足先の冷え

  • 2011年12月29日

つま先が常に、キンキンに冷えています。
もし、サーモグラフィーで覗いたら、真っ青になっていることでしょう。
毎年、冬には、モコモコ素材のルームシューズを履いて、過ごしているのですが、それでも、つま先を触ると、「冷たっ」といった状態。
なんとかしたいとは思っていたものの、今使用している以上のモコモコ素材を発見したところで、劇的に温かくなるとは考えられません。で、あるならば、冷えていること自体をシカトしてしまえ、という発想で、長らく放置してきました。
が、齢のせいか、今年は、つま先の冷えが我慢ならなくなってきました。

そこで、ネットで検索。
「靴用カイロ」という品にぶち当たりました。
いいかもしんない、と、にやりとしてから、お買い上げ。
この靴用カイロを、ルームシューズのつま先部分に敷き、その上に足を置いてみると・・・みるみる、つま先が温められていきます。

たちまち胸に広がる、幸福感。
つま先に血が通うって、こういうことだったのね。
と、至福の時を味わったのも束の間、今度はつま先が、火傷しそうなほどの熱さを感知。
思わず、ルームシューズから足を引っこ抜きました。
いくらなんでも熱過ぎる。ちょうどいい温度にはなってくれないものかと、しばらく様子をみてみましたが、一度上がった温度は、なかなか下がる気配を見せません。
しょうがないので、タオル地のハンカチを靴用カイロの上に敷き、その上に足を置いてみることに。まだ、熱い。もう一枚。まだまだ熱い。もう一枚。

結局、ハンカチを片足に三枚、両足で六枚敷くと、丁度いい按排になると判明。
ところが、この中に敷いたハンカチがズレるんです。
隣の棚にある辞書を取り出す、洗濯機から洗濯物を取り出す・・・といった、ちょっとした動作の度に、ルームシューズの中の足先が微妙な動きをするようで、ちょいちょいズレていくのです。このズレたハンカチが、やけに気持ち悪くって、その度に、足を引き抜き、畳み直して、入れ直すという作業をするはめに。
・・・面倒です。

この靴用カイロは不良品なのではないか――。
と、不信感いっぱいで、袋の注意書きを読んでみることに。
すると、「サンダル等空気の入りやすい履物では高温になることがある」との1文が。
あぁ・・・これか。
いいアイデアだと思った靴用カイロ、撃沈です。

ですが、一度、幸福感を味わってしまった私には、元の状態に戻すという選択肢は、あり得ません。
そこで、今度はホットカーペットを投入することに。
座布団ほどの大きさのホットカーペットに、足をのせると・・・足の裏が、じわじわと温められていきます。
俄然、いける気がしてきます。
また、幸福感で心を震わす瞬間がやってくるに違いないと思うと、わくわくしてきます。
そして、その時を待つこと、1時間。

残念な点を発見。
足の裏は温められるのに、表側といいますか、甲側の方は、冷たいままだという点でした。
ずっと私は、つま先の下部が冷えていると思い込んでいましたが、どうやら、上部も冷えていたようなのです。
足を包むルームシューズとは違って、ホットカーペットでは、足の上部は管轄外ですから、放っておかれます。
しかし、足の上部も同時に温まらないと、幸せはやってこないようなのです。

そこで、現在は、ホットカーペットにルームシューズを履いた足をのせ、さらにその足先にカイロをのせるという、3段構えの対策を取ることに。
この3段構えのおかげで、今は、毎日、幸せを味わいながら執筆しています。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.