いろいろ

  • 2018年10月25日

洗顔する時ターバンを使用します。
これで髪だけでなく耳も覆い、バシャバシャと思う存分お湯を顔に当てます。

以前このブログで紹介したことがありましたが、その後もっといいターバンがあるのではないかと、ターバン探しの旅を続けていました。
結局1周回って、今使用している物がベストであるとの結論に至りました。
それがこちら。

この幅とフィット感が私にはベスト。

ピンク好きと思われそうな色の選択になっていますが、特別ピンクが好きなわけじゃない。
サイトのショップにはいろんな色があり、選ぶのがメンドーで、その日の日付と同じ数字を選択。
そこから下に順にクリックして買い物かごに。
届いた袋を開けてみたら「私はピンク好きかよ」と、己にツッコむ事態になったというだけのことです。

改めてサイトを見てみたら、なんと33色も展開していると判明。
ターバンの色のバリエーションを、そこまで用意する必要があるんでしょうか?
洗顔する時だけですよ、付けるの。
人様に見せるものじゃない。
「私の肌には赤みの強いピンクが合うの」といった、こだわりのある女性もいるかもしれない。
だから口紅とか、チークとかだったら、このセリフを聞いても「そうなんだ」と遣り過ごせますが、洗顔する時のターバンに対して「この色じゃないと気持ちが上がらな~い」と言う女がいたら、「アホか」と一刀両断しますね。

ただ、このこだわりもとことん突き詰めていった人の場合だと、一転感動を覚えるように。
友人A子は緑色が好き。
緑色は日本人の顔色を綺麗に見せると信じていて、服はほぼ緑色。
ひと口に緑色といっても、いろんなバリエーションがあるなか、自分にしっくりする色の範囲を把握していると言う。
その範囲は結構狭いらしい。
だから服探しには苦労していると言います。
インテリアもグリーンがベース。
カーペットとか、カーテンとか、ソファとか、大物がグリーン。
そこに観葉植物をたくさん配置しているので、彼女の家で写真を撮ると「ジャングルか?」といった仕上がりになります。

真似したいとは思わないのですが、そこまで徹底的にやり切るA子を見ると、あっぱれといった気持ちに。

人は色々。
好きなカラーも色々。
だからターバンが33色あってもいいのかもしれませんね。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.