残念なホテル

  • 2019年11月28日

以前は打ち合わせや取材などを、仕事場で行っていました。
が、部屋がすっかり散らかってしまい、とても人様をお迎え出来る状態ではなくなってしまいました。
だったらそれを機会に片付けたらいいじゃないのさ、と思うのですが、それはちとメンドー。

ということで、近くにあるホテルのラウンジで、お願いするようになりました。
仕事場から徒歩で30秒ほどの距離にあるホテルのラウンジは、もう私の応接室として捉えてしまっていいんじゃないかと。

席を予約するには「〇〇円以上のご注文が必要です」といったホテルのラウンジが結構多くて、食べたくもないアフタヌーンティーセットなどを、頼むはめになったりしがちですが、このホテルは無料でリザーブが出来る。
素晴らしいじゃないですか。

でも世の中、そんなになにもかもが素晴らしいものなんて、そうはないのです。
このラウンジにも残念な点が。

それはなにかというと・・・ライト。
1対1で向き合っている時には問題ない。
ところが3人とか4人になると、人と人が対角線上に座ることになりますね。
1つのテーブルであればいいのですが、ここは何故か中央に背の高いライトを置いて、このライトを挟む込むようにして、左右にテーブルを置いている。
わかり難いですか?
1対1で向き合う小さめのテーブルがありまして、その横にライトが設置してあるんです。
このライト床に置かれていて、1メートルぐらいの高さ。
で、そのライトの隣に、同じサイズの小さめの1対1で向き合うテーブルが置いてある。

このホテルのホームページを見てみると、誰もいないラウンジの各テーブルには中央にお洒落なライトが1つずつ設置されていて、それが座席を少し上から照らす様子は素敵な感じ。

ところが。
ここに実際座って対角線上の人に目を向けると、ライトの脚が邪魔をする。
だから「えっとですね、あ、顔が」と言いながら首をちょいと傾けて、ライトの脚から顔を出すようにして、対角線上の人の顔を見るようにしなくてはならない。
対角線上に座った場合、視線の中央にライトの脚が入って来て、邪魔をするんです。

ここにこのライトを置くと決めたヤツ、出て来いや。
それで、ここに座ってみろや。
と、言いたい。

ホテルのラウンジで対角線上に座った相手の顔を見るために、首を曲げなくてはいけないようなライトを置くな。
仮にインテリアデザイナーだか、スタイリストだかが、なにも考えずにこのライトを決めたとしても、ホテルのスタッフたちもあっちこっちのテーブルで、客が首を曲げているのを毎日見ているんだから、気付けよ。
マズいと感じろ。

だったらそうお前がホテルに言ったらどうなんだって話ですが、席の電話予約をする場合、先方がしてくださることがほとんどなため、事前にそう言うチャンスがない。
それで利用した後で言おうといつも思うのですが、他のお客さんが待っていたり、スタッフたちが忙しそうにしていたりで、今度にしようということになってしまう。
そうして何年も経ってしまいました。

気付くことが出来ないホテルは、客が離れてしまいます。
ホテルが販売しているのは、空間やサービスなどの形のないもの。
満足して貰えたかどうかがわかりにくい。
だから客がどう感じているかに敏感にならないと。

文庫「総選挙ホテル」の舞台であるホテルは傾きかけています。
気付くことが出来なかったんです。

仕事場から30秒の距離にあるホテルには、ずっと存在していて欲しい。
だから客の思いに敏感であって欲しいのですが。

計画と実行

  • 2019年11月25日

11月もあとちょっとで終わり。
そしてなにかと慌ただしい師走に突入。
部屋を見回してみれば散らかり放題で、年々空白のスペースが狭くなっていっている。
何故私はこのような取っ散らかった状態になってしまうのか。
どうも私には放置してしまう癖がある模様。
昨夜、ほうれん草にゴマでも掛けようかと冷蔵庫から取り出して、ふと賞味期限を見てみたら・・・6年前の日付が。
これも放置してしまう癖ということにして、OKでしょうか?

