オリンピックのチケット

  • 2019年06月24日

オリンピックチケットのゲットは出来ましたか?
私はダメでした。
全滅です。

朝、メールボックスを開けると、東京2020組織委員会からメールが来ているのを発見。
わわっと慌てながら開いてみると・・・落選と書いてある。
一気に哀しみのどん底に。
が、ふと、これは偽メールかもしれないと思い付き、その考えを気に入る。
そこでチケットのサイトへアクセス。
ログインしてマイページを確認してみると・・・落選となっている。
本物のメールだったか・・・。
残念無念。
簡単だとは思っていませんでしたが、1枚ぐらいは当たってくれるんじゃないかと、期待していたんですが。
それにしても・・・トランポリンもダメだったことがショックでした。

「頼むから、ほっといてくれ」という小説で、トランポリン競技の選手たちを描きました。
その取材過程で、トランポリン競技の面白さと大変さを知って以降、選手たちを応援しているつもりでいたので、東京オリンピックでは会場で、との思いが強かったのです。
が、落選してしまいましたので、テレビ観戦することに致しましょう。

私の周囲では落選した人たちばかりで、当たったという話を全然聞かないのですが、当たった人はいるんですよね?
その幸運な人たちは観戦日に向けて、カウントダウンが始まっているんでしょうか。
これからの400日弱は当選者たちにはワクワクでしょうが、選手の皆さんにとってはドキドキな期間でしょう。

まず出場権を獲得しなくてはなりません。
これが大変。
緊張という魔物がいるし、怪我やコンディションや、運や、いろんなことが絡まり合って、どんな物語が用意されているのか誰にもわからない。
だからこそその結果に感動するのですが。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.