受験シーズンが

  • 2020年01月23日

受験シーズンですね。
テストの主催者が変わるとか、受験方法が変わるとか、なんだか変化をしている様子。
これから受験をする学生さんたちにとっては、どうなっていくのか気が気じゃないでしょう。

私が受験をしたのは遠い昔。
記憶として残っているのは、私の人生の中であれほど勉強した時期はないというぐらい、必死で受験勉強をしていたこと。
今も昔も受験は大変です。

とはいうものの、子どもの数が減っているという現実を踏まえれば、受験っている? との疑問が。
希望者は全員受け入れるぐらいにして、進級試験で振り落としていくのはどうでしょう。
それは残酷という意見が出そうですね。

受験システム以外でも、大胆な改革が出来る余地があるように思います。
例えば何年生という年齢での括りはやめて、科目別に自由に授業を取っていくというのはどうでしょう。
「俺、数学まだレベル11なんだよね。クリアまであと20もあるんだけど」なんて、科目別にレベルを一つひとつクリアしていく。
授業も年齢別のクラス別ではなく、レベル別に授業。
すべてクリアしたら卒業。
4年でクリアする人もいるでしょうし、1年でクリアする人も、7年かかる人もいるでしょう。
それでいいんじゃないかなと思うのです。
理解出来るまでに掛かる時間は人それぞれで、それを一律に年齢で区切る必要があると考えるのは、教える側の都合のような気がします。
子どもが少ない今なら、こんなことも出来るんじゃないかと思うのですが。

成績次第で授業料が変わるなんてアイデアもありますね。
九十点以上ならその科目の授業料が半額になるとか、五十点以下なら定価のままとか。
頑張れば授業料が安くなる・・・となったら、物凄くやる気になるのでは?

と、荒唐無稽なアイデアばかり並べてしまいましたが、先輩として受験生の皆さんにひと言。
受験の結果が願っていたものではなかったとしても、それで人生が終わってしまった訳ではありません。
だからがっかりせずに、前に一歩足を出してみましょう。
第二希望の学校で楽しい学生生活が待っているかもしれないし、来年にあなたの希望が叶うかもしれない。
いずれにせよ前を向いて歩き出すのが大事です。
私は受験がゴールになってしまい、入学した学校でまったく勉強をしなくなってしまいました。
そしてこんな大人になってしまいましたが、どうか皆さんは受験はスタート地点なのだというのを忘れずに、学ぶことを楽しんでください。

空気清浄機が

  • 2020年01月20日

年末に2台あるエアコンが、同時に壊れるという憂き目に遭う。
寒い。
管理会社に連絡して担当者に見て貰ったところ、修理は出来ず新しいものと交換になるという。
「それはいつ?」と尋ねる声には、切羽詰まっている感が溢れまくり。
結局、交換の工事が入るまでの3週間、管理会社が貸してくれた小さな暖房器具を複数使って凌ぐことに。
ところが。
効率が悪いせいでしょう。
ブレーカーが落ちる。
電化製品使用の取捨選択を迫られる。
そこで迷った末に選んだのは空気清浄機。
ハウスダストとダニのアレルギーがあるため、24時間365日稼働させていた空気清浄機を、泣く泣くオフにする。
すると・・・5、6時間してふと気が付く。
呼吸が楽だと。
あっ。
昨年の私は咳喘息だの上咽頭炎症だのと診断されて、耳鼻咽喉科と呼吸器内科をぐるぐると回ったのですが、その原因がこれだったのかもしれないと気付く。
その空気清浄機はもう10年以上使っているものでした。
お手入れもそれほどマメにしてはいなかったので、むしろ空気を汚していたのかも。

無事にエアコンが新しいものに交換されて、ブレーカーが落ちる心配がなくなったため、新しく空気清浄機を購入。
フィルターをセットしてスイッチをオン。
そして4時間ほど経った頃でした。
息が苦しい。
この呼吸が浅い感じは、空気清浄機を使い続けていた頃の呼吸だと思う。
えっ? どういうこと?
ひとまず空気清浄機のスイッチをオフに。
すると1時間ほどで呼吸が楽になる。

あれ?
古い空気清浄機が原因だったのではなく、そもそも空気清浄機が良くなかったってこと?
そうでしたっけ?
と、ネット検索してみたのですが・・・喘息もちやハウスダストのアレルギーがある人は、空気清浄機を使うべしといったページしか出て来ない。
空気清浄機を使ったら、却って具合が悪くなるといったページは皆無。
私だけ?
それとも息が苦しいと感じたのは気のせい?
どうしたらいいのかわからなくて、部屋の中で一人棒立ちになる。

結局、空気清浄機のプラグはコンセントから抜いたまま。
私はこれからどう生きていったらいいのか・・・答えをもっている人がいたら、教えを請いたい気持ちでいっぱいです。

年賀状のジンクス

  • 2020年01月16日

今年も年賀状を貰いました。
仕事関係の方からも、友人からも。
年賀状にどれくらいの熱があるかというのは、人それぞれ。
毎年凝ったデザインと内容で感心させてくれるものから、既製品を使って無個性で押し通したものまで色々です。

