たくさんのスポーツ

  • 2019年02月28日

サッカーJリーグが開幕しました。
この時期はどうしましょうと思うほど忙しい。
Jリーグの試合はチェックしたいし、テニスも観ておきたい。
それにシーズン終盤とはいえ、まだまだフィギュアスケートも楽しみだし、スピードスケートの方でも日本選手を応援したい。
今年は更にラグビーも勉強しておいた方がよさそうだし、バスケットボールでも日本選手たちが頑張ってるようだし・・・。

1日24時間じゃ全然足りない。
というぐらい面白そうなスポーツがたくさんあって、困ってしまいます。

なぜこれほどスポーツが好きか、選手たちを応援したくなるのかといえば、頑張ってる人が好きだから。

頑張ってる人はスポーツの世界だけではなく、そこら中にいます。
台車を走りながら押す宅配便のお兄さん。
よその店とは違うという焼き方へのこだわりについて熱弁をふるう、焼き鳥屋のお兄さん。
「お待たせしました」と乗り込む客一人ひとりに声掛けをする、バスの運転手さん。
電車内で泣き出した赤ちゃんを、あの手この手で宥めようとするお母さん。
皆頑張っています。
そしてそういう人が大好きです。

以前私の書いた小説には、いつも戦っている人が登場すると指摘されたことがあります。
それは文芸評論家の方からでした。
そう指摘されて初めて「あ、そうかも」と気付きました。
自分では無意識でしたが、そう言われてみれば、私の小説の中に登場するのは、なにかと戦っている人たちばかりでした。
現状に不満があったり、自分は正しく評価されていないと感じていたり、夢が叶わなかったり・・・そんな人が、もがきながらもなんとかしようと前に進む姿に、光を当てたいと思っていたからかもしれません。

新刊「オーディションから逃げられない」の主人公、展子もそうです。
思うようにいかない中であっても、一生懸命頑張る女性です。
予想外の事態に巻き込まれて、人生を大きく軌道修正することになっても、その新たな場所で精一杯努力をしてみようと思う女性でもあります。
自分で生み出しておいて変な話なんですが、この展子からは私自身もパワーを貰いました。
小説の中の登場人物はすべて私が生み出したものですが、書いているうちに、それぞれが人格をもっていき、勝手に動き回ります。
そうして私は「登場人物の一番近くで見ている人」といった立ち位置になっていきます。
展子の頑張りやもがきを、とても近くから見てきた私としては、彼女を応援しますし、また彼女からいろんなことを教わるのです。
そんな感覚ですから「オーディションから逃げられない」を書き終えた時には、展子と知り合えて良かったなぁといった気持ちになりました。

「オーディションから逃げられない」を読了された方は、どんな気持ちになったのでしょうか?


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.