快適な温度

  • 2019年10月07日

この時期、自宅を快適な室温にするのに苦心します。

朝はまぁまぁいい感じ。
これぐらいで1日が過ぎてくれたらいいなと思う程度の気温。
さて仕事をとパソコンに向かい出すと暑い。
そでこエアコンの冷房ボタンを押す。
やがて足先が冷えて来る。
靴下をはくのですが足先は暖かくならないので、ブーツ型の湯たんぽに足を突っ込む。
しばらくすると暑くなる。
で、ブーツ型の湯たんぽから足を引っこ抜く。
それでもまだ暑いので靴下を脱ぐ。
するとまた足先が冷えて来る。
エアコンを止める。
少しすると暑くなって冷房ボタンを押す。
このループを延々と繰り返しています。
どこが問題なんでしょうか?

エアコンの室温設定を上げたり、下げたりはしてみました。
現在設定している気温を1度上げると、エアコンは運転を自動で止めてしまいますし、下げるとループのスピードがアップするだけ。

皆さんはどうやって調整しているのでしょう。

こうした室温調整が難しい時期のせいかどうかはわかりませんが、私の周囲では風邪を引く人が結構増えています。
5人で集まる食事会が風邪で2人が欠席となり、3人になりました。
年を重ねると体力が落ちるのか、風邪が長引く傾向にあるような気がします。

3人となった食事会で、それぞれの風邪対策が披露されました。
A子はちょっと身体がだるいなと感じると、それを風邪の前段階の合図だと捉えて、半身浴をして汗を掻くようにしているそうです。
B子は映画のDVDを観ながらポテトチップスを食べると言います。
なんじゃそれと当然ツッコミました。
以前その方法で引き始めていた風邪が治ったことがあったそうで、以来ちょっと熱っぽいなとか、咳が出て来たななんて時には、これをするんだとか。
「そんなんで、治るんかい?」と聞いたら、「不思議なんだけど風邪を撃退できるのよ」と答えてニヤリとしました。
鰯の頭も信心からですね。

小説「たそがれダンサーズ」の電子書籍の配信が始まりました。
電子書籍派の方はこちらもご検討ください。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.