分解して部品を洗浄しなくてはいけない。
大きめのボウルに水を張り、そこに部品らを入れて洗剤を投入。
しばらく付け置く。
それから水洗いを開始。
部品一つひとつを流水で洗う。
これが終わると拭く作業が。
水分が残っていると、菌が発生してしまう危険性があります。
菌がある状態で使用すれば、喉と鼻の奥にその菌をミストに載せて送ってしまうことに。
そうならないようにペーパータオルで一生懸命拭く。
この一連の作業が毎日3回。
とてもじゃないが修行僧のような心境にならないと、続けられない。

面倒になって1回パス、なんて日もある。
するとたちまち咳が出始め、頭痛に襲われてしまう。
もうこの宿命からは逃れられないのだと諦めて、吸入器を使う。
この繰り返し。

ところが。
先日プロの方にメイクして頂く機会がありました。
その方は女性でした。
メイクさんが言います。「肌、綺麗ですよねぇ。どんなことを、されているんですか?」と。
私は答えます。「いやいや。なんにも」
この問答は社交辞令の一環として行われる、レクリエーションのようなものだと理解していたのですが・・・「そんな訳ないでしょう。なにかしてますよね。絶対ですよ。教えてくださいよ。秘密なんですか?」とゴリゴリ押してくる。

なにか答えないと許して貰えない雰囲気。
しょうがないので私は言いました。
「しいてあげるなら吸入器を毎日使っていて、喉と鼻を潤しているんですけど、その吸入器の構造上、顔の中心付近一帯に生理食塩水のミストが掛かるので、それが肌に影響を与えているのかなぁ」と。
「それ、どこの吸入器ですか?」と聞かれたので、私はメーカー名を答えました。
するとメイクさんは自分の手の甲に、ボールペンでそのメーカー名を書き付けました。
彼女が本気だと知った瞬間でした。

実際に肌にいい影響を与えているかどうかは、わかりません。
ただいい影響を与えているのだと、自分に暗示を掛けてみるのは、いい手かもしれないと思いました。
そうすれば面倒だと思う気持ちが、少しは減ってくれるかもしれないから。

副反応が

  • 2022年03月21日

3回目のワクチン接種の副反応は色々ありました。
高熱、頭痛、腹痛などなど。
その中でも特に辛かったのは腰痛でした。

普段腰のことを意識して暮らしてはいません。
どちらかというと存在感の薄い部位といった感じ。
それが風邪を引いた途端、腰痛に襲われて、その自己主張に苦悶することに。
そして腰という字が、身体の要と書く理由を思い知る。

今回は風邪の時の10倍ほどの腰痛だったので、いつもの10倍思い知りました。

腰痛の時は寝ていてもしんどいですし、部屋の中をうろつくだけでも大変。
トイレに行くのに、途中で一旦休憩を取ったほどでした。
こうした痛みも日が経つにつれて薄れていき、今ではなくなりました。

友人のA子は20代の頃から、腰痛に悩まされているそうです。
腰回りの筋肉を鍛えようと運動をしたり、歩いたり、姿勢を意識したり・・・様々なことにトライしてきたようですが、残念ながら未だ改善されていないらしい。
勿論、寝具探しもしてきたそうです。
あっちこっちのショールームに行き、横になってみたといいます。
ですが、未だに腰痛を改善してくれるほどのものは、見つけられていないんだとか。

以前、A子と温泉旅行に行った時のこと。
高級旅館の布団はふっかふか。
秒で眠りに落ちた私。
一方のA子は悶絶級のひと夜を過ごしていたらしい。
「あ~、よく寝たー」と起き上がった私は、ふと隣のA子を見て悲鳴を上げそうに。
目は充血し、目の下にはクマが。
人相がすっかり変わっていました。
「どうしたの?」と聞くと、どんなポーズを取っても腰が痛くて、一睡も出来なかったと答えました。
「あなたは気持ち良さそうに寝ていたわね。暇だからひと晩中あなたの寝顔を見ていたよ」と恐ろしいことを言う。
「それはそれは」と、なんて言ったらいいか、わからない時に使える便利な言葉で相槌を打って、その場を遣り過ごしました。

帰りの新幹線に乗車するとすぐ、A子は目を閉じました。
シートを倒すと腰に負担が掛かるそうで、直角の状態にしたままで。
眠っているのか、眠ろうとしているのか、声を掛けにくいため確認出来ず。
眉間に深い皺を刻んで、なにかを耐えるように目を閉じているA子の様子は、痛々しいものでした。

A子のようにならないよう腰を大事にしなくては。
どうやったら大事に出来るのかは、わからないのですが。

ブログ内検索

  • アーカイブ


  • Copyright© 2011-2022 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.

    error: Content is protected !!