忘年会

  • 2018年11月08日

忘年会の幹事からクレームが。
私だけLINEをしていないため、連絡がメンドーだという。
他の参加者とはあっという間にいろんなことを決められるのに、私とだけはメールで遣り取りをしなくてはいけない上に、返信が遅いとのこと。
申し訳ない。

去年の別の幹事からも同じことを言われました。
が、聞き流す。
いつまで聞き流せていられるのか・・・。

私は常時誰かと繋がっていたいと思わないのです。
用事がある時だけドアをノックして「今、いい?」と接触するぐらいの距離感が、私には丁度いい。
人が嫌いな訳じゃないし、人付き合いが苦手ということでもない。
自分の時間をしっかり確保して、友人との時間も大切にする。
だけど常時べったりというのは無理。
ただそれだけのことなのです。

また感じたことをすぐに言葉にするという習慣もない。
つまりTwitterもしていない。
なにか見つけるとスマホで撮影して、すぐさま呟くという人をよく見かけます。
そういう人を見る度、感じたことをすぐに言葉に変換し、伝える能力があるんだなと感心します。

私はしばらく自分の中で熟成させてからでないと、言葉に変換できません。
自分が感じたことを人に伝えるには時間が必要なのです、私の場合は。
一旦呑み込んでから咀嚼するまでの時間。
そうして時間を掛けてまとまった思いを、コンパクトにするのも苦手。
だから多分Twitterにはこれからも近寄らないと思います。

こんな私はこれからどうしたらいいのでしょう。
友人からメンドーだと言われても聞き流し、なるべく早く返信するからメールにしてと、お願いし続けるしかないのでしょうかね。
友よ、スマン。

結局今年の忘年会はもう決まったのかという点ですが、日時と場所が決まったとのメールが入りました。
「決めるの早くない?」と私なんかは思うのですが、準備万端に整えるのが好きな性格の子が幹事になると、このような次第となります。
更に平成最後の年忘れの会となるので、総括するべく、各自にそれぞれの30年間を語って貰うつもりだから、心積もりをしておくようにといったこともメールに書かれていて、思わず固まってしまいました。
30年間・・・語り尽くせませんって。


Copyright© 2011-2018 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.