こんな私でも一応目標は立てるのです。
「今年は1週間に1度、お片付けの日を設けて15分間部屋の整理をする」と計画を立てました。
それはやがて10日に1度、30分に変更され、1ヵ月に1回へと修正し、うやむやの内に11月になって呆然とする・・・この繰り返し。

先日、実家で私の子ども時代のノートを捲りました。
小学生の頃のものです。
様々なノートに書き散らかしていました。
小説らしきものや、脚本らしきものもありました。
脚本らしきものは何故か役名がメアリーとスザンヌになっていて、日本の設定じゃないのかよと、幼かった己にツッコミました。
なんの影響を受けていたのでしょう。

そして日記帳もたくさんありました。
どの日記帳にも1月1日のページには、毎日書くとの宣言が。
ところが2月まで続かない。
どれも1月の下旬ぐらいにぷつりと終わっている。

目標を立てるもののその通りには出来ず放置する癖に、翌年になるとまた同じ目標を立てる・・・そんな子どもは、大人になっても同じなんですね。

こんな私ですが、小説の執筆だけは完成させるまで頑張れる。
ゴールテープを切るまで続けられるのは、執筆だけかもしれません。
今年も単行本「オーディションから逃げられない」「たそがれダンサーズ」の2冊と、文庫「総選挙ホテル」を刊行することが出来ました。
支えてくださる方たちのお蔭です。
有り難うございます。

我が子が飽きっぽくて困ると嘆く親の皆さま。
成長していく中で夢中になれて続けられるというものを、きっと1つは見つけられるから。
だから心配しないで。
見つける時期は人によって違います。
これを私が見つけたのは30代の時。
いつ見つかるのかはわからない。
他の人よりずっと遅いかも。
でも必ずありますから。
だから安心してください。
大人の皆さんの中にも、私はまだ見つけていないという方がいらっしゃるかも。
大丈夫。
いくつになっても見つける可能性はありますから。
見つける時期はいつだっていいんですから。

本当に? と疑った方は、是非「オーディションから逃げられない」「たそがれダンサーズ」「総選挙ホテル」を読んでみてください。
どれも人生って悪くないと思える小説です。

文庫「総選挙ホテル」は本日発売開始です

  • 2019年11月21日

小説「総選挙ホテル」の文庫版が、本日から店頭に並び始めます。
是非本を手に取ってみてください。

カバーのデザインは単行本の時とは違っています。
同じイラストではあるのですが、単行本と文庫ではそのサイズに違いがあるため、人物が減りレイアウトも変わりました。
爽やかで上品な仕上がりになっていると私は思うのですが、いかがでしょうか。

カバーに様々な人が描かれているのは、この小説の中に様々な人が登場するから。
社長、支配人、フロント、宴会、清掃・・・ホテルには多くの仕事があって、業務を分担してサービスを提供しています。

物語の中のホテルでは売り上げが落ちていて、それを食い止めるために様々なことが検討され、実施されてきました。
スタッフたちは数え切れないほどの会議をしてきたのです。
何度会議を重ねてもそこで出た結果が、ホテルを正しい方向へ進ませてくれるとは限らない。
これ、会議の不思議の一つですね。
いち社員がもっているアイデアが起死回生のナイスなものであっても、何度も会議を経ていくうちに、どこかでストップしてしまう。
そして結局出された結果は、なにそれ? といったものだったりする。

