趣味

  • 2017年03月30日

乗馬が趣味の知人がいました。
仮にA子としておきましょう。
そのA子が言うには、馬はとても臆病な動物だそうで。
馬がマスクみたいなのを着けられていたり、目と鼻の間にターバン的なものを着けられていたりするのは、視野を狭くするためだとか。
自分の影に怯えてしまうぐらいの臆病な性格の馬には、そうやって視界を邪魔する物を装着させて、見せないようにする工夫が必要なんだそうです。
自分の影にビビるって・・・そんなに臆病だったんですね。

A子は当時OLで、休日は日曜日。
日曜日は午前5時に起床して、電車で乗馬クラブに向かう。
これが毎週。
どうしてそんな早朝だったのか私は覚えていないのですが、A子の自宅と乗馬クラブの場所が離れていたのか、レッスンの開始時間が早かったといった理由でもあったんでしょうかね。

そんな風に日曜を過ごしていたA子は、1週間の中で一番疲れているのは月曜日だと言いました。
疲れのため月曜日はほとんど仕事にならず、仕事をしているフリをしながら身体を休め、火曜日、水曜日あたりでようやく復活するのだとか。
A子は言いました。
仕事だったら絶対無理。
だけど乗馬のためだったら続けられるの、好きだからと。

同じセリフを言う知人がいます。
仮にB男としておきましょう。
B男はゴルフが好き。
毎朝シャワーを浴びるそうで。
仕事の日は「あー眠いなぁ、辛いなぁ、メンドーだなぁ」とブルーな気分でシャワー。
ところがゴルフの日は、いつもより3時間以上も早い午前4時であっても「ゴルフ、ゴルフ、ゴルフ」と鼻歌を歌いながらのハイテンションでシャワー。
B男は言いました。
仕事だったら絶対に無理な早起きも、ゴルフのためだったら何の苦も無く起きられると。

これはつまり・・・気持ち次第で早起きが辛くなったり、平気だったりするということですよね。
私にはそこまで気持ちが切り替わるような趣味がなく、A子とB男が少し羨ましく思えたりもします。
皆さんはどうですか?


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.