アジア大会

  • 2018年08月30日

アジア大会に連日夢中になっています。
オリンピックや世界陸上などとはちょいと趣きが違って「なにそれ?」といった競技もあり、色んな事を思う毎日です。

新体操ではライブではなく、録画編集された試合を見ました。
綺麗な衣装を着て、綺麗にメイクをした可憐なお嬢様たちが、出番を待っている様子が映ります。
いよいよ出て行くとなった時、手にしていたタオルをその場にぽいっと投げ捨てる。
そして澄ました顔で演技をする床へと歩いて行く。
へ?
そのエレガントな歩き方と、直前の投げ捨ての落差にしびれる。
なんだ、それ。
その選手だけかと思ったら、次の選手も同じようにタオルを力強く投げ捨てた後、すまし顔で床に向かう。
投げ捨てている所がカメラに撮られていると、認識していないのでしょうか。
舞台でいえば袖に当たるところで、そこは見せない約束になっている場所だったとか?
そして私はそのタオルのその後が知りたくてしょうがない。
演技を終えた選手は入って来た場所へは戻らず、反対側にあるキス&クライのような場所に移動する。
ということは、帰りがけにタオルを拾うことができない。
あのタオルは誰がどう処理し、どうやって選手に戻るのか?
もしそのまま放置であれば、そこはタオルだらけになるはずなのに、映像を見ている限りタオルの山はない。
ならば、演技が終わった後で演技者の邪魔にならないよう、会場を遠回りして捨てた場所に戻り、自分のタオルを拾っているのか。
競技とは違うところが気になってしょうがなくてスミマセン。

プンチャック・シラットという競技にも驚きました。
男性2人が出てきて演武をする。
演武中時々目を見開いて、歌舞伎のミエのような表情をします。
怒りや強さを表しているみたい。
中継のアナウンサーが物語を語り出す。
どうもその場面が意味するところを教えてくれている模様。
あの、それ、スポーツでいいんでしょうか?
と、何度も思いました。

そして本日30日は、私が応援しているトランポリン競技があります。
1日のうちに予選と決勝があります。
日本は男子2名、女子2名がエントリーしています。
選手たちがこれまで積み重ねてきたものが、本番でしっかり出せますように。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.