サッカー日本代表の新しいユニフォームをご覧になりましたか?
ブルーなのはこれまで通りなのですが迷彩柄なんです。
初めて見た時に感じたのは「よく、それが会議で通ったな」といったもの。
決定までの間に恐らく何度も会議が行われたはず。
その中で誰も「それはなくない?」と言わなかったのか、言ったけれどなんらかの力学によって、口にすることが出来ない状況だったのでしょうか?
そもそもユニフォームを数年に1度モデルチェンジする意味は?
ユニフォームのレプリカを買わせたいとの、商魂からの発想なのでしょうか。
選手たちのパフォーマンスをサポートするために、ユニフォームの素材や縫製の開発が行われて、最先端のものにするため・・・というなら受け入れましょう。
でもデザインを変える必要ってありますかね。
サポーターはその度に、新しいものを買わざるを得なくなってしまう。
ボールを蹴る訳じゃないので、こっちは最先端の素材でなくても構わない。
だから見た目のデザインは同じものにしていただきたい。
そうすれば5年前に買ったものでも、堂々とスタジアムに着て行ける。

この「よく、それが会議で通ったな」と呟く機会は結構あって、最近では山手線の新駅の名が「高輪ゲートウェイ」だと知った時に、そう思いました。
昭和の人間のせいでしょうか?
「鶯谷」とか「日暮里」とかの駅名の方が、美しいと感じてしまいます。
鶯が鳴く谷とか、日が暮れる里の方が、趣きがあっていいように思うのです。

小学生の頃に一人で電車に乗っていたら、アナウンスが次の駅が「たまプラーザ」だと言うのを耳にした時、「それはないだろう」と心の中で突っ込んだ記憶があります。
その時は子どもだったので、大人って不思議といった感想だったのですが、現在は「よく、それが会議で通ったな」に変わりました。

会議の不思議、大人の不思議・・・。
働いていると、こんな不思議にしょっちゅう直面しますよね。
「総選挙ホテル」でも社長がとんでもないことを言い出します。
スタッフたちは不思議がっている暇もなく、右往左往します。
混乱の中からなにが生まれていくのか・・・「総選挙ホテル」を読んでみてください。

小説「総選挙ホテル」の文庫版の発売

  • 2019年11月18日

小説「総選挙ホテル」の文庫版が、11月21日に発売になります。
電子書籍版も同日配信開始です。

傾きかけたホテル。
これまで様々なことに挑戦してきたものの、売り上げの減少を食い止められずにきました。
そこにやってきた門外漢の社長。
彼のアイデアは人事シャッフル。
さて、どうなりますか。
物語をお楽しみください。

昔、OLをしていた頃のこと。
会社では何度も組織変更が行われました。
1年に2回あった年も。
私の場合は職務は変わらなかったのですが、どこの部署に入れて貰えるのかが毎度違う。
だからしょっちゅう部署名が変わり、上司が変わり、名刺が変わる。

取引先の人に「名刺がまた新しくなったんですけど、渡しましたっけ?」と毎回尋ねる。
「20枚集めたらティッシュと交換ね」などとギャグを飛ばして、馬鹿馬鹿しさを笑いにするしかありませんでした。

何故このように頻繁に組織変更が必要だったのか。
売り上げが落ちていたからです。
絶好調であれば組織を変える必要はないので、現状をなんとかしなくてはと考える経営者が、手っ取り早く出来るのが組織変更だったんじゃないでしょうか。

この時に感じたのは「上は現場を知らない」ということでした。
この人はこういう仕事じゃなくて、こんな風な仕事の方がいいんじゃないの? と思う社員はたくさんいました。
でも上は、その人がもっている能力や個性をちゃんと把握せずに、年齢や性別のものさしだけで配置してしまう。
だから組織をなんど再編成しても会社は変わらない。
一度でいいから現場の社員に「この人事ってどう思う?」と聞いてくれたら・・・と思っていました。
毎日一緒に仕事をしている同僚だからこそ、それぞれの能力やポテンシャルに沿った人事配置が、出来るのではないかと考えていたからです。

こんな経験があったからでしょうか。
「総選挙ホテル」のプロットを考えていた時に、現場の人たちに人事権を渡してしまうといったアイデアが、自然と浮かびました。

そうなんです。
「総選挙ホテル」ではスタッフの配置を、スタッフ自らの投票で決めるのです。
さてさて、どうなりますか。
興味をもたれた方は本を手にお取りくださいませ。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.