メイク番長

  • 2019年10月21日

仲間内でメイク番長と呼ばれている女性がいます。
A子番長はメイクに関する知識がとっても豊富。
新製品の情報もしっかりとゲットしている。
これまでメイク関係の仕事に就いていたことはなく、あくまでも個人の努力で、番長の地位を獲得した人物なのです。

先日、友人らで集まった際、メイクの話に。
そうなると番長にお尋ね申し上げ、アドバイスを頂戴するといういつもの流れに。
相変わらずの適格な指摘を次々に繰り出し、皆で感心して聞いていました。

そこで私は手を挙げ「最近はこんな感じのメイクなんだけど、宜しいでしょか?」と質問。
番長はちらっと私を見ると「もうそれでいい」と言いました。

なんか、引っ掛かる。
まず「もう」という言葉。
なにかのラインがあって、そこを超えてしまったからなんだって一緒よ、との意味合いを含んでいるように感じる。
更に「それで」の「で」も引っ掛かる。
肯定的な場合は「それが」などと、「が」を使うはず。
「それが」ではなく、「それで」となると、諦めと手の施しようがないとのニュアンスが載っかって来る。

出来の悪い生徒が、先生から見放された時に感じる寂しさに似たものが胸に。

肌が弱くしょっちゅう荒れるので、これを止めてみようか、これもなどと言っているうちに、メイクはどんどんシンプルに。
今では日焼け止め効果の入った、ベージュの色付きクリームを塗るだけに。
また唇もなにを塗っても皮が剝けてしまうぐらい弱い。
やっと見つけたリップは3色展開しているのですが、残念ながらどれも私には合わない。
そこで無色のものを唇に塗るだけに。

唇に色を置かないと、かなりぼんやりした印象になる。
と、感じていることを説明し今一度番長に確認する。
「宜しいでしょうか」と。
すると番長は「もうそれでいい」と、またもきっぱりと言い切りました。

色やモノでごまかそうとしても、もう無理な年齢なのだから、なにかを載っけてカバーするのではなく、いい状態で肌をキープするという考え方に、シフトするべきだと番長は語りました。

そうか。
もうそういう年なのか。
と、納得。
番長はいつも正しい。

こうして番長のお墨付きを貰った私は、自信をもってぼんやりした顔で人様と対面するようになりました。


Copyright© 2011-2021 Nozomi Katsura All rights reserved. No reproduction and republication without written permission.