マスクが鼻を

  • 2020年07月09日

ないないと右往左往して探しまくったマスク。
ようやくフツーに買えるようになりましたね。

私は肌がとても弱い。
これまで数々のマスクを試してきた結果、これなら顔が痒くならないという一品を見つけました。
が、これは現在でも手に入りません。
製造しているのか、日本には入ってこないだけなのか、詳細は不明です。
なので、ドラッグストアで売っているマスクを買っています。

この際贅沢を言ってはいけない。
あるだけラッキー。
と思うようにはしているものの、困っていることがひとつ。
鼻の一点に圧がかかり、そのせいでマスクを外すと鼻が真っ赤になってしまうこと。

プリーツタイプのマスク、そうではいマスク、色々試してきましたが、これまで私の鼻を赤くしないマスクとは出合えていません。
私の顔の形、鼻の形が異常なんでしょうかね。

耳に掛ける部分をぐいーんと引っ張って、密着度を緩めてみてもダメ。
Lサイズにしてもダメ。
マスクが私の鼻の一点に圧を掛けてくるのを止められない。

マスクを取った時に恥ずかしいんです。
「真っ赤なお鼻のトナカイさん」の気持ちがわかるのは、この世で私が一番ではないかと思っています。

だったら自作しろよというツッコミがあろうかと思いますが、裁縫がなにより苦手な私は、既製品でなんとかしたいんです。

このように私は鼻を圧迫しないマスクを求めているのですが、他の人はまた違うものをマスクに求めているようで。

友人A子はファッションとコーディネートするために、12色(12種類)のマスクを自作。
今日はピンク色のTシャツだから同色のマスクを・・・といった具合。
マスクも服との色バランスを考えなきゃいけないアイテムになっているようです。

友人B子は古い浴衣の生地で自作。
大胆な柄が顔のほとんどを覆っている。
結構大事な話をしなくてはいけなかったのですが、マスクにしか目がいかなくて、B子の言葉が全然頭に入ってきませんでした。

まだまだマスクは必須アイテム。
柄や色、形などこれからもどんどん形を変えていくのかもしれませんね。
であるならば、私の鼻に圧を掛けてこないマスクが誕生するかも。
これを待ちたいと思います。

お金の使い方

  • 2020年07月06日

友人A子はお金持ちの専業主婦。
「1ヵ月の食費はいくらぐらい?」とB子に聞かれた時、答えられなかった。
答えたくないのではなく、把握していないので答えられなかった。

友人C子から1ヵ月の食費の額を聞かれた私。
〇円と答えると「たわけ者。その半分で収めろ」と怒られました。
私はまだまだ未熟者でございます。

友人D子は衣装もち。
会う度に服が違う。
どんだけ大きなクローゼットがあるのか、はたまた2、3回着たら捨ててしまうのか。
D子に1ヵ月の服の購入予算額を尋ねたら・・・予算はないと回答。
私は腰を抜かしそうになる。
予算がなかったら歯止めが効かず、あら、素敵。これも素敵。と買いまくることになるのでは? とD子に重ねて質問すると、不思議そうな顔をして「そんなことにはならないわ」と言いました。
いやいや、不思議なのはこっちだから。

お金の使い方、管理の仕方って、人それぞれですね。
その差には、生活にどれだけゆとりがあるのかが勿論関係してはくるのですが、それだけじゃない気がします。
やっぱり価値観の差が大きい。

以前、婚活情報サービス会社の方にお話を伺ったことがありました。
新刊「結婚させる家」を執筆するにあたって、取材をしている中でのことです。
私は質問しました。
「何度か2人だけで会うまでは進むのに、そこから先に進めない会員が多いとのことですが、それはどういった理由が多いのですか?」と。

それぞれに色々な理由がありますと仰った上で、こう答えたのです。
「お金に対する価値観が違うと話す会員は多いですね」と。
これは会員の年齢に関係なく、よく挙げられる理由ですとも仰いました。

なるほど。
癖や服のセンスなんかは修正が可能な気がしますが、お金に対する価値観って、人生観とも繋がっているので、修正するのは不可能っぽい。
他の条件はぴったりであっても、この金銭感覚が違っている場合は、このまま交際していくことに二の足を踏む・・・という感覚はよくわかります。

お金に振り回されることなく上手に貯めて、上手に利用したいものだと思います。
難しいんですけど。

コーヒーで

  • 2020年07月02日

コーヒーが大好きでした。
「でした」と敢えて過去形にしています。
本当は今でも好きなので「大好きです」と現在形で書きたいところなのですが、飲まないようにしているのです。

胃が弱く1年に1度の胃の内視鏡検査では、炎症が起きているだの、ポリープがどうしたこうしただと医者に言われ、毎年のように生体検査まですることになります。
医者からカフェインはなるべく摂らない方がいいと言われたので、そのように努めてきました。
我が家からはコーヒーマシンが消えました。

先日のこと。
コーヒー専門店へ入る機会がありました。
セルフスタイルのその店で、ついコーヒーを注文してしまいました。

久しぶりのコーヒーは美味しく、しっかりと飲み干しました。
その晩です。
眠れない。
布団の中で寝返りを打ちまくり、眠気カモンと叫べども全然眠くならない。
そして胃がムカムカする。

