髪の長さ

  • 2019年07月15日

私には1つの計画がありました。
ここしばらく私の髪型は、肩下20センチ程度のロングで毛先を巻くといったものでした。
これを5年ぐらい掛けて徐々に短くしていき、肩と鎖骨の間ぐらいの、いわゆるミディアムと呼ばれる長さにしていくという長期計画です。

私は美容院には行かず自分でカットします。
風呂場に新聞紙を広げまして、そこにバスチェアを置きスタンバイ。
ゴミ袋の一辺をカットして広げ、それをケープのように肩に羽織ります。
そして鏡を見ながらカットしていきます。

左右の長さがなかなか揃わず、もうちょっとを繰り返していたら・・・ミディアムの長さになっていた。
あっ・・・。
5センチカットするつもりが15センチぐらいカットしていました。
いきなり長期計画の最終地点に立ってしまって、動揺する。
完全に予定外。
まぁ、髪は伸びるからと自分を慰める。

自分的には短過ぎると思うのですが、意外にも友人らには好評で。
「それぐらいの長さがいいよ」と言ってくれる。
そうかなといい気になり掛かったら、友人が言う。
「顔はすでに衰えているんだから、そういうのとしっくりくる髪型にした方がいいよね。この間さ、さらさらのロングヘアの人を電車で見かけたのよ。でもさ、顔を見たら、同世代じゃんって感じなの。年の割にさらさらのロングヘアを維持しているっていうのが自慢なんだろうけどさ、確かにそれは凄いなとは思うんだけど、やっぱり顔の衰えと合ってないんだよ。あれは痛いね」
と、先週までロングヘアだった私に向かって言いました。

そうかもしれない。
私の計画は5年ぐらい掛けて徐々になどというのんびりしたものでしたが、もはや痛い範疇に入っていたのかも。
であれば、予定外ではありましたが、一気に年齢としっくりくる髪型になれたのかもしれません。

最近はグレイヘアなる言葉をしばしば耳にします。
白髪を染めず自然なままにする女性たちが増えているとか。
白髪になると確実に一気に老けて見えます。
老けて見えたらどうだっていうんだ、といった心持ちになれる女性が増えているというのは、なんだか心強い気がします。
ただし。
グレイヘアは美人には似合います。
しかしながら残念なことに、私のように赤点ラインの顔立ちの者には、厳しい結果が待っています。
これは火を見るより明らか。
私がグレイヘアにしたら年相応だとか、しっくりくるだとか、そういう仕上がりではなく、新種の妖怪のようになるでしょう。
私は人間に見られたいと思っているので、グレイヘアを選択するつもりはありません。
当分の間は。


Copyright© 2011-2019 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.