• 2024年06月17日

雨の季節ですね。
お洒落な人はこんな季節でもお洒落なんだなと、つくづく思ったのは昨日でした。

待ち合わせのカフェに行くと、知人A子はいつものように、お洒落な雰囲気を全身から漂わせて座っていました。
なんだ、それと、思わず呟いてしまったほど、いつものA子。

対する私はといえば、雨のせいで髪は広がりまくっているし、足元は濡れているしで、疲れた女といった姿になっているってのに。

入り口に用意されていたビニール袋に傘を入れて、A子の前に。
するとA子は、いつもと同じ爽やかな笑みを浮かべました。

A子は隣の椅子に、高級ブランドのタグが付いたレインコートと、これまた高級ブランドのロゴが持ち手に刻まれた傘を置いていました。

その傘はちょっとスリムで持ち手も華奢。
貴族が避暑地で広げる日傘のような優雅さ。
お洒落な人は傘までお洒落なんですね。

私が傘を選ぶ基準は重さと値段。
そうして購入した1本を使い続け、壊れたらまた軽くて安いものを1本買うだけ。
だから服装に合わせて傘を変える、なんてことはしない。
っていうか、出来ない。
だから、なんかちぐはぐってこともある。
そんな時には「傘だから」と、訳の分からない言い訳をして気にしないことにしています。

A子みたいにお洒落な人は、今日のような日に、どんな靴を履いているのかと足元をチェックしたら・・・長靴。
意外だなぁなんて思ったのは一瞬で、すぐにサイドに付けられた、燦然と輝く高級ブランドのロゴに気が付き、納得。
その高級ブランドから、長靴を出していたことにびっくりしましたが、お洒落でお金がある人は長靴にも気を遣うのだという点にも驚き、感動さえ覚えました。
A子が今日身に付けている品の合計金額は、私の年収を超えていそうで、その点にも感動しました。

打ち合わせはさくっと終わり、それからはどうしてそんなお金持ちなのか、センスがいいのか、ご両親の仕事、きょうだい、学校、仕事などを聞きまくり。
気が付けば、「取材を受けているみたい」とA子が言うほどの質問攻めをしていた私。
色々興味深い話を聞けたので、いつかA子を小説に登場させるかもしれません。

うちの子

  • 2024年06月13日

「うちの子が風邪を引いちゃって」とA子。
徹夜で看病をし続けたところ、一昨日からやっと食欲が戻ってほっとしているという。

てっきり息子さんの話かと思っていたら、飼い犬のことでした。
すっかり家族なんですね。

自分の健康診断は、しばらく受けていないと言っているA子なのに、愛犬の健康診断は半年に一度必ず受けています。
ペットフードもこだわりの食材で作られた、ヘルシーなものらしい。

そんな犬を溺愛する飼い主たちを狙った商品が、増えているという。
まずは犬用のガリガリ君。
これが近日発売になるそうです。
犬用のガリガリ君は、人間が食べるガリガリ君の6倍の価格なんだとか。
それでもA子は迷わず買うことでしょう。

また犬と一緒に泊まれるホテルは、どんどん増えているようですし、中には犬用のフルコースメニューを用意しているところもあるのだとか。
スープから始まり、魚料理、ステーキと続き、最後はおやつだそう。

犬用の服の仕立てサービスを始めた、オーダースーツの専門企業もあるとか。
犬への愛情を狙った商品やサービスは、これからもどんどん増えていきそうですね。

B子が飼っているのは保護犬。
家族全員で溺愛しているらしく、愛情だけでなくお金もかなり注いでいる模様。
犬には6畳の個室が与えられ、当犬が望んでいるかどうかは不明ながら、その部屋には様々なグッズが溢れているようです。

そしてこの犬。
一人で(一匹で)留守番が出来ない。
どうもトラウマがある模様。
誰かが家にいればいい子でいるそうなのですが、最後の一人が出て行こうとすると、自分が一人で(一匹で)残されると理解し、この世の終わりかというほど泣き叫ぶという。

行かないで、一人に(一匹に)しないでという気持ちを、前面に押し出しての号泣。
しょうがないので、家族間でスケジュール調整をし、必ず誰かが家にいるようにしているのだとか。
このスケジュール調整が上手くいかない時には、家族全員で話し合い、誰かが予定をキャンセルするなどしているそう。

生活に支障をきたしているように私には見えますが、B子一家はそうは思っていないようです。
B子は「寂しがり屋で困っちゃう」と言いながら、寧ろ嬉しそうな顔をしていましたし。
愛犬がらみの商売は、これからもどんどん大きくなっていきそうですね。

ストレスを

  • 2024年06月10日

ストレス解消法をもっていますか?