年賀状に使う写真も様々。
子どもやペットが多いです。
たまに自分だけの写真という人も。
こうした場合では、カメラマンに撮って貰ったのかなと思うほど、アートな仕上がりになっている自分の写真を採用する人もいますし、どこか旅行に行った時のスナップを使う人もいます。

そして王道でしょうか。
家族揃っての写真を送ってくれる人もいます。
そうした家族でピースの写真を入れた年賀状を見る度、私は不安になります。
なぜって、そういう年賀状をくれる人の離婚率が高いから。

どういう因果関係があるのか、たまたまなのかはわかりませんが、私が貰う年賀状に限っていえば、家族でピース写真の年賀状を送る人の離婚率は、そうではない年賀状を送る人の離婚率の十倍ぐらい高い。
だから家族でピースの年賀状を受け取ると・・・ここは大丈夫だろうかと心配になるのです。

友人A子の場合は・・・家族全員でのピース写真を使った年賀状を、毎年送ってくれていました。
写真の中の子どもたちは、毎年びっくりするほどの成長をみせていく。
一方で親たちは年を重ねていく姿が写っている。
そしてある年の年賀状。
既製品の年賀状になる。
隅の方に手書きで近況などを書いてくれてはいるものの、それまでとは随分と趣の違う年賀状になっていました。
その翌年の年賀状。
一瞬、誰からのものかわからない。
既製品の年賀状の隅に見慣れた筆跡を見つける。
そこには「離婚しました」と書いてある。
あっ。
送付元の名前が旧姓に戻っていたため、誰からのものかピンとこなかったのでした。

仲良さそうに頬と頬とくっつけ合って、写真の中におさまっていた夫婦の姿を思い出し、人生はなにが起こるかわからんもんだと思います。
同時に家族でピース写真の夫婦の離婚率の高さに、慄くのでした。

ジャストサイズ

  • 2020年01月13日

友人がとても素敵なワンピースを着ていました。
聞けば、裁縫が得意な知人に作って貰ったとか。
サイズがぴったりだったのは、そのせいかと納得。

以前なにかで読んだのですが、シャネルが学生の頃、他の生徒と同じ制服を着ているのに、一人だけとてもお洒落に見えたんだとか。
シスターたちから見ても他の生徒とは違ったようで、なにか違反をしているのだろうと、えげつないほどじっくりとチェックしたそうです。
でもなにもしていない。
ルール違反はなく、シスターたちも渋々引き下がったとか。
シャネルがなにをしていたかというと、自分のサイズに合うようミリ単位で直していた――これだけだったそうです。
つまり自分のサイズに合っているものを身に着ければ、お洒落に見えるってことなんですね。
逆に言うとサイズが合っていなければ、どんなに素敵な服でもお洒落に見えないということでもあります。
この話が本当だったのかはわかりませんが、シャネルの美意識を象徴しているエピソードのように思います。

私はスタイルが悪くて、買った服をそのまま着られることの方が少ない。
ブラウスもジャケットも直します。
手足が短いので、ブラウスの袖丈を7センチ詰めるなんてことも。
デザイナーが聞いたら、泣くんじゃないかというぐらいの直しをします。
そんなに直すぐらいなら既製服を直すのではなく、オーダーしたらいいんじゃないの? とよく言われます。
簡単に言ってくれるな。
どんだけお金が掛かると思ってるんだよと反論してきたのですが・・・最近はオーダーが簡単に、またお手頃の値段になっているんだとか。

スマホで撮影してデータを送ればオーダーシャツを作れたり、一度お店に行く必要はありますが、そこで専用カメラで撮影して採寸をしておけば、二着目からはネットで注文できたりするサービスがあるそうです。
値段も比較的抑え目らしいので、一度挑戦してみようかと考えています。
ただ・・・一度採寸した後には、太ったり痩せたりしないようにしないと、また撮影したり、採寸しに行ったりしなくてはなりませんね。
と、そこまで考えたところですでにメンドー臭くなる。
いやいや、そうじゃなくて、ちょうどいいシバリを貰ったと考えて、せっかくオーダーまでして手に入れた服を着続けるために、太らないよう体重管理に気を配ったらいいじゃないか。
と、私の中のポジティブ天使が囁く。
が、採寸はいいとしても、生地は何百種類の中から、デザインは何十種類の中から、あなたの一着をお作りします――といったことになるかと想像するのですが、たくさんあり過ぎて、自分が欲しいものがどういうものかどんどんわからなくっていって、結局「すみません、あなたが決めてください」となるんじゃないの?
サンドイッチ店のサブウェイで、サンドイッチのオーダーがメンドーで、どうでもよくなり「あなたにお任せします」と店員に言ったんだよ、あなたは。
と、私の中の面倒臭がり悪魔が指摘してくる。

私の中のポジティブ天使は、面倒臭がり悪魔に負けることが多い。
いつの日かこのブログで「重い腰を上げて、服のオーダーに挑戦しました」と報告出来る日がくるといいなぁと思っています。
お洒落な人になる道は遠く、また険しい。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.