おしぼり

  • 2012年12月27日

友人宅を訪ねた時「手を洗うなら、洗面所はあっち」と、言われました。
手を洗う気などさらさらない私は、「そう」と生返事したまま、ソファにどっかと座っていました。
「手、洗いたいよね?」と、更に言われ、あぁ、私に手を洗って欲しいのかと気付きました。
その友人は、手を綺麗な状態に保つことに全力で向き合うタイプで、常にウエットティッシュを持ち歩いています。

こういう友人は少なからずいて、別の友人は、我が家に来た時、ソファに腰掛ける前に、手を洗いたいと言い出しました。
そんな人のために、使い捨てのおしぼりを用意していた私は、それを差し出しましたが、友人は首を横に振ります。
できれば、水で洗い流したいというのです。
そして、その友人はキッチンで手を洗うと、満足した様子で、自分のハンカチで拭きました。
そこで、そのハンカチの在り処を、その後ずっとチェックしてみることに。
定位置は膝の上。そこから、時に鼻の下や、口へと運ばれていきます。
手を洗いたいという欲求が強いのですから、清潔ということに、かなりこだわりをもっているはずですが、その手を拭いたハンカチの衛生状態を冷静に考えれば、やはり、使い捨てのおしぼりの方が、優っていると思われます。
理屈じゃないんでしょうね、恐らく。
洗ったという行為によって、気持ちが落ち着くんでしょうね。

以前、生まれて初めて、新幹線のグリーン車に乗る機会がありました。
乗務員がやってきて、おしぼりを配り出しました。
ほほう。グリーン車では、おしぼりをくれるのか。ってことは、その後、小菓子の一つでもくれるに違いない。
と、考えた私は、どんなものだろうと胸を弾ませ、今か今かと待ち続けました。
新幹線はどんどん進み、大阪駅を通過。
すると、先ほどおしぼりを配っていた女性スタッフが、再び車内に登場しました。
やっと来たな、と思っていると、なんと、配り出したのは、またまたおしぼり。
もしかして、配るのはおしぼりだけ?
そのサービス、間違ってますよね? と、私は心の中で、呟きました。
駅弁を買えば、大抵、おしぼりは付いています。気になる人は、ウエットティッシュを持ち歩いているでしょう。それをグリーン車のサービスとして、全員に配る意味は、なんでしょうか? それを喜び、「このおしぼりがあるから、次もグリーン車にするわ」と決心する人がいるとでも?
そこにかける経費分を、乗車賃を安くすることにあててもらった方が、どれだけ嬉しいか。
と、すっかり小菓子を待ち構える状態になっていた胃を抱えた私は、文句をぶーたれたのでした。心の中で、ですが。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.