雨が

  • 2019年07月08日

今年はいつもより雨が多い気がします。
豪雨で被害に遭われた方たちに、お見舞い申し上げます。

肌に纏わりつくような湿気の不快感が例年より大きい。
髪の毛もいつもの年のこの時期より、広がってしまう気がする。
なんだかなぁと思いながら毎日を過ごし、はたと気が付く。
クローゼットの中の湿度が異常に上がっているのではなかろうかと。
急いで中に設置しておいた除湿剤をチェック。
容器いっぱいに水が溜まっている。
いつから容器に水が溜まっていて、その効果を発揮できない状態になっていたのかがわからない。
慌てて新しいものと交換。
またタイミングを外してしまったぜと反省。
皆さんはスケジュール帳などに記しているのでしょうか。
そして梅雨の前に新しい除湿剤をクローゼットに置いて、準備を整えているのでしょうか。
ぼんやりの私はそこまで頭が働きません。

以前住んでいた部屋には小さなクローゼットが1つ。
季節によって仕舞ったり出したりといったことは面倒なので、1年間分の服をそこに収納していました。
季節が変わったら、ハンガーの位置を右から左へと変えるだけ。

ある日、そろそろあのスエードのスカートを着てもいい時期ねと思い、クローゼットの左端に掛けていたハンガーを取り出すと・・・ダークグリーンの無地だったはずのスカートに模様が。
よくよく見てみるとカビでした。
その時に感じた驚きと、哀しさと後悔は、筆舌に尽くし難い。
一応除湿剤は1つ投入していたんですが、いつから容器に水が溜まっていて、その効果を発揮できない状態になっていたのかは不明。
スカートをそっと揺すって見たらカビが落ちる。
これは取れるかもと思い、マスクをした上でベランダで力の限り振ってみました。
するとカビは落ちて元の無地の状態に。
「また着られる」「着てもいいのか?」「着る、フツウ?」などと心は千々に乱れる。

更に衝撃だったのは、スカートが接していたクローゼットの左サイド部分にも、カビが発生していたこと。
すべての服を一旦出しカビを拭き取り、掃除機を掛けた後で除湿剤を3つ設置。
そしてすべての服を点検。
カビを発生させていたのはスエードのスカートだけで、後は無事でした。

この一件でクローゼットの中の湿気は恐ろしいもんだと、胸に刻んだはずなのに・・・学習しない女に幸せは来ない。
来年こそ梅雨の前に「対策はすべて済ませましたわ」と余裕綽々で言える女になりたいと思っています。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.