愛用の枕

  • 2018年02月22日

夕方頭が痛くなりました。
首の上あたりが鈍く痛い。
頭痛薬を飲む。

翌日また夕方になって頭痛が。
前日と同じ場所に痛みを感じます。
薬は飲まずに、気のせいだと自分に言い聞かせて痛みをやり過ごす。

更に次の日。
夕方また同じ場所が痛い。

ここでようやくはっとする。
枕かも。
愛用の枕を買った日を調べてみると・・・6年前に購入していたことが判明。
結構へたってきていたので寿命だったのかも。
そういえば、そろそろ枕を買い替えませんかと、枕を買ったサイトからDMが来ていたっけ。

6年前当時週に3回程度頭痛薬を飲んでいた私は、枕を替えてみようと思い立ち、買ったのがその枕。
枕なんてどれも一緒だと思っていませんか?
私もそう思ってました。
がしかし、その枕を使うようになってから、頭痛薬の使用が劇的に減り、今では月に一度飲むかどうか。
枕って大事なんです。

6年前に購入したサイトで同じメーカーの枕を注文。
届くまでの5日間、毎日夕方になると同じ場所に痛みを感じます。
「薬は飲まねぇからな」と何故か意地になって、冷却シートで凌ぐ。
そして待ちに待った枕が到着。
それがこちらです。

結構大きな枕でして、そのサイズ感をどう表現したらいいかわからず、椅子の上に載せてみました。
6年間使用していた枕と比べると、ふわふわで高さがある。
毎日頭を載せているうちに、枕が少しずつ厚みを失っていたことに気付く。

その日の夜買い替えた枕に頭を載せて就寝。
翌朝目覚めは普段と変わらない。
そして枕を買い替えたことなどすっかり忘れて過ごし、夕飯を食べている時にはっとする。
夕方になると感じていた鈍い痛みが、今日はしなかった。
やっぱり頭痛の原因は枕だったようです。

仮に睡眠時間が8時間だとして、それは1日の3分の1の時間。
つまり私たち人間は人生の3分の1は、枕に頭を載せているということ。
こう考えると枕の重要さがわかり易くなるのでは。

すっかり「枕は大事だぞ振興会会長」のようなブログになりましたが、皆さんが自分に合う枕と出合えるよう祈っています。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.