調理実習

  • 2021年03月01日

中学・高校の調理実習がコロナの影響で、すっかり様変わりしているそうです。
私語は禁止。
皆で分担していくつかのメニューを作るのではなく、生徒一人ひとりが、1つのメニューに挑戦するスタイルになっているんだとか。
複数で使い回さないようにするために、調理器具は生徒ごとに用意されているらしい。
この話を聞いて、なんだか可哀想だと思いました。

「なにそれー」「洗い物はジャンケンだよ」「油、跳ねるの怖いしー」「ねぇ、切るの、遅くない?」・・・などとわいわい騒ぎながらするのが、調理実習の楽しいところだったのに。
そうしたことが許されず、黙々と一人で決められた料理を作るなんて。
楽しいどころか、寂しい感じさえしてしまいます。

あれは確か高校生の頃。
調理実習をするため調理室に移動しました。
教壇に立った家庭科の先生が話し始めます。
「今日はビーフシチューを作る予定でしたが、値段が上がっていて、予算をオーバーしてしまうため豚肉を使います」
そう先生が言った途端、教室の空気が変わりました。
ざわめきが起こり、それはどんどん大きくなっていきます。
「それって詐欺じゃん」「先週の授業で言っておくべきじゃない?」「酷いよね」
なんて言葉が生徒たちから発せられます。

それまで自分が通う学校を、のどかな女子高だと思っていたのですが、その時は明らかに様子が違っていました。
暴動が起こるんじゃないのか?
本気でそんなことを考えるほど、生徒たちの怒りが熱をもっていく。

こうした異様な空気を察したベテラン教師は「皆さんがそんなにビーフシチューを楽しみにしていたとは思わなかったわ」と呟いた後で、「ごめんなさいね」と謝っていました。

私もそこまで皆が牛肉にこだわるのが意外でした。
我が家では安い牛肉しか食べていなかったせいか、豚肉の方が柔らかくて、美味しいぐらいに思っていたので、暴動が起こりそうになるほどの、重大な変更事だとは受け止めていませんでした。

結局暴動は起こらず、生徒たちはポークシチューを皆で作って食べました。
それからは調理実習の前に配られるプリントの材料欄に「予定」という文字が、加わるようになっていましたっけ。
先生も暴動は起こさせたくはなかったのでしょう。

この一件は例外ですが、調理実習は概ね楽しい授業でした。
従来の皆でワイワイ言いながらの調理実習が再開できる日が、一刻も早くきますように。

自動線審

  • 2021年02月25日

全豪テニスで大坂なおみ選手が優勝しましたね。
素晴らしい戦いぶりでした。

この大会はコロナ過での開催のため、選手の隔離方法が話題になりました。
もう1つ話題になっていたのが、人間の線審を止めて自動線審にしたこと。

スポーツの試合を観ていると・・・なんか審判って格好いいですよね。
インなのか、アウトなのか、ストライクなのか、ボールなのか、オフサイドなのか、セーフなのかをジャッジするのは審判たち。
皆が固唾を呑む中ぴっと手で指し示したり、旗を上げたりして判定を下す。
その姿は凛々しい。
スポーツ選手に憧れる子どもの数と、同じくらいの子どもたちが審判に憧れても、不思議じゃないくらい。

しかしながら審判も完璧とはいかない。
時に間違う。
後に世紀の大誤審などと呼ばれるような、ミスジャッジもある。
そこで昨今はテクノロジーで補うように。
ただどうテクノロジーを取り入れていくかが難しい。

バレーボールやテニスでは、人間の審判が下した判定に不服があった場合には、ビデオ判定を要求出来るようになっています。
1試合に何回までと回数の制限はあるものの、こうした方法は、人間とテクノロジーを上手く合体させたものだと思っていました。

それが今回の全豪テニスでは、密を避けるための処置として、人間の線審を1人も置かず、カメラを使ってテクノロジーによってジャッジが行われました。

選手たちは皆大賛成したのかと思いきや、不満を口にする選手もいたというのが、とても意外でした。
機械だって誤動作やミスをするから信頼出来ない・・・と考える選手もいたようです。
まぁね。
機械だってミスはしますよね。
でもそんなことを言っていると、なんのジャッジだったら完璧で、信頼出来るのかってことになっちゃう。

テクノロジーの精度を上げていって、誤動作やミスを極力少なくしていく・・・これしかないように思うのですが。

以前アメリカのメジャーリーグの審判を目指す人の、ドキュメント番組を観たことがあります。
その人たちはストライクなのかアウトなのかの判断が、どれだけ正しかったかといった正答率を出されて、それによって順位付けされていました。
1年間マイナーリーグで審判を行う中で、その正答率の高かった上位数名だけが、メジャーリーグへ進めるのです。
こうしたジャッジの正確性だけでなく、どれだけ試合をコントロール出来ていたかといったことも、評価の対象になっていました。
審判の判定に文句を言う選手。
大騒ぎをして悪ふざけが過ぎる選手。
こうした選手に時に注意をし、時にシカトし、時に怒っているフリをし、試合をコントロールし、正常に進めていく力量が求められるのです。
これには威厳が必要。
選手たちから尊敬されていなくてはいけません。

あぁ、大変だなぁと、その番組を観ながら思いました。
同時にやっぱり審判って格好いいなと、憧れの気持ちを抱きました。

どれだけ正確にジャッジ出来ても、自動線審を格好いいなぁと思う日は来ないでしょう。
試合をコントロール出来るのは人間の審判です。
素晴らしい審判によって、選手たちが最高のパフォーマンスを披露出来る・・・そんな試合を生で観られる日が、1日でも早くきますように。

