スケジュール調整

  • 2018年02月15日

デンタルクリニックからハガキが。
定期健診の時期になりましたよと知らせてくれる。
それじゃ予約をしようと、デンタルクリニックのサイトにアクセス。
そこはネットで予約を取れるのです。
さて、いつにしようか。
手帳を開き、自分の予定と担当ドクターがいる日を合わせてみる。

いつもならこの調整はそれ程難しくはない。
がしかし、今は難しい。
なんてったってオリンピック開催中ですから。

この日ならドクターがいるんだけれど・・・あ、ダメだわ。
その日はフィギュアスケートの試合がある日だわ。
この日にしようか・・・あ、これもダメだわ。
スピードスケートの試合がある日だもの。
と、なかなか決められない。

オリンピック開催中は、スポーツ観戦が大好きな私にとって、とても忙しい時期なんです。
まず小説の執筆をしなくてはいけない。
ここ、大事。
ちゃんとお仕事をしているのですとアピールしたい。誰にだかわからないけれど。
その執筆の合間にオリンピック中継を観なくてはいけないので、忙しい。
さらにその合間には、お気に入りのサイト「ほぼ日」の中のコーナー「観たぞ、平昌オリンピック!」を覗かなくてはいけない。
どうして「覗かなくてはいけない」と、助動詞「must」を使っているのか自分でもよくわからないのですが、このコーナーには私と同じスポーツ観戦が大好きな、でも素人たちがたくさん集っています。

正直私はスノーボードのハーフパイプの技の名前は長過ぎて、全然覚えられないし、お尻をタッチして交代するというのは、誰が決めたルールなのだろうと考えてしまうし、アイスホッケーのパックをもう少し大きくするとか、蛍光色を塗るとかして、見やすくしていただけないだろうかと希望するような、素人中の素人です。
私のような、その競技の知識はないのだけれど、一生懸命頑張っている選手たちを、精一杯応援したいし、一緒に楽しみたいと思っている人たちが集まってわいわい騒いでいるのが、「観たぞ、平昌オリンピック!」なのです。
画像なし、テキストのみで、LIVEでもない。
各自思い思いに投稿し、担当者が厳選した選りすぐりの投稿が、翌日に掲載されるという時差があるページ。
それなのに面白い。
「そうそう、私も思ったー」といった共感がいっぱい。
オリンピックや陸上の世界大会などの際に作られるこのコーナーの大ファンの私は、試合中継の合間にこれも見なくてはいけないので、忙しいのです。

え?
デンタルクリニックの予約はどうなったのかって?
歯の検診を受けている時間なんてないと気付いた私は、予約はオリンピック後にすることにしました。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.