毎日フツーに生活しているだけでも、ストレスと無縁ではいられません。
他人から見れば「そんなことで?」と思うことであったとしても、当人にとっては大きなストレスだったりするもんですしね。

ストレスをゼロにするのは無理。
であればこそ、せめて小さくしたい。
どうすれば?
毎日ご機嫌に過ごせるための、自分なりのストレス解消法を見つけたい。
が、これが結構難しい。

これまで色々試して来ましたが、これぞというものは未だに発見出来ていません。
甘いものを食べるのを自分に許してみるとか、散歩をするとか、美術館に行ってみるとか、色々試してきましたが今一つ。

普段なら買わないちょっと高額なものを買ってみる、というのをやってみたことも。
買った時はテンションが上がって、ストレスが消えたような気がするのですが、結局滅多に使わなかったりして、後になってなんでこんな散財したんだろうなんて後悔し、ストレスとは違う心への負荷がかかり、なにやったんだか状態に。

最近はどこかで聞きかじった、イメージして捨てるというのを行うように。
私の場合は目を瞑り、頭の中に川をイメージします。
皿の上にストレスの原因を書いた札を立てます。
この皿を川に流します。
皿が下流へ流れていくのをしばし見送ります。
その川の先は滝になっていることにしているので、皿は突然ズボンと滝壺に落ちます。
で、すっきりした気分になって目を開く。
と、こんなイメージを脳内で作り、ストレスの原因を意識の外に出すようにしています。

これを何回か繰り返すうちに、イメージの中の風景はくっきりしたものになっていきました。
川岸にある石や雑草のディティールなど、細部まではっきりと頭の中に浮かべられるように。
滝の音が聞こえる気がすることも。
情景を詳細に描こうとしてしまうのは、作家の性でしょうか。

今のところこの方法を使っていますが、もっといいものがあるようにも思えますので、気長に探し続けます。

便利

  • 2024年06月06日

来春からiPhoneにマイナンバーカードの機能を、搭載出来るようになるという。
アンドロイドだけでなくiPhoneにも搭載されることになり、「これで便利になるぞ、どうだ」とお上から言われたような気分です。

きっと便利になることもあるのでしょう。
ただスマホを落としたら、どうなるのだろうとも思ってしまいます。

スマホに様々な機能が入っていればいるほど、それを失くした時のダメージは大きいはず。
自分のうっかりだけでなく、盗まれるとか、乗っ取られるとか、そういう危険だってありますよね。
そこまでではなくても、故障というアクシデントだってあり得ますし。

以前、初めて行く場所に向かおうとしていた時のこと。
駅の改札を出てスマホの地図アプリを立ち上げようとしたら・・・うんともすんともいわない。

再起動してみたりしましたが、地図アプリは動き出さない。
このアプリの指示に従うつもりでいた私。
前日に下調べをした時に入力した目的地の住所は、自宅に置いてきてしまいました。

待ち合わせ相手と遣り取りしたメールに、住所が書いてあったはずだと閃きましたが、メールフォルダも開けないため見られない。
先方にSOSを連絡したいのですが、電話帳も開けないし、電話も出来ない。
先方の電話番号を暗記しているはずもない。

無力だ。
と、改札の前で打ちひしがれました。

スマホが故障するとこんなに大変なことになるというのを、一度体験している私としては、スマホで簡単だとか、スマホで完結だとか、スマホで一括管理だとかいう単語を聞く度に、むしろ恐ろしくなります。

で、その時どうしたのかって?
その駅に公衆電話が奇跡的に1台あったので、それを使って104で、待ち合わせ相手が所属している会社の代表番号を教えて貰い、そこに電話を掛けて事情を説明し、相手の携帯番号を教えて貰い、なんとか連絡を取ることが出来ました。
公衆電話を残しておいてくれた駅に感謝。

ブログ内検索

  • アーカイブ


  • Copyright© 2011-2024 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.

    error: Content is protected !!
    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.