あぁ、あの1杯のせいかと後悔。
つい注文してしまった1杯のコーヒーのせいで、こんなに苦しい思いをするはめになるとは。
結局、一睡も出来ずに朝を迎える。
翌朝、鏡を覗いたらゾンビのような顔をした自分がいました。
そしてその日、一日中身体がだるくてしんどい。
そりゃ、そうですよね。寝てないんですから。

以前このブログにも書きましたが、頭痛薬を飲むと、その中に入っているカフェインのせいなのか眠れなくなりました。
そこでカフェインが含まれていない頭痛薬を探しまして、この数年は薬を飲んでも眠れるようになっていました。
このように自分の生活からカフェインを締め出していましたので、耐性のようなものが弱まっていたのかも。
とはいっても、たった1杯のコーヒーに、どんだけカフェインが入っているのかって話ですよね。

胃薬を飲み続けてムカムカする不快さを減らして、やっとことさ、夜になる。
布団に入った数秒後には眠りに突入。
翌朝目覚めた時には「あー、眠れるって幸せ」と呟きました。

つい注文してしまったと書きましたが、本当はなんとなく気が引けたから。
コーヒー専門店で、コーヒー以外の注文をするのは勇気がいる。
私の場合。
メニューの中にあるんだから、紅茶を注文したって、構わないはずだと自分に言い聞かせても、「なんで、うちの店でコーヒーじゃないものを注文すんだよ」と店員さんに心の中で思われてしまうのではないかと、考えてしまう。
そう思ったりしないでしょうし、そう思われたって構わないはずなのに、やっぱりここではコーヒーを頼むべきなのではと思ってしまったのです。

その結果、布団の中で一晩のたうち回ることになってしまったので、これからは店員さんの顔色を窺ったりせず、堂々と「アイスティーをお願いします」と言うようにしようと、強く心に誓いました。

デンタルクリックのHP

  • 2020年06月29日

以前、歯が痛くなった時のお話を。
歯が痛み、ネットで近所のデンタルクリニックを探しました。
発見したHPでは、50代ぐらいの女医が優しく微笑む写真が掲載されていて、患者様の不安を無くすように努めていますといったコメントがありました。
更に保険診療外であるインプラント治療を勧めたがるクリニックが多い中で、そこは保険内で出来る治療を探しますと、わざわざ書いてある。
高額の治療費を請求できるインプラント治療ではなく、保険内での治療を考慮してくれるなんて、誠実そう。
なんとなく良さそうな気がして、そこを予約しました。

クリニックのドアを開けると、「こんにちは」と女性の大きく明るい声が。
HPで見たドクターでした。
ここはアタリだなと思いながら診察椅子へ。

するとなにも言わずに椅子を倒し始める。
えっ? と私が驚くと、「あら、ごめんなさいね」と女医は謝る。
あぁ、はい。
と、そこはスルーしたものの、私の歯を見た女医が「汚いわ。臭いです。歯に被せ物をつけるといいですよ。30万円しますが素材がとってもいいんです」と言うのを耳にし、ここ、ハズレかもしれないと思い始める。

取り敢えずその被せ物はパスし、歯についた汚れを取って貰う。
その間に何度となく口をゆすぐよう言われ、その通りにすると、その度に女医がなにも言わずに椅子を倒す。
そして「あら、ごめんなさいね」と繰り返す。
あんた、医者になって相当な年数経ってるんだろうから、いい加減、声を掛けてから椅子を倒すというのを覚えろやと、言いたくなる。

次に歯科衛生士から歯磨きの仕方を教わることに。
私の前で箱から新品の歯ブラシを取り出し、こういう風にとレッスン。
レッスンが終わると「これ、差し上げますので」と歯科衛生士が言ったので、「有り難うございます」と私は礼を述べました。

結局、歯に付着した汚れによって痛みが出たと思われるので、それを除去したから、これで様子をみて1週間後にまた来るようにと言われる。

支払いをして自宅へ戻り、診療報酬明細書をなんとなく見てみたら、しっかりと歯ブラシ代が計上されていました。
差し上げますって、プレゼントするって時に使う言葉なんですけど、と思う。
てっきり好意でプレゼントしてくれたのかと思って、お礼を言ったのに、私がそのお金を払ってたんじゃないのと、ちょっとプリプリする。

痛みはなくなったし、また30万円するという被せ物を勧めたらメンドーなので、電話をして急用が出来たので予約をキャンセルしたいと話すと・・・いつに変更するかと聞かれたので、今は決められないのでまた改めてと言うと、女性スタッフの声が豹変。
ちゃんと治療しないとまた痛くなりますよと、不満そうな声200%で言われました。
「治すならほかでします」と心の中で呟いたもの、口では「そうですねー、改めて電話しまーす」と言って電話を切りました。

病院のHPって当てにならないですね。
インプラント治療は勧めないが、30万円する被せ物は勧めるクリニックだったとは。
その後、痛みは出ませんでした。

汚いとか臭いとか言われて少なからずショックだったため、それからは念入りに歯磨きをするようになりまして、別のデンタルクリニックでは「よく磨けてますね」と言われるまでに。
このようにちゃんと磨けるようになったのは、元をただせばこの女医が汚いとか、臭いと言ったから。
きっかけをくれた女医に感謝出来るような大人な人間になりたい・・・と思います。


Copyright© 2011-2020 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.