レンタルビデオ店

  • 2017年08月31日

夏休みはどう過ごされましたか?
私はいつも通り仕事をして、本を読んで映画を観ていました。

前に住んでいた町にはレンタルビデオ店がありました。
かなり小規模の店。
観たい映画はいつも貸し出し中。
しょうがないのでこれでいっかと借りた映画。
始まって5分ほどして・・・これ前に観た! と気付く。

今は観たい映画のタイトルを登録しておくと、その中から空いているDVDを郵送してくれるサービスを利用しているので、これ前に観た! はなくなりました。
海外ドラマはネット配信サービスを利用。
私が次は何話から観ればいいのか忘れていても、次はこの回ですよと教えてくれる。

これはなんなんでしょうかね。
タイトルが好みなんでしょうかね。

この10年ぐらいは本を読んだ後、また映画や展覧会、舞台を観た後には、その感想をメモしておくようになりました。
エッセイを頼まれた時などに、以前観た映画に触れることがあるのですが、肝心のタイトルを思い出せない。
そんな時にはこの感想メモを検索すると、タイトルが出てくるので便利。
メモなのに鑑賞直後の自分の興奮状態が出ていたりして、そうそうこんな風に感じたのだった、なんてことまで思い出せます。

そして現在。
本の場合は映画や海外ドラマと違って、サイトが私に「それはもう読みましたよ」と教えてはくれない。
買う前に自分でパソコンの中に入っているメモを、検索しなくてはいけない。
これを私は面倒がる。
結果、未だに「これ前に読んだ!」現象が起こる。
単行本の時にすでに読んでいて、文庫になったのをまた買っているのです。

タイトルが好みなんでしょうかね。
それとも二度買いしてしまうほどキャッチーなタイトルなんでしょうか。
二度買いさせるほどのタイトル・・・是非勉強したいと思いました。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.