平昌オリンピック

  • 2018年02月19日

やりましたねぇ、羽生選手。
羽生選手の心が強いことは知っています。
が、こっちは心が弱い。
テレビ観戦で応援するだけなのに、羽生選手がジャンプの助走に入る度に、目を瞑ってしまいそうになる。
なんとか目を瞑らないように堪えましたが、ジャンプの度に悲鳴を上げてしまいました。

フィギュアスケートの神様は、どうもドラマチックな展開がお好みの様子。
毎回オリンピックではいろんなことが起こりますから。
だからこそ大怪我をした羽生選手が、復活して金メダルを取るという筋書きになってくれるのではないかと期待していました。

期待はしていても、それはとても大変なことで、でも羽生選手ならやってくれそうで・・・と心をかき乱されながらの観戦でした。

生中継を観て、その後も何回観たかわからないほど演技を見ましたが、その度に感動しちゃうし、その度に幸せな気持ちになります。

そして宇野選手も見事な銀メダル。
おめでとうございます。
田中選手も頑張りましたね。
素人の私からは、とてもいい出来だったように見えました。
田中選手は羽生選手と同い年だとか。
小さい頃からずっと一緒に戦ってきたんですね。
思うような結果が出ない時というのはあるもので、そんな時期が続けば、焦ったり、腐ったり、もう止めようと思ったりするもんです。
同い年の選手や年下の選手がいい成績を上げて、スポットライトを浴びるのを間近で見るのは辛いもんです。
でも焦らず、腐らず、努力を重ねる・・・これは誰にでもできることではありません。
凄いことですし格好いい。
そうして摑んだオリンピック出場のチケット。
フィギュアスケートの神様は、ちゃんと田中選手の頑張りを見てましたね。
田中選手の滑りを見終えた時は、胸がいっぱいになりました。

今回のオリンピックでは、カメラアングルのせいなのか、選手の極限時の表情がしっかり見えますね。
スタート前の高梨沙羅選手のゴーグルの中の目がきりっとしているのが見えましたし、小平奈緒選手が滑っている時の我武者羅な表情もしっかりと見えました。
一生懸命頑張ってる姿って美しいですね。
格好いいし。

スポーツっていいなぁと改めて思います。
これから試合の選手たちも悔いのないよう頑張ってください。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.