咳が

  • 2017年07月20日

10日間咳が止まらない。
熱はなく身体の不調は感じられないのに、咳だけが続く。
20年以上前咳が止まらず1年間苦しんだ経験があり、これは病院に行った方がいいだろうと判断。
近所の病院をネットで探してみました。
呼吸器内科の看板を出しているクリニックに絞り込んでみると、歩いて行ける範囲内に5つあると判明。
病院の口コミを検索できるサイトで調べてみたら・・・どの病院も名前は出てくるのですが、誰もコメントを残していない。

これでは選びようがないのでなんとなくで1つを選択。
土曜日は午前9時からとなっていたので、午前9時5分にクリニックのドアを開けると・・・待合室は大混雑。
やられた。
こんなに人気のクリニックだったとは。
待合室にはテレビがありそれをじっと見る。
そして3つの番組を見続ける。
こんなにただひたすらテレビ番組を見続けたのは、いつ以来だろうと記憶を探るも、答えは出ない。
名前を呼ばれたのは午前11時。
やっと診察室に入ると、そこにはイケメンのドクターが。
人気の訳を知った瞬間でした。

このドクター顔だけじゃない。
こちらの話を優しく聞いてくれる。
パソコン画面ではなく、きちんとこちらの目を見て話を聞いてくれる。
そして考えられる病名を挙げて、念のためにレントゲンを撮ると言い、その後の治療方法についても丁寧に説明してくれる。
またその薬で効果が出なかった場合に考えられる、次の治療方法についてもきちんと教えてくれる。
いい先生だったのです。
こりゃあ、混むな。
と、納得して待合室に戻ると・・・それまで気付かなかったのですが、女性患者のミニスカートの着用率がちょいと高いのじゃないかとの疑念が。
私の穿った見方でしょうか。

そのドクターは左手の薬指に指輪をしていました。
仮に独身であっても左手の薬指に指輪をしておいて、防御しておいた方がいいだろうなと、私はどこからの目線だかわからない視点で思い、「だな」と呟きました。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.