スタジオで

  • 2019年05月23日

友人A子からメールが。
明日写真スタジオで撮影するので、今日はその準備としてエステに行って来たと書いてある。
「写真スタジオで撮影って?」と疑問を書いて返信。
ブログやSNSで使用するプロフィール用の写真を、スタジオで撮影して貰うのだという。
「シミやクマを消すなどの修正はしてくれるのだけれど、一応エステに行っておいた方がいいと思って」と言ってきた。

突っ込みどころがたくさんあって、どこから攻めたらいいのかがわからない。

まずブログやSNSで使用するプロフィール写真は、そんなに重要なのかと私は尋ねる。
すると「当たり前だ」との回答が。
全世界に自分の顔写真が発信されるのであるからには、これぐらいでいいかなといった出来の写真を使用したら、一生後悔する。
100%納得できる自分の顔写真を用意し、それを掲載したいと宣う。

次にスタジオで撮影するとなるとお金が掛かるわけですが、その出費を後悔しないぐらいの仕上がりなのかと質問。
プロの力というのは凄くて、素人とは仕上がりは全然違うのだという。
オプションのヘアメイクも頼むそうで、プロたちの力の結集によって、大満足の1枚となるらしい。

素人とプロの違いというのは、私も体感したことがあります。
取材の種類によっては、ヘアメイクさんが付くことがあり、それをプロのカメラマンが撮影してくれます。
こうした時にはそのテクニックを1つでも学ぼうと、ヘアメイクさんの手元を凝視するのですが、普段私がやっていることとそう変わらない。
なのに、出来上がった顔を見ると・・・どちら様でしょうと、鏡の中の自分に問い掛けてしまいそうなぐらいの別人になっている。
そしてカメラマンの前に。
「右の肩を少し後ろに引いてください」「顔はこっちに」「目だけこっち」などと、細かい指示がカメラマンから出る。
私はただ言われた通りにする。
こんな不自然な体勢を取ったことは、生まれてから一度もありませんと思っていても言葉にはしない。
大人しく指示に従う。
そうして撮影された画像を見せて貰うと・・・本来の私とは違う生き物が写っている。
そしてプロってすげぇなと思うのです。

問題はヘアメイクさんが付かない時との差。
ヘアメイクさんが付くのが特殊で、多くの場合は自分で行い、それをプロのカメラマンが撮影。
カメラマンの腕によって、普段の私より充分マシにはなっているのですが、ヘアメイクがセルフだと限界が。
これによって私の写真には、2種類のものが存在することに。
が、それをいったい誰が気にするのかと考えると・・・私だけでしょう。
であるならば、私さえ忘れてしまえばそれでいいんだと、この論法で着地するようにしています。

1週間ほどしてA子のブログを覗いてみたら・・・じっと見続けた後で、えっと、多分、A子かな? となんとか確認できるぐらいのプロフィール写真でした。
やっぱりプロってすっげぇ。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.