体型の差

  • 2021年02月22日

セールで白いプリーツスカートを買いました。
ネットショップから3日後に品物が到着。
タグを外す前に試着をします。

鏡の前で「うーん」と唸る。
ネットショップで見ていた感じと、ちと違う。
下半身デブなためお腹周りでプリーツが広がってしまい、太って見える気がする。

購入した品が掲載されていたページにアクセスしてみると・・・外国人のモデルさんはすっきりとした着こなし。
お腹がぺったんこのモデルさんは、プリーツスカートを難なく穿きこなしています。

昔より服のネットショップには、たくさんの写真が用意されています。
様々な角度で撮った画像や細部のアップの画像、コーディネートした画像などです。
こうしたものを見ることで、思っていたのと違うといったケースは少なくなりつつあります。

ネットショップ側だけでなく、こっちも学習しています。
モデルさんが着用しているスカート丈が膝が隠れる程度であれば、自分が穿けばミモレ丈かもしれないと考えて、着丈の長さをチェックするようになり、失敗を回避するように。

説明書きも大事な情報です。
「ハリのある素材が」「光沢感が上品な」「とろみ素材が」・・・といった言葉から、触ることが出来ない素材の風合いを想像し、買うかどうかを決めます。

このようにネットショップ側の努力、そして買う側の注意力は確実にアップしています。
が、「ちょっと違う」といったことが少なくはなっても、ゼロにはならない。
モデルさんと自分の体型には差があるから。

これを埋めるために、店舗スタッフが着用した写真を、掲載してくれているネットショップもあります。
これ、結構助かります。
自分と同じくらいの身長のスタッフが、着用している画像はわかり易い。

が、残念ながらスタッフと私の体型は違う。
そしてここが着こなしの分かれ目だったりする。
と、あーだこーだ言ってきましたが、結局、白いプリーツスカートは返品せず、着ることにしました。
プリーツだろうが、なんだろうが、下半身デブの下半身は目立つのだ、それがどうしたと開き直ることにしたのです。

先日、20代の女性とファッションの話になりました。
「どういうところからファッションの情報を得ているの?」と聞くと、「自分の好みに近い人のインスタを見たりして、こういうのいいなと思って、ネットで買ったりします」と回答。
「雑誌じゃないんだ?」と私が驚くと、「雑誌じゃあないですね」とその女性は言いました。

雑誌はスタイルのいいモデルさんがポーズを決めていて、別世界の感じがするけれど、お洒落が好きだというフツーの人の着こなしを見ると「私も」という感覚になるんだとか。
こんな風に買う時だけでなく、参考にするのも、身近な一般の人の方がいいのかもしれませんね。

私も参考にしたい人を見つけてみようかと、インスタの検索を始めました。

敏感肌で

  • 2021年02月18日

肌が弱いため、化粧品選びには慎重になります。
世の中には敏感肌用と謳う商品が物凄くあり、どれを選べばいいのか悩みます。
メーカーの公式サイトには、素晴らしい品だとアピールする言葉が並んでいます。
しかしそれが自分に合うかどうかはわからない。

トライアルセット的なものが、用意されている場合もあります。
旅行に持って行くのに、ちょうどいいぐらいのミニサイズで、比較的リーズナブルな価格のものです。

が、私が今欲しいのはハイライト。
こういう類のものには、残念ながらトライアルセットは用意されていない。

使用中のハイライトは敏感肌用ではあるのですが、クレンジング剤で落とさなくてはいけないもの。
日焼け止めと下地の効果があるクリームと、フェイスパウダーを使っているのですが、これらはクレンジング剤が不要で、洗顔料だけで落とせます。
なのに、ハイライトのためだけにクレンジング剤を使わなくてはいけない。
それはなんとなく惜しい気がする。
ハイライトも洗顔料だけで落とせるものにしたら、クレンジング剤を使わずに済むのです。

何故こうまでクレンジング剤を使いたくないかといえば、これは肌への刺激が強いらしいのです。
誰がいつから言い出したのかはわかりませんが、気が付いたら敏感肌界では、クレンジング剤を敵とみなすようになっていたのです。

ということで、遅ればせながら私も、クレンジング剤を使わずに済ませられるメイクを目指そうと考えました。

こういう時は動画検索。
検索窓に商品名を入力したところ、それを実際に使用している人の動画を発見。
私が迷っている2つのメーカーの品を、顔の右半分と左半分で試してくれている模様。
食い入るように見つめたところ・・・ほとんど仕上がりに差がない。
A社の方がキラキラ感が強く、B社の方がキラキラ感が弱いと、その動画の中の女性は言っていますが、見た感じは同じ。
動画を見る前より、却って悩みが深くなってしまいました。

仕上がりがほとんど一緒であるならば、値段で比べるしかない。
300円安い方を選択。
キラキラ感が少ないと言われていたB社の方でした。

実際に使ってみると・・・確かにキラキラ感は少ない。
でも私にはちょうどいいぐらいでした。
1日使用しても痒みが出でこなかったので、私の肌との相性は大丈夫そうです。

これによってクレンジング剤を使わずに、済ませることが出来ました。
肌には多分いいのでしょう。
それは勿論なのですが、洗顔に掛かる時間が半分になったのが嬉しい。
結局メンドー臭かったのかよとのツッコミ、あろうかと思います。
はい、その通りです。

ブログ内検索

  • アーカイブ


  • Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.